ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年12月発行)

  • アクセス管理のマジック・クアドラント:世界市場
    2017年12月29日
    G. Kreizman A. Singh

    アクセス管理市場は、従来のWebアプリケーションのサポートにとどまらず、モバイル・アプリケーションやAPIをサポートするよう進化しており、コンテキスト型かつアダプティブ・アクセスのための機能が追加されている。IDaaSをオプションとして提供するベンダーの数はオプションを提供していないベンダーよりも多く、市場には今まで以上に多くの選択肢が存在している。

  • ユニファイド・ワークスペース採用戦略:ビジネス価値とデジタル・ワークプレースの目標を基に優先順位を決定せよ
    2017年12月29日
    N. Hill F. Troni B. Taylor

    ユニファイド・ワークスペースは、エンドユーザー・コンピューティングの新たな現実になるとともに、デジタル・ワークプレースの強力な実現要素となる。本リサーチノートでは、モバイルおよびエンドポイント戦略を担当するI&Oリーダーに対し、優先順位と需要予測に基づいたユニファイド・ワークスペース・モデルをいかに積極的に追求すべきかを示す。

  • 企業におけるチャットボットの利用:4つのユースケース
    2017年12月29日
    V. Baker M. Revang

    ボットは市場に急速に浸透しつつあり、業界では過度な期待が見られるが、企業においては、チャットボットの重要性はどの程度認識されているのであろうか。アプリケーション・リーダーは、こうしたトレンドの先を行くためにも、自社のモバイル・アプリ戦略にボットを組み込む必要がある。さもなければ、企業が関与しないところで、従業員のやりとりのパターンは根本的に覆されることになる。

  • DevOps:適切な導入に向けた8つのステップ
    2017年12月29日
    G. Spafford I. Head

    DevOpsは魅力的なビジネス・メリットをもたらすが、多くの企業はこうした変革へのアプローチ方法に確信を持てないため、プロジェクトの開始や再開に苦心している。本リサーチノートでは、I&OリーダーがDevOpsプロジェクトで確実に成功を収めるために採用すべき8つの基本ステップを解説する。

  • 急速に進化するセキュリティ・アナリティクス
    2017年12月29日
    A. Litan E. Ahlm T. Bussa

    アナリティクスと機械学習の急速な進化を受け、セキュリティ市場が急変している。セキュリティ・イベントが検知できないことに頭を悩ませているセキュリティ・マネージャーは、脅威の検知を強化してセキュリティ・スタッフの生産性を改善するために、セキュリティ・アナリティクスに投資すべきである。

  • Maverick*リサーチ:エッジがクラウドを侵食する
    2017年12月29日
    T. Bittman

    IoTの成長と、より実体感のある没入的でインタラクティブなユーザー・インタフェースへと向かう今後のトレンドによって、データ生成とコンピューティングの中心は、集中管理型のデータセンターからエッジに移行する。

  • サーベイ・アナリシス:2018年末にかけての予算、IoT、テクノロジ計画に関するIAMリーダーの見解
    2017年12月29日
    G. Kreizman

    テクノロジの変化、IoTプロジェクトの増加、予算の拡充を受けて、アイデンティティ/アクセス管理関連のテクノロジ/サービスの新規導入やリプレースへの投資が拡大している。IAMを担当するセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、IAMの新規導入やリプレースのイニシアティブのプランニング、および購入に当たって、環境の変化に対応する能力に注目する必要がある。

  • Windows 10への移行がエンドポイント・セキュリティにもたらす機会と留意点
    2017年12月25日
    Y. Kimura

    エンドポイント保護プラットフォームのソリューションは多様化し、選択がますます難しくなっている。Windows 7の延長サポート終了を2020年に控え、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、Windows 10への移行に伴うエンドポイント保護プラットフォームの検討を迫られている。本リサーチノートでは、この機会をピンチではなく、絶好のチャンスと捉えて取り組むための考え方を述べる。

  • 新たなI&O組織/テクノロジ人材を創出せよ (パート2):日本発の8つのベスト・プラクティス
    2017年12月25日
    Y. Nagashima

    デジタル・ビジネス要件から生まれる新たなニーズにITスタッフの役割を順応させることが必要になる。ガートナーが提示する8つのベスト・プラクティスはI&O部門の俊敏性を高めるものであり、そうした俊敏な組織を構築したI&Oリーダーは、企業が求めるスピード感に応えられるようになる。

  • 新たなI&O組織/テクノロジ人材を創出せよ (パート1):日本企業のI&Oリーダーが必要とする人材の3タイプ
    2017年12月25日
    Y. Nagashima

    I&O関連のテクノロジが進化するに従い、デジタル・ビジネスを巡って拡大するニーズに対応できる新たなタイプの人材、つまりテクノロジ人材が必要となる。今後は革新的な役割が登場するため、I&Oリーダーは、まったく新たな能力を有する人材を獲得することを求められる。

  • 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年
    2017年12月20日
    M. Walker

    2017年版のハイプ・サイクルでは、3つの顕著なテクノロジ・トレンドを具体化する。これらは、比類のないインテリジェンスと共にあらゆる場所で新たなエクスペリエンスを生み出し、企業の進化を促すプラットフォームを提供し、新たなビジネス・エコシステムとのつながりを強化して、今後5〜10年にわたる企業の競争力を高める。

  • データ・マスキングのマーケット・ガイド
    2017年12月20日
    M. Meunier A. Tirosh

    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、データ・マスキングを利用して、機密データを保護し、機密性のないデータに置き換え、変化する脅威と規制遵守に対処していく必要がある。頻発するデータ侵害を受け、2016年には改めて、本市場の重要性が増していることが実証された。

  • コンテンツ・サービス・プラットフォームの基礎知識
    2017年12月20日
    K. Shegda K. Hobert M. Woodbridge M. Basso M. MacComascaigh

    コンテンツの管理、コラボレーション、配信や公開を最適化するために、すべてのステークホルダー (ユーザー、システム、アプリケーション) が、満足のいくコンテンツ活用を可能とするサービス群を用いるべきである。アプリケーション・リーダーは、コンテンツ・サービス・プラットフォームを巡る戦略的なビジョンの開発をサポートするために、本リサーチノートを利用するとよい。

  • 本稼働環境におけるコンテナ運用のベスト・プラクティス
    2017年12月20日
    A. Chandrasekaran D. Smith

    コンテナは、企業がレガシー・アプリケーションを近代化し、スケーラブルで俊敏性に富んだクラウド・ネイティブ・アプリケーションを構築することを実現する。ただし、現在のコンテナ・エコシステムは未成熟であるため、I&Oリーダーは、本稼働環境にコンテナを展開する際の課題解決の一助として、本リサーチノートを役立てられたい。

  • モバイル脅威防御ソリューションのマーケット・ガイド
    2017年12月15日
    D. Zumerle J. Girard

    モバイル関連の脅威をもはや無視できないことの明らかな兆候が見られる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、モバイル脅威防御ソリューションに精通し、そうしたソリューションを徐々にシステムに統合してモバイル・リスクを緩和する計画を立てる必要がある。

  • DevOpsのハイプ・サイクル:2017年
    2017年12月8日
    G. Spafford J. Herschmannv

    DevOpsへの取り組みには、ソフトウェア・デリバリ・プロセス全体を網羅する各種のテクノロジと方法論が含まれる。I&Oのリーダーは、DevOpsテクノロジの現状と能力について認識し、自社のDevOpsイニシアティブが市場化とビジネス価値の提供を加速させるものであることを確かめねばならない。

  • ブロックチェーン・ビジネスのハイプ・サイクル:2017年
    2017年12月8日
    D. Furlonger R. Valdes R. Kandaswamy

    ブロックチェーンの概念は生まれてからまだ間もないため、ハイプのレベルが極めて高いが、だからといってこれを無視するのは危険である。ブロックチェーンの成熟度が高まると、劇的な変化が突然訪れ、数百年前から続いている経済システム、制度、社会モデルが抜本的に変化すると予測されることから、シナリオ・プランニングが必須となる。

  • セキュリティ・インシデントに備えるためにCISOが踏むべき6つのステップ
    2017年12月8日
    R. McMillan

    セキュリティ・インシデントへの備えはどの企業にとっても必須事項であり、組織が複雑だったり広く分散していたりする場合は、特に重要である。ガートナーは、CISOがセキュリティ・インシデントのリスクを低減し、それらがもたらす損害を緩和する計画を立てる際に考慮すべき重要な6つのステップを定義した。

  • GDPRを理解する:19のFAQ
    2017年12月8日
    B. Willemsen

    EU一般データ保護規則の影響が及ぶ範囲はEU域内のみにとどまらない。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーが1人でこれに取り組むことは不可能であり、組織横断型チームを結成して要件を解釈し、本リサーチノートに示すFAQを利用して対策に優先順位を付け、リスク緩和に向けた取り組みを進めていく必要がある。

  • 2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10
    2017年12月8日
    D. Cearley B. Burke S. Searle M. Walker

    インテリジェント・デジタル・メッシュは、将来のデジタル・ビジネスとそのエコシステムの土台となるものである。テクノロジ・イノベーションのリーダーは、戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10に登場するテクノロジやトレンドの破壊的な側面を理解し、ビジネス機会とリスクならびに新たな競争に関する洞察力を高める必要がある。

  • AIオン・ザ・エッジ:AIとIoTの融合により促進される新たなデジタル価値の創出
    2017年12月5日
    M. Hung T. Austin

    AIとIoTは共生関係にあるテクノロジであり、デジタル・ビジネスの価値を創出する新たなプラットフォームの基礎を形成する。IoTイニシアティブを担当するCIOは、AIとIoTの機能を活用して、戦略的なメリットを獲得すべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com












gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright