ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年11月発行)

  • ソフトウェア・テスト自動化のクリティカル・ケイパビリティ
    2018年11月30日
    J. Herschmann T. Murphy J. Scheibmeir

    デジタル・ビジネス戦略を策定しようとするアプリケーション・リーダーは、社内全域にわたるテストの多様なユースケースに対処しなければならない。本リサーチノートでは、ソフトウェアの機能テストを自動化する、よく知られた10の製品/サービスを取り上げ、それぞれをテストに関する一般的な5つのユースケース向けに評価する。

  • 高生産性エンタプライズaPaaSのマジック・クアドラント
    2018年11月22日
    P. Vincent V. Baker Y. Natis K. Iijima M. Driver R. Dunie J. Wong A. Gupta

    高生産性aPaaSは、企業がアプリケーション・ニーズ、デジタル・ビジネスの要件、スキルセットに関する課題に同時に対処しなければならない困難な状況に直面するに従い、エンタプライズIT全体でシェアを拡大し続けている。本マジック・クアドラントでは、これらの市場要因と、こうしたプラットフォームに対応している有力なエンタプライズ・ベンダーについて解説する。

  • プロジェクト・ポートフォリオ管理のマジック・クアドラント:世界市場
    2018年11月22日
    D. Stang M. Light

    PPMのライフサイクルが発展するにつれて、PPMを担当するリーダーは、2つの主要な目標、すなわち投資と戦略的価値を結び付けることと、実行のアプローチを多様化して価値を生み出すまでの時間を短縮することに焦点を絞っている。本マジック・クアドラントでは、これらの目標を達成するためのテクノロジを提供しているPPMプロバイダーを評価する。

  • カスタマー・エクスペリエンス指標の管理方法
    2018年11月22日
    E. Thompson

    カスタマー・エクスペリエンスには数百もの評価指標があり、大企業では50以上の指標が使用されることもあるが、どの企業も完全に同じ組み合わせを使用することは決してない。カスタマー・エクスペリエンス施策を支援するITリーダーは、カスタマー・エクスペリエンス指標の最も一般的な4つのカテゴリである「品質」「満足度」「ロイヤリティ」「アドボカシ」とその管理方法を理解すべきである。

  • オペレーショナルDBMS市場の現状:2018年
    2018年11月22日
    N. Heudecker D. Feinberg M. Adrian

    オペレーショナルDBMS市場では、クラウドへの移行に伴い、ベンダー・ロックインや人員配置、価格設定モデルの変化に関して、実務上の懸案事項が生じている。これにより、データとアナリティクスのリーダーは、拡大するデータ管理戦略の一環として、オペレーショナルDBMSへの投資を再評価することを余儀なくされている。

  • CRMアプリケーションの最新動向:2018年
    2018年11月15日
    E. Thompson G. Bharaj A. Sarner T. Travis S. Shen O. Huang

    本リサーチノートでは、マーケティング、営業、顧客サービス、デジタル・コマースの各分野にわたってCRMをサポートするアプリケーション・リーダーが関心を寄せる主要領域を概説する。2018年のCRMにおける「ホット」な領域は部門によって異なるが、AIや予測テクノロジなどを用いたアナリティクス手法は、どの分野にも共通する優先項目である。

  • 最適な会議ソリューションを選定してコストを節減する方法
    2018年11月15日
    M. Fasciani A. Preset

    デジタル・ワークプレースでは、仕事の本質が変化している。その状況をサポートするために、ユニファイド・コミュニケーションとコラボレーション戦略を担当するIT部門のアプリケーション・リーダーは、コラボレーションの推進に役立つ革新的でコスト効率に優れた会議ソリューションを入手する必要がある。

  • バックオフィス・アナリティクス・アプリケーションのハイプ・サイクル:2018年
    2018年11月5日
    A. Woodward G. Herschel

    アナリティクスと人工知能は、特定のビジネス意思決定を支援するアナリティクス・アプリケーションという形で浸透すると予測される。アナリティクス・チームのリーダーと、ビジネス領域においてデータとアナリティクスに関わるリーダーは、幅広い業界および業務分野の概況を理解するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright