ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年7月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年7月発行)

  • デジタル・ビジネス変革をデザインする
    2018年7月31日
    K. Moyer H. Colella L. Weldon H. LeHong M. Ramsey

    デジタル・ビジネス変革を阻む障壁の1つは企業文化であるが、そのほかにも「戦略」「ビジネスモデル」「オペレーティング・モデル」の三者関係が適正化されていないと、変革を推進できない。ここに、CIOが行える最大の貢献の1つがある。

  • デジタル時代に最適なIT投資管理の実現の要諦:2018年版
    2018年7月31日
    H. Katayama

    本リサーチノートでは、CIOやITリーダー向けに、IT投資管理を最適化するために実行すべき必須のポイントをまとめる。AIやIoTを利用するデジタル投資案件であっても、IT予算を無制限に設定する企業はなく、限られた予算内で効率的にかつ最大の効果を創出するには、IT投資管理の最適化が必要である。IT投資管理の最適化には、コストと価値の見える化、IT投資プロセスの最適化、ITコストの最適化という3つの側面が不可欠であるが、事前評価が難しいデジタル案件に関しては、異なる方法が必要になる。

  • デジタル戦略を理解するための4つの「共通言語」
    2018年7月31日
    D. Scheibenreif K. Moyer P. Aykens

    ビジネス戦略策定に複数のステークホルダーが関与する場合、意思疎通には「共通言語」が必要である。本リサーチノートでは、CIOとビジネス部門の幹部が自信を持って戦略に関する議論を行えるよう、「デジタル」「デジタル最適化」「デジタル・ビジネス」「デジタル・ビジネス変革」の4つの用語の意味を改めて明確にする。

  • バイモーダルの開始:モード1の世界にモード2の明かりを灯す
    2018年7月10日
    D. Topham

    従来型のプロジェクトでは、要件が複雑すぎて面倒であったり、詳細や成果の明確化が重視されたりしていたため、CIOは、短期的かつ実験的なモード2のプロジェクトを開始する際に戸惑うことが多い。本リサーチノートに示す5つのベスト・プラクティスを実行することで、CIOは、惰性でモード2をモード1と同じように進めてしまうことを回避できる。

  • デジタル・ディスラプションとは:AI
    2018年7月5日
    W. Andrews

    人工知能は企業に対し、デジタルな相互通信によって、これまでよりも正確かつ独創的な方法で、迅速に情報を分析し対応できるようにさせる。CIOは、面倒な作業の人員確保に苦心している分野にこそ、AIを試用すべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright