ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年12月発行)

  • モバイル・ロボットとドローンのハイプ・サイクル:2018年
    2018年12月28日
    B. Wang

    モバイル・ロボットとドローンは、人間が足を踏み入れることが困難な遠隔地においてデータを感知して操作する目的で導入される。これらは、安全性の向上、スキルの改善、コストの削減も実現できる。

  • ハイブリッド・クラウドは企業のレジリエンスを高めるのか、損なうのか
    2018年12月28日
    J. Palmer M. Jaggers

    Azure StackやVMware Cloud on AWSといったハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャ・ソリューションは、エンタプライズ・ワークロードのレジリエンス向上を目指すI&Oリーダーによって評価が進められている。こうしたソリューションは、効率の改善を実現するためにハイブリッド・クラウド・コンピューティング戦略を採用していることがある。

  • AIリーダー就任後の100日間
    2018年12月28日
    S. Sicular

    AIに取り組むリーダーやエンジニアが圧倒的に不足している。AIを推進するリーダーは、熱意と経験、さらには分析的なマインドセットをもって新たなAI分野を指揮していく必要がある。この役割を引き受けてからの100日間は、機械学習に注力するAIリーダーとしての自分がどの程度の信用を獲得できるか、ひいては成功を収められるかを左右するものになり得る。

  • クラウド環境におけるセキュリティ実践の鍵はユーザーとベンダーの「共同責任」にある
    2018年12月25日
    S. Riley

    通常、パブリック・クラウドのサービス・プロバイダーは、多数のコンプライアンス認証を取得し独自のセキュリティ機能を備えているが、クラウド・サービス・プロバイダーの提供する機能のみで完璧なセキュリティを実現するのは不可能である。CISOおよびセキュリティ・リーダーは、クラウドのセキュリティについて自らが負う責任の範囲を理解する必要がある。

  • 機密データの分類と取り扱い:効果的なコントロール文書の作成
    2018年12月25日
    M. Meunier

    機密データの分類と取り扱いに関して効果的なコントロール文書を作成するためには、ビジネス上のセキュリティ・ニーズとビジネスの実態の間でバランスを取る必要がある。本リサーチノートでは、成功につながるコントロール文書の作成方法について、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーに助言を行う。

  • トレンド・インサイト・レポート:デジタル・ビジネス時代におけるビジネス・エコシステムの将来
    2018年12月25日
    M. Blosch J. Lowendahl

    ビジネス・エコシステムの進化が続いており、革新的なビジネスモデルの基礎としての形を成しつつある。企業が成功を収めるには、創造的なビジネスモデルを設計し、それを支える土台となるオペレーティング・モデルを開発しなければならない。

  • デジタル・ビジネスへの転身:6つの阻害要因を克服せよ
    2018年12月25日
    M. Blosch M. Raskino D. Scheibenreif

    デジタル・イノベーションの目標は、企業が顧客の心を捕らえ、新たなビジネスモデルを開発することだが、多くのCIOにとってその実現は想像以上に難しい。CIOがデジタル・イノベーションを成功させるには、デジタル・ビジネスへの転身を阻む6つの要因を克服する必要がある。

  • AI仮想サポート・エージェントがITサービスデスクに取って代わる日は来るか
    2018年12月20日
    C. Matchett R. Doheny K. Gonzalez M. Revang

    会話型プラットフォームを利用する仮想アシスタントに消費者が慣れ親しむに従い、AIに関するハイプが拡大している。ITサービスデスクを担当しているI&Oリーダーは、ITサポートを最適化するためにこうした状況をぜひ活用したいと考えているが、現時点では、ITサービスデスクのテクノロジとしてもオフィス環境の一要素としても、仮想エージェントを受け入れる準備ができていない。

  • ITパフォーマンス分析のハイプ・サイクル:2018年
    2018年12月20日
    V. Bhalla

    I&Oリーダーは、ITに関するイベントや挙動を観察/分析する方法に関して多数の意思決定を下さなくてはならない。こうしたテクノロジへの投資に当たって戦略を策定し期待事項を設定するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • ITSMのハイプ・サイクル:2018年
    2018年12月20日
    R. Doheny S. Shetty

    ITSMのイノベーションによって、ITチームがサービスを提供し、ビジネス・ユーザーをサポートし、デジタル・ビジネスにおける戦略的パートナーとしての役割へのITの移行をサポートすることが可能になる。ITSMのハイプ・サイクルでは、主要な実践手法、ツール、テクノロジに関するガイダンスをI&Oリーダーに提示する。

  • 統合システムからインテリジェント・インフラストラクチャへの道:さらにその先へ
    2018年12月20日
    P. Dawson D. Bowers

    統合システムから端を発し、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャへと変容してきたインフラストラクチャの近代化は、ハードウェアとソフトウェアを用いた段階的なイノベーションをこれまで辿ってきた。I&Oリーダーがインフラストラクチャに関する投資を最適化するには、戦術的な導入の先を見据え、今後起こるであろう混乱に対応する計画を立てる必要がある。

  • IoTがITオペレーション監視、自動化、ITサービス管理に及ぼす影響
    2018年12月20日
    S. Ganguli K. Gonzalez R. Naegle

    IoTは、自動化を推進し、従来のITオペレーションに合わせて調整されているシステムによる監視を困難にするため、多くのITオペレーション部門にとって考慮すべきファクターの1つになっていく。I&Oリーダーは、IoTによって接続される新たな「モノ」に対処するために、ITオペレーション監視、自動化、ITサービス管理に関する現行の戦略を進化させる必要がある。

  • データセンター・ネットワーキングのマジック・クアドラント
    2018年12月14日
    A. Lerner J. Skorupa

    企業がデジタル・ビジネス・イニシアティブを拡大していくに当たっては、機器の更新とキャパシティの拡大をバランスよく行う一方で、データセンター・ネットワーク内の俊敏性を改善し、アップタイムを維持する必要がある。I&O部門のリーダーは、本マジック・クアドラントを利用し、自社の要件に最適なベンダーを特定すべきである。

  • 統合エンドポイント管理ツールのマジック・クアドラント
    2018年12月14日
    C. Silva R. Doheny B. Taylor R. Smith M. Bhat

    統合エンドポイント管理ツールとは、PCやモバイルを含めた各種デバイスを単一の管理インタフェースで利用する、新しいクラスのツールを指す。I&Oリーダーは、EMM/CMTが統合エンドポイント管理に置き換わることを想定し、移行のための計画を立て、モダンなOSをサポートしていく必要がある。

  • クラウド・ネイティブ型のDevSecOps環境に合わせてセキュリティとITレジリエンスを再考する
    2018年12月14日
    N. MacDonald

    セキュリティ侵害やシステム障害からの復元力を高めたい企業は、セキュリティ・インフラストラクチャを含め、高いレジリエンスを持つインフラストラクチャが必要になる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、クラウド・ネイティブ・アプリケーションと高速開発アーキテクチャに向かう動きを、レガシーのセキュリティ・インフラストラクチャ/プロセスを再考する契機として生かすべきである。

  • デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進し業界のリーダーを目指す:IT部門の視点から
    2018年12月10日
    J. Lopez

    デジタル・ビジネスは、企業にとって取り組むべき必須のテーマとなっているか、あるいは自社ビジネスの将来を決するものとなっている。CIOは、デジタル・ビジネスに向けたビジネスモデル構築に関する自社戦略の策定に参画し、その取り組みをリードしていく必要がある。

  • 2019年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10
    2018年12月10日
    D. Cearley B. Burke

    戦略的テクノロジ・トレンドは、デジタル・ディスラプションを推進するとともに、ビジネスに重要な機会をもたらす可能性を秘めている。テクノロジ・イノベーションのリーダーは、戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10に登場するテクノロジやトレンドの破壊的な側面を理解し、ビジネスの機会と脅威に対応して競争力を高める必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com
































gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright