ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年10月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年10月発行)

  • サーベイ・アナリシス:ITリーダーはIT部門の価値を高めるために何をしているのか
    2018年10月25日
    H. Katayama

    IT部門の従来の役割は、事業部門からの要求に従ってシステムを構築し、それを安定的に稼働させることであった。しかしながら、ガートナーのユーザー調査で明らかになったのは、このままでは多くのビジネス価値を生み出せないことに気付いたIT部門が、将来的にバイモーダルの「モード2」の領域にフォーカスしようとしている姿である。

  • CIOが「No」と言える技法をマスターするために
    2018年10月25日
    T. Nunno I. Cox E. Gabrys

    デジタル世界において、CIOは、戦略的ではないテクノロジ面の要望に対してシステマティックに「No」と答える方法を見つけていかねばならない。本リサーチノートに示す「システマティックなNo」の技法を習得したCIOは、社内の各部門に「No」と言えるようになり、戦略的な取り組みに集中し続けることができる。

  • CIOオフィスのパフォーマンスを測定する3つのステップ
    2018年10月19日
    P. Skyttegaard I. Cox

    CIOオフィスのパフォーマンスを測定し、その価値を全社に向けて示すのは難しい。CIOは、ビジネスの成果と連動した評価基準を用いることで、CIOオフィスが自社のビジネスの成功にどのように貢献しているかを示すべきである。

  • アジャイルの成功が組織の俊敏性を高める
    2018年10月19日
    M. West D. Scott

    アジャイル開発に苦戦するCIOは、デジタル・トランスフォーメンションにも苦戦する。アジャイルは基本的なプラクティスと文化的規範をもたらし、デジタル・ビジネス戦略とそれを支えるI&Tオペレーティング・モデルのビジョン構築にひらめきを与える。ガートナーのサーベイ結果は、CIOがアジャイル開発でいかに成功を収めるかを示している。

  • デジタル・ビジネスを拡大するための資金を見つける3つの方法
    2018年10月19日
    S. Buchanan

    CIOはデジタル・ビジネスの拡大を支援しなければならないが、それにはIT部門の予算やリソースをはるかに超える投資が必要である。CIOは、投資の優先順位を再検討し、ビジネス・コストを最適化し、デジタル・プラットフォームを構築すべくサードパーティと協力する必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com
































gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright