ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年11月発行)

  • フィッシングとの戦い:2020年を見通す
    2018年11月30日
    P. Firstbrook N. Wynne

    フィッシング攻撃では、正規のアカウントに成り済まして従来の防御メカニズムをすり抜ける例が増えており、送信者の身元確認が弱いことから、独創的な攻撃が実行される懸念が依然として存在する。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、本リサーチノートを利用して自社における戦略とビジネス・プロセスを調整されたい。

  • 統合リスク管理の成功要因トップ10
    2018年11月30日
    J. Wheeler

    リスク・マネジメント・プログラムを運用すれば、ビジネス・パフォーマンスを損ねる不確実性のインパクトを緩和することができる。社内でそうしたプログラムを開発し維持すべく、統合リスク管理のアプローチを採用する際は、10個の成功要因に注力することをSRMリーダーに推奨する。

  • AI成熟度モデル
    2018年11月30日
    W. Andrews F. Karamouzis E. Brethenoux P. Den Hamer

    AIは、多くのビジネス上のインパクトとチャレンジをもたらす。AIを推進するリーダーは、ガートナーのAI成熟度モデルを利用することで、自社のポジションを確認し、次のステップを検討できる。

  • ノートPCとデスクトップPCの推奨構成:2018年
    2018年11月30日
    S. Kleynhans F. Troni

    2018年における企業向けPCの構成は、オプションが高価格かつ多岐にわたるため、複雑化している。PCの調達を担当するI&Oリーダーは、自社のOS導入計画やユーザーのワークスタイルに合わせてハードウェアを選択し、適切な購買を実現すべきである。

  • コンテナ管理ソフトウェアのマーケット・ガイド
    2018年11月30日
    Dennis Smith C. Fletcher P. Byrne

    コンテナを本稼働環境に展開しているI&Oリーダーは、コンテナの大規模な管理を可能にする統合コンテナ・プラットフォームを必要としている。本マーケット・ガイドでは、主要なコンテナ管理ソフトウェア・ソリューションの能力とユースケースの適合性を解説する。

  • サイバーセキュリティの運用:最適なSOCモデルを選ぶには
    2018年11月30日
    G. Sadowski C. Lawson T. Bussa R. Kaur P. Shoard M. Schneider

    セキュリティ・オペレーション・センターは、サイバーセキュリティの運用を1カ所に集約し、セキュリティ上の防御、イベントのモニタリング、インシデントの検知/対応の機能を提供する。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社にとってどのような形態のSOCが最適なのかを見極め選択する際に、本リサーチノートを活用されたい。

  • リスクを下げ効果を最大化する、AI投資の優先順位決定法
    2018年11月15日
    B. Elliot

    人工知能投資を計画し優先順位を付ける作業は、不確実性に満ちている。アプリケーション・リーダーは、自社に最適で、かつリスクを最小化するAI投資を実現するために、本リサーチノートで提示する「バリューチェーン」アプローチを採用されたい。

  • クラウド推進に当たっての「違和感」を払拭する
    2018年11月9日
    T. Mataga

    AWS、Azure、GCPといった「本物のクラウド」の推進が進みつつある。一方、進め方や議論の内容に違和感があるケースも多く見られる。本物のクラウドを推進するリーダーは、本格利用の前夜において、関連する議論や進め方を点検する必要がある。

  • 有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント
    2018年11月9日
    B. Menezes C. Canales T. Zimmerman M. Toussaint

    アクセス・レイヤのインテリジェンスと自動化のさらなる向上を求めて進化する企業要件が、引き続きネットワーキング・ベンダーの課題となっている。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、アクセス・ネットワーク・サービス/管理に対する、ますます複雑化するニーズを踏まえて、有線/無線LANインフラストラクチャを評価すべきである。

  • イノベーション・インサイト:セキュリティ格付けサービス
    2018年11月9日
    S. Olyaei C. Ambrose J. Wheatman

    デジタル・エコシステムが優勢になりつつあるが、リスクを測定する仕組みがないため、企業はリスクをマネージすることに苦心している。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、セキュリティ体制の評価や、調達、提携、M&A活動にまつわるリスクを継続的かつリアルタイムにスコアリングするために、セキュリティ格付けサービスを活用すべきである。

  • Unixのロードマップを把握する
    2018年11月5日
    H. Aoyama

    Unixを利用しているユーザーから、各ベンダーの戦略やロードマップについての問い合わせがガートナーに継続して寄せられているが、その背景には、ユーザー自身でそうした情報を入手するのは時に難しいという事情がある。本リサーチノートは、Unixを利用しているユーザーに対して、各Unix製品の継続利用を決定する際に判断の要となる主要Unixベンダーの戦略、方向性およびロードマップを提示する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright