ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年8月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年8月発行)

  • デジタル化の取り組みを活性化させるために、デジタル・アンビション・ワークショップを提案せよ
    2018年8月31日
    D. Scheibenreif T. Nielsen

    CIOは、自社のデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションにおいて主導的な役割を果たせていない場合もあろう。それでも、CEOや経営陣がその可能性について議論し、デジタル・ビジネスへの大志を明確にすることを支援することはできる。本リサーチノートでは、デジタル・アンビション・ワークショップをCEOに提案する方法に関して、そのベスト・プラクティスを示す。

  • 全社的なコスト最適化の推進:ITの観点から
    2018年8月20日
    C. Lozada

    CIOは、コスト最適化を指揮するよう求められるが、ほかの経営幹部の優先事項や社内政治、社内における優先事項との間で優先順位が競合し、困難に直面することが多い。コスト最適化を成功させるために、データに基づいた、本リサーチノートに示す実務慣行によってサポートされるアプローチを取ることをガートナーは推奨する。

  • デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションの4つの出発点
    2018年8月20日
    K. Moyer D. Scheibenreif

    CIOは、どうすればデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを主導できるだろうか。そのためには、変革に向けた出発点を発見できるよう、自社を支援することである。本リサーチノートでは、CIOが自社をデジタル・ビジネスへと変革する際に役立つ4つの出発点について解説する。

  • 戦略策定時にビジネス・コンテキストを無視してはならない
    2018年8月20日
    R. Hunter I. Tyler C. Struckman

    コンテキストを理解しないまま行動を起こすと、無意味な結果になるばかりか、事態がさらに悪化する恐れもある。CIOは、戦略策定に不可欠な前段階として、自社が活動する世界を規定するビジネス・コンテキストについてしっかりと考える必要がある。

  • 効果的なコミュニケーション:パフォーマンス・ダッシュボード
    2018年8月10日
    H. Colella

    パフォーマンス・ダッシュボードは、IT戦略のよりどころとなり、ビジネス目標に対するIT部門の進捗状況と成果を示す。本リサーチノートでは、ダッシュボードを使用してIT部門の成功を効果的に伝える方法について説明する。

  • IT部門の次世代メンバーを率いる
    2018年8月3日
    C. Struckman S. Adnams D. Berry D. Griffin A. Mello L. Mok B. Papegaaij B. Robertson

    ITリーダーは、複雑で絶え間なく変化する環境において最大限のビジネス成果を獲得するために、IT部門のチームの構成、能力、習慣化したやり方を変化させる必要がある。IT部門内の次世代要員を率いるには、アジャイル型のアプローチを採用し、継続的な変革に備え、既存の枠組みを超える人材計画戦略を立案すべきである。

  • グローバルIT:CIOがゼロから始める3つの施策
    2018年8月3日
    Y. Matsumoto

    ITグローバル化を目指すCIOやITリーダーは、本リサーチノートに示すシンプルな3つの施策を実施することで、グローバル化を大きく前進させることができる。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright