ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2019年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2019年2月発行)

  • DevOpsチーム内でリーンなプロセスを実現し、スピードとガバナンスを両立せよ
    2019年2月28日
    N. Wilson G. Spafford

    DevOpsの採用は、ビジネス価値の提供スピード向上というDevOpsチームの目標と、リスク・マネジメントを目的としたガバナンス・ポリシーとの間に対立を生む。I&Oリーダーは、変更管理のリーンなプロセスを定義して、チームでそうしたプロセスを実現する方法を構築すべきである。

  • エンドポイントの検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド
    2019年2月28日
    P. Firstbrook

    社内のセキュリティ・オペレーション・チームが、セキュリティ対策をかいくぐる脅威をより多く発見し、セキュリティ・アラートを効率的に解決できるようにするため、SRMリーダーはEDRツールを必要としている。同ツールの市場は、EPP市場との融合が急速に進みつつある。

  • オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2018年
    2019年2月28日
    M. Driver

    ほとんどのIT部門がオープンソース・ソフトウェア資産を活用しており、それらは自社のITポートフォリオの中で重要な位置付けにある。ITリーダーは、どのように、またどういった場面でオープンソース・テクノロジが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。IT業界全体にわたるオープンソース・テクノロジの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • セキュアWebゲートウェイのマジック・クアドラント
    2019年2月25日
    L. Orans P. Firstbrook

    セキュアWebゲートウェイ市場ではアプライアンスが引き続き支配的な立場にあるが、クラウド・サービスが急成長し、破壊的な力を振るうようになりつつある。多くのベンダーが、パートナーシップの締結やテクノロジの買収を通じて、クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカ機能を追加している。

  • 2019年の展望:セキュリティ組織/人材
    2019年2月25日
    Y. Isoda Y. Kimura

    本リサーチノートでは、セキュリティの組織および人材に関する昨今の重要な動向を踏まえて、日本における2019年の重要なトピックを取り上げ、今後を展望し、それに対する推奨事項を述べる。

  • 日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要:2019年
    2019年2月25日
    Y. Isoda K. Yano Y. Kimura

    本リサーチノートは、2019年の日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要を述べたものである。組織のITおよびセキュリティのリーダーは、本リサーチノートを活用することで「セキュリティとリスク・マネジメント」の全体を俯瞰し、2019年に議論すべき重要なポイントを把握することができる。

  • Office 365のセキュリティについて知っておくべきこと
    2019年2月20日
    S. Riley M. Meunier

    Office 365のセキュリティは継続的に改善されており、ネイティブのセキュリティ機能として提供されるものの中には、企業がこれまでのオンプレミス環境において有していた機能を超えるものもある。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、Office 365のセキュリティ対策を評価するために、ガートナーのSaaSセキュリティ・フレームワークを採用すべきである。

  • デジタル社会の新たな考え方「デジタル・コネクティビズム」
    2019年2月20日
    F. Buytendijk

    現在われわれが創出しつつあるデジタル社会は、人間の本質と生き方の再構築を迫っており、ビジネスが主導する旧来の手法はもはや有効ではなく、この動きにおいては新たな考え方が求められる。デジタル・リーダーは、デジタル社会を進む企業を危険にさらすことなく巧みに舵取りしていくために、「デジタル・コネクティビズム」の考え方を受け入れる必要がある。

  • 2019年の展望:改めて問い直す統合システムの重要性と市場の理解
    2019年2月20日
    H. Aoyama M. Suzuki

    統合システムは、ハイブリッド・クラウド市場で競争にさらされつつも、自律型のインフラストラクチャへと着実に進化しており、ユーザー企業はこれを無視すべきではない。本リサーチノートでは、2019年以降のITインフラストラクチャ戦略を検討する際にI&Oリーダーが注目すべきトレンドの中でも統合システムに主眼を置き、その将来的なインパクトを取り上げる。

  • インダストリアルIoT向けエッジ・コンピューティング・ソリューションのマーケット・ガイド
    2019年2月20日
    S. Rao A. Markkanen

    知見をリアルタイムで取得し、作業を調整する必要のある産業向け環境において、エッジ・コンピューティング・ソリューションの利用が急拡大し、イノベーションが起ころうとしている。本市場は、すぐに実装できる業種別のエッジ・ソリューションを中心に集約しつつあるため、I&Oリーダーはその実態を慎重に観察する必要がある。

  • 2019年の展望:人工知能のコア・テクノロジ
    2019年2月15日
    C. Dekate M. Govekar A. Chandrasekaran J. Hare E. Brethenoux C. Rich

    企業によるAI採用の検討が増加している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、AIのワークロードを前提にした新しいインフラストラクチャの検討を開始する必要がある。

  • クラウド・サービスの選定時にはプロバイダーの成熟度を考慮する
    2019年2月08日
    J. Heiser

    クラウド・サービス・プロバイダーの各サービスや企業としての総合的な信頼性は、さまざまである。ガートナーの3階層モデルは、ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーがパブリック・クラウド・サービスの選定や継続的な監視/観察を進めることに対する実用的なリスク・ベースのアプローチを提供する。

  • ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマジック・クアドラント
    2019年2月08日
    J. McArthur K. Yamada P. Dawson J. Palmer

    ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションは広範なユースケースおよび展開オプションに著しく浸透しつつあるが、こうしたソリューションには限界があることも明らかとなってきた。I&Oリーダーは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションを、ITインフラストラクチャに関するあらゆる問題を解決するものではなく、1つの手段と見なすべきである。

  • 2019年の展望:RPA − 既存モデルの破壊と変革に備えよ
    2019年2月08日
    S. Stoudt-Hansen F. Karamouzis A. Roy A. Villa M. Alexander

    RPAの成長に疑いの余地はなく、新たなソリューションやベンダー、商用モデルが絶え間ない要求から生まれている。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、RPAの活用と進化の道筋を先取りし、ソーシングの有効性およびビジネスの俊敏性を確保しなくてはならない。

  • Microsoft Windows 10のサポート・ポリシーとツールの変更:Windows 10 Enterpriseの必要性を強化
    2019年2月08日
    S. Kleynhans M. Silver

    MicrosoftがWindows 10のサポートを変更したことで、PCの管理に責任を負うI&Oリーダーが待ち望んだ救済策が講じられたものの、こうした変更による改善を享受するにはWindows 10 Enterpriseが必要である。Windows 7の有償延長サポートも発表されているが、I&OリーダーはWindows 10への移行を先送りすべきではない。

  • テーマ・インサイト・レポート:ブロックチェーン・テクノロジの現時点での課題と進化
    2019年2月05日
    R. Kandaswamy D. Furlonger

    ブロックチェーンは、大半のテクノロジよりも大きな機会とリスクを企業にもたらすが、同テクノロジを取り巻く環境は流動的であり、これに対する理解も不完全である。本リサーチノートでは、企業が最適なタイミングで適切な投資を行えるよう、ブロックチェーン・テクノロジおよびモデルとフレームワークのほか、テクノロジとセキュリティに関するリサーチ結果を紹介する。

  • ブロックチェーンの将来:採用を阻む8つのスケーラビリティ問題
    2019年2月05日
    A. Litan W. Clark

    企業におけるブロックチェーンの採用は引き続き、スケーラビリティについての懸念に阻まれるだろう。EA/テクノロジ・イノベーション担当リーダーは、2022年までに、ブロックチェーンの規模を世界レベルに引き上げるテクノロジ・モデルおよびオペレーティング・モデルのスケーラビリティを評価し、それに応じて社内プロジェクトを計画する必要がある。

  • 2019年の展望:プライバシーを巡る不透明な未来
    2019年2月05日
    B. Willemsen D. Plummer M. Reynolds D. Kish A. Sabia F. Buytendijk J. Lovelock A. Tirosh F. Chesini N. Henein D. Kutnick

    プライバシーの権利は基本的人権であり、世界中でさまざまな規制により保護されている。本リサーチノートでは、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダー向けに、新たなテクノロジが、規制による影響、特定の顧客への依存度、商機などにどのように関係してくるかを展望する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright