ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年5月発行)

  • IoTセキュリティの誤解:市場のメッセージに惑わされない対策を推進せよ
    2018年5月31日
    E. Perkins R. Contu S. Alaybeyi

    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、今ある大規模なIoTセキュリティ市場が進化していく、という期待を捨てねばならない。個々のニッチなテクノロジは確かに必要だが、IoT時代の環境に備えるには、的確なスキルと一貫したアプローチを開発し、IoTを利用するテクノロジ・プログラムを実現さする必要がある。

  • モバイル・セキュリティのハイプ・サイクル:2017年
    2018年5月31日
    D. Zumerle J. Girard

    本ハイプ・サイクルでは、モビリティを実現しながら企業データを保護するテクノロジを取り上げる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、テクノロジの有効性とユーザーの利便性に焦点を当て、将来性のないテクノロジを回避し、今すぐモバイル・セキュリティ戦略を策定すべきである。

  • ブロックチェーン・プロジェクトのビジネスへの応用を進める方法
    2018年5月31日
    R. Kandaswamy D. Furlonger

    ブロックチェーン・プロジェクトのビジネスへの応用を進める際には、本テクノロジならではの強みと課題に注目すべきである。本リサーチノートでは、ブロックチェーンのメリット、コスト、リスクに関して、CIOが理解すべき重要なポイントを概説する。

  • 回復力に優れたITインフラ提供:サービス・デリバリの視点で弱点を見抜く
    2018年5月31日
    M. Jaggers A. Lerner B. Gill

    I&Oリーダーは、回復力の高いデジタル・インフラストラクチャを提供する必要があるが、システムにはその機能性、対象範囲、規模に起因する盲点が必ず存在する。本リサーチノートでは、回復力に関する盲点を特定し、影響を緩和するための主な推奨事項を解説する。

  • サーベイ・アナリシス:SD-WANに関する調査結果が明らかにした驚くべき事実
    2018年5月31日
    D. Young T. Corbett L. Pierce

    ガートナーが実施したSD-WANに関する調査では、SD-WANの採用を推進する要因と、通信事業者以外のプロバイダーが提供するマネージド・サービスが好んで選択されているという傾向が明らかになった。SD-WANの成熟度は相対的に低いものの、認識されているメリットによって、ネットワーキングを担当するI&Oリーダーが直ちにパイロットを開始する動きが生じている。

  • サーベイ・アナリシス:変革期を迎えたエンドポイントにおけるマルウェア対策
    2018年5月31日
    Y. Kimura

    さまざまなマルウェアが多角的に企業を攻撃し、ベンダーは多様なエンドポイント保護技術を市場に投入しており、変革期を迎えた本市場には無数の情報が氾濫している。このような状況で企業が自社に適した製品を適切に選択できるよう、本リサーチノートでは、2018年2月にガートナーが実施したユーザー調査結果の分析を基に、エンドポイント保護プラットフォーム選択の勘所を解説する。

  • 新しいビジネスモデル:8つのエコシステム活用事例
    2018年5月31日
    H. LeHong J. Lowendahl B. Burton M. Blosch K. Moyer

    デジタル・ビジネスは、エコシステムに対する見方を一回り大きなものに変えている。本リサーチノートでは、デジタル・ビジネスへの取り組みを主導するCIOに、企業に有用なビジネス・エコシステムの設計、修正、拡大を行う8つの方法を示す。

  • RPA導入の成否はIT部門の関与次第:FAQ導入検討編
    2018年5月25日
    Y. Abe

    本リサーチノートは、日本のユーザー企業からガートナーに寄せられたRPA関連の問い合わせの中でも、2017年9月以降に増加した導入検討についての質問と、それに対する回答をFAQ形式でまとめたものである。ITリーダーは、市場の動向、RPAベンダーおよびその製品の情報を収集するとともに、導入検討に際して考慮すべき点を整理して、RPA導入プロジェクトを成功に導くための準備を整える必要がある。

  • IoTサービス・プロバイダーのマーケット・ガイド
    2018年5月25日
    D. Rueb S. Alaybeyi

    IoTサービス・プロバイダーは、プランニングとソリューション・アーキテクチャから、導入やシステム統合に至るまで、多様なIoTサービスに対処している。CIOは、本マーケット・ガイドを利用して、自社のデジタル・ビジネス目標に沿ったIoTサービスを提供できるIoTサービス・プロバイダーを評価し選択すべきである。

  • SIEM導入プロジェクトを成功させる秘訣
    2018年5月18日
    K. Kavanagh T. Bussa G. Sadowski M. Schneider

    SIEMの導入を成功に導く鍵は、実装の範囲や要件の整理、収集するログの種類、アーキテクチャの選択、専門知識、そして関わる要員の規模をいかにして最適化するかにある。これらが適切でない場合、プロジェクトが行き詰まったり失敗したりする恐れがある。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、SIEM導入プロジェクトを確実に成功させるために、本リサーチノートで示す体系的なアプローチに従うべきである。

  • クラウドIaaSによるロックインにどう対処するか
    2018年5月15日
    L. Leong M. Dorosh

    エンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションを担当しているリーダーは、クラウドIaaSを戦略的に採用した場合に獲得できる俊敏性、生産性、オペレーション上のメリットと、ベンダー・ロックイン、すなわち囲い込みのリスクとの間でバランスを取る必要がある。

  • 日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント
    2018年5月10日
    T. Mataga

    本マジック・クアドラントは、日本市場にフォーカスしたものである。日本市場の特性や状況はグローバルとは異なる。日本においてクラウドIaaSの採用を検討する企業は、市場におけるクラウドIaaSプロバイダーのポジションを把握し、また評価する際の重要な基礎として本マジック・クアドラントを利用できる。

  • CISO不在の場合のアイデア:バーチャルCISO
    2018年5月10日
    J. Wheatman S. Olyaei

    セキュリティ・プロフェッショナルの人材が不足し、セキュリティおよびリスク・マネジメントの仕事が複雑になるにつれ、CISOを探すのはますます困難になっている。比較的小規模な企業や厳しい規制要件が課されていない企業の場合は、バーチャルCISOも検討に含めるべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright