ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2019年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2019年2月発行)

  • デジタル・ビジネス・テクノロジ・プラットフォームの構築方法
    2019年2月28日
    B. Swanton

    デジタル・プラットフォームは購入できるものではないため、CIOは自社で構築しなければならない。本リサーチノートでは、初期のユースケース向けのプラットフォーム設計、「感知、意思決定、実行」機能の構築、課題や継続的な変化への備えを、他のシステムとの統合や新規テクノロジの追加と並行して、どのように進めるべきかについて述べる。

  • デジタル・ビジネスに必要なアジリティの実現:APIで依存性を低減する
    2019年2月25日
    K. Iijima

    デジタル・ビジネスの本格化に伴い、迅速かつ柔軟に変化に対応できる能力 (アジリティ) をアプリケーションに求める企業が増えている。このアジリティを実現するために、CIOおよびアプリケーション・リーダーは、アプリケーションが抱える依存性を、APIを軸としたアプローチによって低減すべきである。

  • 2019年の展望:クラウド・オフィスによる従業員エクスペリエンスの進化
    2019年2月25日
    K. Shiga K. Motoyoshi E. Hariu T. Ebina

    日本においてクラウド・オフィスは急激に普及し、企業のIT戦略におけるその比重が高まりつつある。本リサーチノートでは、近い将来に予想される変化を、ワークストリーム・コラボレーション、チャットボット、仮想デスクトップ・インフラストラクチャ、そして契約という観点から展望する。

  • 2019年の展望:データ管理ソリューション
    2019年2月25日
    T. Friedman D. Feinberg M. Beyer E. Thoo R. Edjlali N. Heudecker E. Zaidi A. Ronthal

    データ管理を取り巻く状況は、複雑化するばかりである。データ管理ソリューションに関する2019年の展望としてガートナーは、クラウドで提供される機能、結合されたデータ・アーキテクチャ、メタデータ、AIアプリケーションによる定型タスクの自動化などへの需要が拡大し、開発に力が注がれるとみている。

  • 2019年の展望:ビジネス・アプリケーションのアジリティ向上は焦眉の課題
    2019年2月15日
    Harutoshi Katayama K. Iijima H. Horiuchi K. Motoyoshi T. Ichishi

    デジタル化が進展するにつれて、アプリケーションには、不確実で変化しやすい外部環境に機敏に対応してビジネス価値を提供することが求められている。日本企業のアプリケーション・リーダーは自社のアプリケーションが、デジタル・ビジネスに対応する企業の足かせとならないよう、本リサーチノートに示す予測を念頭に置いて活動すべきである。

  • マルチエクスペリエンス開発プラットフォームのテクノロジ・インサイト
    2019年2月15日
    J. Wong V. Baker M. Driver W. Clark R. Dunie M. Revang A. Leow M. Resnick

    顧客がデジタル・タッチポイント全体にわたる構築を求め、開発プラットフォームがそれに応えられるようになったことから、Web開発とモバイル開発の境界線はほとんど消滅しつつある。アプリケーション・リーダーは、数多くのデジタル・ユーザー・エクスペリエンスを創造するために、適切な「マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム」を採用しなければならない。

  • 会議の煩わしさをAIで解決する
    2019年2月15日
    A. Preset M. Fasciani S. Blood

    ワークプレースに登場し始めたAI機能は、会議の効率を高め、時間を短縮し、この重要なコラボレーション作業に伴う雑務を軽減させる。こうしたメリットを得るために、デジタル・ワークプレースのアプリケーション・リーダーは、会議用のAI機能について計画し、付随する新たなリスクを管理しなければならない。

  • サーベイ・アナリシス:アジャイル型開発や自動化ツールを生かしてアプリケーション開発のQCDを改善せよ
    2019年2月8日
    Harutoshi Katayama

    ガートナーITデマンド・リサーチが2018年5月に実施した調査では、ユーザー企業が自社のアプリケーション開発に抱いている問題意識、および開発手法などに対する考え方が明らかになった。アプリケーション開発に関わるリーダーは、常に最新情報を収集し、最適なテクノロジやプラクティスを模索することで、品質/コスト/納期の改善を図るべきである。

  • サーベイ・アナリシス:日本企業のAPIエコノミーは初期段階にあり、スキルセット不足が課題
    2019年2月05日
    K. Iijima

    ガートナーITデマンド・リサーチが2018年5月に実施した調査によって、日本のユーザー企業におけるAPIエコノミーの取り組みが明らかになり、その進み方に応じて、APIエコノミーに対する期待や問題点などにも違いがあることが分かった。ユーザー企業は、自社の取り組みに即した問題解決のアプローチを取る必要がある。

  • 差別化システム:競争優位性につながる機能を構築する方法
    2019年2月05日
    B. Swanton M. O'Neill

    変化に素早く対応し、差別化につながるビジネス能力の提供に責任を負うアプリケーション・リーダーは、包括的なペース・レイヤ・アプリケーション戦略の一環である差別化システムのために、適切なガバナンスとテクノロジ・プラットフォームを確立しなくてはならない。

  • 国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2019年
    2019年2月05日
    K. Kawabe

    CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供するベンダーは大小さまざまであり、特に国産ベンダーとグローバル規模の外資系ベンダーでは性質や位置付けが大きく異なるため、すべての製品を同一の基準で客観的に比較・評価することは容易ではない。本マーケット・ガイドでは、国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説し、CIOおよびCRM/CXを担当するアプリケーション・リーダーが製品を選定する際の留意点を提言する。

  • 2019年の展望:AIの民主化
    2019年2月05日
    M. Revang V. Baker A. Linden R. Sallam M. Bhat A. Mullen

    AIは一般企業にも普及しつつあり、その活用の場をさらに広げて主要な課題を解決していくために、開発者が必要とする特殊なスキルセットやツールが提供されるようになるであろう。ITリーダーは、AIの民主化というトレンドに乗り、AIによるソリューションの構築を推進しなければならない。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright