ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンス − 役割:BI&情報マネジメント
ビル・ホストマン (BILL HOSTMANN)
ガートナー・バイス・プレジデント、最上級アナリスト

アプリケーションズ

現在、企業が情報を活用して組織を運営する環境は、大きく変わりつつあります。ビジネス・インテリジェンス (BI) と情報マネジメントが有効となる局面には、情報を戦略的資産ととらえ、そのアクセスと利用方法、またナレッジ・ワーカーの生産性を向上させることまでが含まれてきています。このような変化に対応するためには、新しい組織と新たなアプリケーションが必要であり、そのマネジメントには新しいITリーダーシップの能力が不可欠です。

ガートナーは、BI&情報マネジメントにおけるITリーダーの皆様が、企業内外のさまざまな情報を有効に活用し、ビジネスに貢献できるようサポートいたします。

アプリケーション リーダーを強力に支援
対象のお客様
本サービスは、下記の分野のマネージャー、プログラム・マネージャー、スペシャリスト、アーキテクト/インテグレーター、アナリストの皆様をご支援します。
 
情報マネジメント
IT/ビジネス戦略
システム/アプリケーション/ビジネス・アプリケーション
データ統合
BIとパフォーマンス管理
BIコンピテンシ・センター
データウェアハウス
情報コンプライアンス (法令遵守) /ガバナンス (統制)
情報/ビジネス/財務分析
ITプログラム管理
プロセス分析/管理
お客様のビジネス・プロセスに合わせて最適にモデリング

ガートナーのBI&情報マネジメントのアクティビティ・サイクルは、ITリーダーシップが求められる5つの異なる領域に沿って定義されています。

 
ソーシャル・ソフトウェアとコラボレーション
BIと情報管理
エンタプライズ・コンテンツ管理
データ管理/統合
EIM (企業情報管理)

各領域にはそれぞれ独自のアクティビティ・サイクルがありますが、どのステップにも次の部分が共通しています。

 
ビジネス上の目標(Business objectives): ビジネス・プランを定義 アクティビティ・サイクル
ビジョン(Vision): 戦略/スポンサーを定義
計画(Plan): 標準を定義/プロバイダまたはサプライヤを選択
構築(Build): スタッフ/導入の管理
管理(Operate): ベスト・プラクティスと管理体制を適用
利用(Use): 結果を評価
取り扱う主なトピック
BIプラットフォーム、クエリ/レポーティング、ダッシュボード/スコアカード
CPMおよびパフォーマンス管理
分析/プロセス分析
メタデータ管理
データウェアハウス/DBMS
コンテンツ管理/検索
データ管理/データ統合
データ品質
エンタプライズ情報アーキテクチャおよびガバナンス (統制)
電子開示 (E-Discovery)
チーム・コラボレーションおよびソーシャル・ネットワーク
コミュニケーション
電子メール/IM (インスタント・メッセージング) /プレゼンス
ハイパフォーマンス・ワークプレース

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright