ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年3月発行)

  • エンドポイントの検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド
    2018年3月30日
    P. Firstbrook

    エンドポイントの検知/対応市場は、エンドポイント保護プラットフォーム市場との急速な融合を見せているが、これら2つの分野は今後3年にわたり共存する。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、セキュリティの脅威がエンドポイントに侵入した場合を考慮した、アダプティブ・セキュリティ・アーキテクチャの予測/防御/検知/対応というあらゆる側面に対応できる、包括性の高いプラットフォーム・ベースのソリューションを必要としている。

  • 2018年の展望:日本におけるエンドポイント・セキュリティと認証技術
    2018年3月30日
    Y. Kimura K. Yano

    本リサーチノートでは、「エンドポイント・セキュリティ」と「認証技術」に関して、日本において注目すべき重要な動向を展望し、それらに対する推奨事項を述べる。各企業は、急速に変化するセキュリティの脅威と対策技術に適応するために、本リサーチノートを活用されたい。

  • 2018年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来
    2018年3月30日
    T. Mataga M. Suzuki H. Aoyama T. Ikeda

    本リサーチノートでは、日本において具体的なテクノロジに携わる「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載するクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。

  • 2018年の展望:日本におけるクラウド・コンピューティング
    2018年3月30日
    T. Mataga H. Aoyama

    本リサーチノートは、クラウド・コンピューティングについて、2018年以降の日本における企業のIT部門、情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。

  • VR体験の開発に着手する
    2018年3月30日
    M. Resnick

    アプリケーション・リーダーは、ポストアプリ時代の開発に対する考え方の一環として、360度の写真や動画から完全没入型の3Dシミュレーションに至るまで、さまざまなVRソリューションの開発に着手するという課題に直面している。VRのテクノロジとプロセスに固有の考慮事項を理解することが、開発に着手する上で有用となる。

  • 2018年の展望:モバイルとエンドポイントにおける新たな側面の検討
    2018年3月30日
    E. Hariu

    本リサーチノートでは、日本企業のIT部門が2018年以降のITインフラストラクチャ戦略を策定する際に、エンドポイント・コンピューティングの分野で注目すべきトレンドを取り上げて解説する。

  • 2018年の展望:自動化テクノロジでITオペレーションを強化せよ
    2018年3月30日
    Y. Abe

    本リサーチノートでは、既存システムの維持管理に重点を置いた従来の「IT運用」から、常にビジネスへの貢献を軸に据えた「ITオペレーション」へと企業のIT部門がシフトするために重要なトピックのうち、Windows 10、RPA、DevOpsの3つに焦点を当てて解説する。

  • ディザスタ・リカバリを強化せよ:ITレジリエンス・オーケストレーション自動化のマーケット・ガイド
    2018年3月30日
    J. Morency

    ITレジリエンス・オーケストレーションは、「サービスとしてのディザスタ・リカバリ」に必須のものであるが、IaaSを利用したセルフサービス型のリカバリにも対応でき、その範囲はITレジリエンスの保証にまで及んでいる。I&Oリーダーは、本リサーチノートを利用し、リカバリのコストを削減しながら有効性を高める製品を特定する必要がある。

  • WannaCry、コインチェック、Spectre/Meltdown−昨今のセキュリティ・ニュースから学ぶべき教訓:2018年
    2018年3月23日
    Y. Isoda

    本リサーチノートでは、昨今大きく報道されているセキュリティ関連のニュースやインシデントを取り上げ、それらから得られる教訓および、IT/セキュリティ・リーダーへの推奨を述べる。

  • 2018年の展望:アプリケーション・セントリックなネットワーキングにシフトする
    2018年3月23日
    T. Ikeda

    モバイル、クラウド、IoTなど新たなテクノロジの導入が進む状況において、ITインフラストラクチャの骨組みを構成する企業ネットワークも新たな局面へと突入し始めた。本リサーチノートでは、2018年以降の日本企業のITインフラストラクチャ戦略を考える際に、ユーザー企業およびベンダーが注目すべきトレンドについて、企業ネットワークに的を絞り解説する。

  • アクセス管理とシングル・サインオンを適切に選択するには
    2018年3月20日
    G. Kreizman A. Singh

    アクセス管理とシングル・サインオンを、複数のアプリケーション・アーキテクチャが存在する中で複数のユースケースに適用しようとすると、プロジェクトが複雑になりすぎ、そのため製品選択を誤ることもあり得る。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、アクセス管理とシングル・サインオンの要件を整理し、適切なツールを選択するために、本リサーチノートを利用されたい。

  • 2018年の展望:IoT推進体制を確立し、デジタル変革にチャレンジする
    2018年3月20日
    T. Ikeda

    IoTは自社のデジタル時代に確固たるポジションを獲得するための、革新的かつ中長期的な取り組みとすべきであるが、その体制をしっかり確立しないまま推進する企業も散見される。本リサーチノートでは、2018年以降のデジタル・ビジネスの推進を担う責任者がデジタル戦略を考える際に留意すべき事項について、IoTに的を絞り解説する。

  • 2018年の展望:エッジ・コンピューティングをデータセンター戦略に組み込む
    2018年3月20日
    K. Tazaki

    本リサーチノートでは、2018年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべき、日本における「データセンター」のトレンドを取り上げて解説する。

  • x86サーバ・インフラストラクチャ仮想化のマーケット・ガイド
    2018年3月20日
    M. Warrilow T. Bittman P. Dawson

    x86サーバ・インフラストラクチャ仮想化市場は、過去10年間で急速に成熟している。I&Oリーダーは、新たな仮想化アプローチを検討して、2018年以降にさらなるメリットを獲得する必要がある。

  • クラウドWebアプリケーション/API保護サービスの定義
    2018年3月20日
    J. D'Hoinne

    クラウド・ベースのWebアプリケーション/API保護サービスは、クラウド・ベースのWebアプリケーション・ファイアウォール・サービスが進化したものである。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、クラウド・ベースのWebアプリケーション/API保護サービスを利用することで、どのように自社のセキュリティ体制を改善できるかを判断する必要がある。

  • IoTサバイバル・ガイド (方針編):推進体制を成功に導く7カ条
    2018年3月15日
    T. Ikeda

    日本国内の多くの企業が、IoTをどのように評価し自社に取り入れるべきか悩んでいる。本リサーチノートでは、社内のプロセスやオペレーションの改善または最適化から、ビジネスを根本的に変革するデジタル・ビジネスへのチャレンジに至る多様な取り組みとなるIoTに関し、社内でそれらを推進するリーダーが心得ておくべき体制の在り方や方針について基本的かつ重要な留意事項を明らかにする。本リサーチノートは、「IoTサバイバル・ガイド (基本編):デジタル・ジャングルを賢く探索するためのヒント」に続くものであるため、併せて参照されたい。

  • AIの戦略的インパクトを分析する
    2018年3月15日
    J. Lopez

    今日のAIのほとんどはオペレーションを段階的に改善するものであるが、AIがよりインパクトをもたらすであろう戦略的可能性に対して、多くのCEOが期待を寄せている。CIOやITリーダーは、ガートナーのAI戦略フレームワークを利用し、AIに関する投資の選択肢をCEOに提示できる。

  • 2018年の展望:ファイル活用とストレージ
    2018年3月9日
    M. Suzuki

    働き方改革の旗印の下で、企業が保有するファイルをビジネスに活用し、効率化を進めようとする機運が高まっている。ただし、同時にIT部門は、データをどのように蓄積していくべきかという長年の課題にも対処せねばならない。本リサーチノートでは、日本のITリーダーに向けて、ファイル活用とストレージに関する2018年以降の予測を提示する。

  • ウェアラブル・テクノロジで従業員を強化するベスト・プラクティス
    2018年3月9日
    R. Smith

    企業はウェアラブル・テクノロジが価値を実現することを認識しているが、その仕組みを明確に理解していないため、不完全なプランニングのまま展開してしまうことが多い。本リサーチノートは、I&Oリーダーがウェアラブル・テクノロジの展開に関する一般的な課題を克服し、従業員による当該テクノロジの利用を最適化できるようサポートするものである。

  • 日本におけるITインフラストラクチャと未来志向型テクノロジ・トレンドのリサーチ概要:2018年
    2018年3月9日
    T. Mataga K. Tazaki M. Suzuki E. Hariu H. Aoyama T. Ikeda Y. Abe

    本リサーチノートは「ITインフラストラクチャと未来志向型テクノロジ・トレンド」に関する概要を示すものであり、企業が2018年にフォーカスすべき同分野の重要なポイントを包括的に整理/検討する上で役立つ。

  • NetOpsとSecOps:ネットワークとセキュリティの運用を効果的に実現する方法
    2018年3月9日
    S. Ganguli L. Orans

    NetOpsとSecOpsは、それぞれ別のチームが担当することが多いが、安全で高性能なネットワーク・インフラストラクチャを維持するという共通の目標を持つ。I&Oリーダーは、両チームが共有するデータとツールを活用することで、予算を最適化し、取り組みの重複を回避し、エンドユーザー・エクスペリエンスを向上させることができる。

  • RPAソフトウェアのマーケット・ガイド
    2018年3月5日
    C. Tornbohm R. Dunie

    RPAツールは、コストの削減、入力エラーの解消、プロセスの迅速化、アプリケーション間の連携に役立つ。エンタプライズ・アーキテクチャおよびテクノロジ・イノベーションに責任を負うリーダーは、各種RPAツールの技術的機能の違いを理解し、適切なソフトウェア・プラットフォームを選定しなければならない。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright