ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年5月発行)

  • IoTビジネス・ソリューションの計画に、IoTプラットフォームのリファレンス・モデルを利用せよ
    2017年5月10日
    B. Lheureux Y. Natis A. Velosa
    CIOとアプリケーション・インフラストラクチャ担当役員がIoT関連のプロジェクトを成功させるには、エンド・ツー・エンドのIoTビジネス・ソリューションの完全な構成とは何か、その内部でIoTプラットフォームが担う役割はどのようなものか、必要なITコンピテンシはどれかを徹底的に調査して理解する必要がある。
  • データセンターの移行を成功させる15のベスト・プラクティス
    2017年5月10日
    H. Cecci
    データセンターの移行は、複雑でリスクを伴う例が多い。本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスは、I&O部門のリーダーが適切な時間と資金を、計画と実施、テストに投入して、自社を保護し、データセンター移行が成功する可能性を最大限に引き出すことができるようサポートするものである。
  • 2017年の展望:エンドポイントとモバイルのセキュリティ
    2017年5月10日
    J. Girard P. Firstbrook B. Reed B. Willemsen D. Zumerle
    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、ワークスタイルが多様化して混沌とする中で、各種デバイスに対するセキュリティ面での脅威が増加の一途をたどるという状況に直面している。ガートナーは、本リサーチノートに示す予測を通じて、エンドポイントとモバイルの防御に優先順位を設定するためのガイドを提示する。
  • 対応能力の強化と業務効率の改善に向けて小規模な職能横断型I&Oチームを編成する
    2017年5月10日
    E. Holub
    ITスタッフに占めるI&O担当者の割合は、2011年から2015年にかけて50%から45%へと緩やかな減少傾向にあったが、2016年には41%まで減少している。I&Oリーダーは、こうした傾向に関係なく、さらに優れた成果を実現する最先端の実践手法を採用すべきである。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright