ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年4月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年4月発行)

  • ベンダー評価:SAP
    2017年4月14日
    M. Pezzini D. Feinberg N. Rayner F. Biscotti D. Prior L. Samolsky C. Pang B. Prentice T. Oestreich B. Lheureux D. Smith C. Hestermann K. Harris-Ferrante N. Montgomery A. Woodyer

    SAPは、顧客やパートナーに大きな影響を及ぼす戦略的な変革を進めようとしている。本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが自社にとってのSAPの妥当性を評価する手助けとなるよう、さまざまな分野にわたり、ITメガベンダーとしてのSAPを評価する。
  • ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント
    2017年4月14日
    J. Herschmann T. Murphy

    市場投入までの時間を短縮し、品質を向上させる必要があるため、機能テストを効果的に自動化するツールの需要が高まっている。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア開発を近代化しているアプリケーション・リーダーが、ニーズに最も適したテスト自動化ツールを選択できるよう、この領域のベンダーを評価する。
  • Microsoft Office 365の採用が自社のグローバル・ライセンス戦略に及ぼす影響とは
    2017年4月14日
    S. White A. Preset

    Microsoftのグローバル価格設定戦略は地域別に策定されており、現在では製品やサービスごとに異なる価格が設定されている。テクノロジ調達リーダーは、テクノロジに関与するステークホルダーからの情報を集め、Office 365の採用によるメリットを実現するために、グローバルでのアプローチを見直さなければならない。
  • データベース・アプライアンスを取り巻く市場の変化を理解し、次の更改に備えよ
    2017年4月14日
    T. Ichishi

    データベース・アプライアンスは、大企業におけるデータウェアハウス用途での導入を皮切りに、中堅・中小企業でも、またOLTPデータベースにも使われるに至ったが、クラウドの登場でその意義が問われている。ITリーダーは、今後もアプライアンスを用いるべきか否かを判断するために、こうした市場の変化を理解する必要がある。
  • ベンダー評価:Salesforce
    2017年4月5日
    M. Maoz E. Thompson Y. Natis G. Phifer P. Sullivan G. Kreizman N. Wynne R. Sallam C. Fletcher J. Freyermuth L. Cannell P. Gillespie R. Marshall J. Sorofman O. Huang A. Zijadic J. Wong T. Travis A. Woodyer J. Liversidge D. Smith N. LeBlanc

    Salesforceは、2017会計年度の売り上げが80億ドルを超え、顧客エンゲージメントに特化した7つの主要ソフトウェア製品ラインを25カ国以上に提供している。本リサーチノートでは、CIOやアプリケーション・リーダーが自社にとっての妥当性を評価できるよう、Salesforceを複数の領域にわたって評価する。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    N. Heudecker

    データ・レイクは、ガバナンスが欠如したり、節度ある対応ができないユーザーがいたり、非合理的なデータ・フローがあったりすると失敗してしまう。データとアナリティクスのリーダーは、データ・レイクが適切に運用されるよう、データの取得、洞察の創出、最適化とガバナンス、アナリティクスへの利用といった一連のフローを理解し、それぞれを仮想的または物理的に分離した設計を進める必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスによるマーケティング業務の変化を先取りし、テクノロジ活用を支援せよ
    2017年4月5日
    K. Kawabe

    ガートナーITデマンド・リサーチが企業内のエンドユーザーを対象に実施した調査の結果、マーケティング業務はデジタル・ビジネスの影響を強く受けているものの、デジタル・マーケティングおよび関連テクノロジのスキル習得が重要視されていないことが分かった。企業のCIOやITリーダーは、このような傾向を踏まえ、デジタル化が進むマーケティング業務をテクノロジの面で支援していく必要がある。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright