ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2017年9月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2017年9月発行)

  • グローバルで通用するIT原則を作成するためのガイド
    2017年9月29日
    M. Mesaglio J. Ruggero

    ガートナーは毎年、何百もの「IT原則」を評価しているが、残念ながら多くの原則は不適切かつ非効果的であり、ガバナンスを不安定にし、摩擦を増やし、効果的に運用されていないことが多い。適切な原則があれば、こうした状況は一変する。CIOは、ガートナーのアプローチを利用することで、優れたIT原則を作成し、適用することができる。

  • サーベイ・データに見る、バイモーダルを成功に導くIT組織と人材像
    2017年9月25日
    L. Mok D. Berry

    デジタル・ビジネスの実践において、CIOは、企業全体の能力を高めてビジネス変革を実現できるように、バイモーダルなIT戦略を採用する必要がある。CIOは、バイモーダルなアプローチの導入と拡大に必要な役割と人材のプロファイルを特定するために、本リサーチノートに示すサーベイ・データを適用されたい。

  • 「No」と言える技法:真のCIOを目指して
    2017年9月25日
    T. Nunno E. Gabrys I. Cox

    CIOは、自社のITサービス提供者から真の経営パートナーやデジタル・リーダーへと進化している。このため「No」と言う技法を習得することの重要性が増している。効果的に「No」と言うことは、CIOが高価値のイニシアティブに費やせる時間を最大限に延ばし、自らのリーダーとしての評判を高める一助となる。

  • ITコスト最適化の実現プロセスとコスト削減の手法
    2017年9月20日
    H. Katayama

    ITコスト最適化とは、ITの価値を維持しながら、環境の変化に応じて無駄なコストを継続的に排除することである。本リサーチノートでは、このITコスト最適化を実現するためのプロセスと具体的な実現策を示す。

  • サーベイ・アナリシス:そのIT人材育成への取り組みは、なぜ空回りするのか
    2017年9月8日
    Y. Adachi

    本リサーチノートでは、2016年および2017年に実施した調査結果を基に、ユーザー企業におけるIT人材の採用/育成/評価/キャリア・パス設計の状況と、IT人材個人の業務やデジタル・プロジェクトに対する意識を分析する。ITリーダーにおいては、他社との比較に基づいて自組織の取り組みを客観的に評価し、2018年以降の施策を検討されたい。

  • M&AでCIOが直面する深刻な人事リスクとその対処法
    2017年9月5日
    A. Schulte D. Berry

    M&Aはビジネス上の大きな変革であり、それに巻き込まれる従業員にも多大な影響が及ぶ。IT部門は多くのM&A取引において極めて重要な役割を担うため、CIOは統合に伴うIT要員管理の課題に適切に対処する方法を理解しておくべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright