ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年9月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年9月発行)

  • エッジ・コンピューティングの将来像:避けて通ることができない5つの課題を乗り越える
    2018年9月28日
    T. Bittman B. Gill

    エッジ・コンピューティングのソリューションは今後、最大5つの喫緊の課題に促されるようにして発展し、エッジ・コンピューティングの将来像を決定付ける。エッジ・コンピューティング自体と、エッジとクラウドをつなぐトポロジやソリューションが多様化するため、I&O部門のリーダーは、自社のユースケースの要件を5つの差し迫った課題に照らし合わせて評価する必要がある。

  • IoTの実現におけるデジタル・ツイン統合の5つのアプローチ
    2018年9月28日
    B. Lheureux A. Velosa P. Havart-Simkin

    デジタル・ツインを採用する企業は、デジタル・ツイン同士や、デジタル・ツインとほかのIT資産を統合する作業が煩雑であることにいずれ気付くだろう。IoTを推進するリーダーは、本リサーチノートで解説するデジタル・ツインの統合パターンを活用しつつ、将来的に統合作業を簡素化する業界標準を支持していくべきである。

  • 働き方改革のセキュリティ:パート3「モバイル・デバイスを利用する際のセキュリティ」
    2018年9月28日
    K. Yano E. Hariu

    新しいワークスタイルを推進するに当たり、クラウドやモバイルの利用がより加速することが考えられる。本リサーチノートでは、モバイル・デバイスのセキュリティに焦点を当てて、ITリーダーが特に留意すべき重要な点と推奨事項を述べる。

  • エンドポイントの検知/対応:メリット、懸念、問題点
    2018年9月28日
    E. Ouellet

    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、細部にわたる可視性、実行に移すことができるインサイト、カスタマイズされた修正といったエンドポイントにおける能力をますます必要とするようになっている。しかし、EDRソリューションに対する誤解と過大評価、さらにはそれらを活用する際に求められる労力によって、EDRソリューションのメリットを上回る問題が発生しかねない状況にある。

  • セキュリティ・モニタリングを効果的に行うためには
    2018年9月20日
    M. Schneider G. Sadowski P. Shoard

    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーにとって、セキュリティ・モニタリングの選択肢は数年前に比べると増えている。本リサーチノートを、特定のユースケースやIT環境、利用可能なリソースに基づく最適な選択をする際の一助として、また関連性の高いガートナーの発行済みのリサーチノートへのガイド役として利用されたい。

  • ハイパーコンバージェンスに対する社内の抵抗を緩和する:人材の観点
    2018年9月20日
    J. McArthur

    ハイパーコンバージェンスには、管理効率と俊敏性に関して明確なメリットが存在するにもかかわらず、多くの企業においてITチームがHCIの採用に抵抗している。特に中規模企業のI&Oリーダーは、適切な企業文化を浸透させるとともにスキルセットを変更して、HCIへの進化を成功に導く環境を整えなくてはならない。

  • 人工知能のハイプ・サイクル:2018年
    2018年9月14日
    S. Sicular

    人工知能はハイプ、すなわち「過度な期待」の最中にある。本技術はいまだおおむね初期段階にあり、新たなアイデアが現れる一方、宣伝的なものも多く見られる。本ハイプ・サイクルは、人工知能に関する重要なトレンドとイノベーションを取り上げ、CIOとITリーダーの戦略とプランニングを支援する。

  • IaaSに関するセキュリティ・スキルを育成する方法
    2018年9月10日
    S. Riley

    クラウド・セキュリティは、システムとデータの保護に関する従来の考え方に180度の転換を促す。ここで必要なのは、隣接するIT分野に関するある程度の知識と、クラウドに関する真の実地経験である。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自らのチーム内にクラウド・セキュリティに関するスキルを育成する必要がある。

  • コスト分析:コスト最適化はVDIやDaaSの導入理由とはならない
    2018年9月10日
    M. Silver F. Troni

    最新のガートナーのTCOモデルを見ると、エンドポイントを担当するITリーダーがVDIを導入する際、従来型のデスクトップPCに比べ、ハードウェアとソフトウェア、ならびに人件費など、コストの面で課題を抱える状況に変わりはない。サーバ・ベース・コンピューティングではコストを最大6%削減できるが、DaaSでは現時点において相当に割高となる。

  • Amazon、Google、Microsoftが提供するアイデンティティ/アクセス管理機能で何がどこまでできるのか
    2018年9月5日
    G. Kreizman

    大手パブリックIaaSプロバイダーのIAM機能は変化を遂げており、サードパーティ製のソフトウェア版IAMおよびクラウド型IDaaSに代わる有効な選択肢となる可能性がある。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、ユースケースごとのニーズ、現在のIAM投資とスキル、プロバイダーの機能セットの成熟度を評価し、適切な選択を行わなくてはならない。

  • マネージド検知/対応サービスのマーケット・ガイド
    2018年9月5日
    T. Bussa K. Kavanagh S. Deshpande C. Lawson P. Shoard

    MDRを利用する企業は、1日24時間/週7日体制の専用脅威モニタリング/検知/対応機能をターンキー式のアプローチで追加できる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、本リサーチノートを活用して、当該サービスが自社環境に適しているか否かを判断することができる。

  • クラウド指向インフラストラクチャの注目ベンダー
    2018年9月5日
    P. Dawson A. Chandrasekaran J. Palmer

    動的でハイブリッドなクラウド指向インフラストラクチャの開発と維持管理の最終目標は、コンポーザブルかつアジャイルなクラウド開発テクノロジに向けた新たなアプローチを推進することである。クラウド指向のインフラストラクチャ・プロジェクトを担当するI&Oリーダーは、クラウド指向インフラストラクチャのデリバリに関する一連の革新的なアプローチを認識する必要がある。

  • データセンターの終焉に備えよ
    2018年9月5日
    T. Haynes

    コロケーション、ホスティング、クラウドにワークロードを移行する最新のトレンドを受けて、有力企業の多くがオンプレミス・データセンターから完全な移行を果たすとガートナーは予測している。こうした進化により、I&O部門のリーダーは、社外パートナーに依存する必要に迫られている。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright