ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年2月発行)

  • ユニファイド・ワークスペースを採用してデジタル・ワークプレースのビジョンを実現する
    2017年2月28日
    N. Hill B. Taylor

    企業所有だけでなく個人所有も含め、業務に利用されるモバイル・エンドポイントの数と種類が急増している。この現状を受けて、モバイル/エンドポイント戦略を担当するインフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、ユニファイド・ワークスペースと呼ばれる従業員中心のコンテキスト対応型サービス・モデルへの移行を余儀なくされている。
  • 2017年の展望:デジタル・ビジネスに向けたデータセンターの変革が始まる
    2017年2月28日
    K. Tazaki

    本リサーチノートでは、2017年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべき、日本における「データセンター」のトレンドを取り上げて解説する。
  • ハイパフォーマンス・コンピューティングのニーズに最適なアクセラレータを選定せよ
    2017年2月28日
    C. Dekate

    ハイパフォーマンス・コンピューティング・システム・アーキテクチャにおいては、パフォーマンスを高めるべく、アクセラレータとコプロセッサを採用する傾向が強まっている。ハイパフォーマンス・コンピューティングを担当するI&O部門のリーダーは、本リサーチノートで解説する3つのベスト・プラクティスに従うことで、収益への影響が大きいアプリケーションに最適なアクセラレータとコプロセッサを選定できる。
  • ITSSMツールの導入に関するベスト・プラクティス
    2017年2月28日
    R. Doheny K. Gonzalez

    大半のサービス管理部門にとって、ITサービス・サポート管理ツールの導入は、単純な「プラグ・アンド・プレイ」式の作業ではなく、導入サイクルにツール導入担当者を関与させることが必要になる場合が多い。I&O部門のリーダーは、本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスに従って、ITサービス・サポート管理ツールの初回導入を成功に導くことができる。
  • HPC環境から最大のビジネス価値を得る3つのステップ
    2017年2月28日
    C. Dekate

    デジタル・ビジネス・プラットフォームの「内部」「プライベート」「パブリック」という3つのスタイルの輪郭が定まりつつある。エンタプライズ・アーキテクチャおよび技術革新を担うリーダーは、これらのスタイルを少なくとも1つ規定して、自社のデジタル・ビジネス戦略の遂行を支援しなくてはならない。
  • デジタル・ビジネス・プラットフォームの3つのスタイル
    2017年2月24日
    K. Moyer B. Burton

    デジタル・ビジネス・プラットフォームの「内部」「プライベート」「パブリック」という3つのスタイルの輪郭が定まりつつある。エンタプライズ・アーキテクチャおよび技術革新を担うリーダーは、これらのスタイルを少なくとも1つ規定して、自社のデジタル・ビジネス戦略の遂行を支援しなくてはならない。
  • 日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要:2017年
    2017年2月24日
    Y. Isoda K. Yano

    本リサーチノートは、2017年の日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要を述べたものである。組織のITおよびセキュリティのリーダーは、本リサーチノートを活用することで「セキュリティとリスク・マネジメント」の全体を俯瞰し、2017年に議論すべき重要なポイントを把握することができる。
  • 2017年の展望:人工知能
    2017年2月24日
    W. Andrews K. Brant M. Revang M. Reynolds F. Karamouzis J. Hare

    人工知能は、企業が自社のプロセス、製品、サービスを革新・発信する方法を変えつつある。企業は、人工知能の採用と適切なベンダーの選定に関する実践的な戦略を策定する必要に迫られている。
  • セキュリティ向上のためのネットワーク・セグメンテーションに関するベスト・プラクティス
    2017年2月20日
    G. Young

    セキュリティ向上のために適切なネットワーク・セグメンテーションを実装することは、ネットワークおよびデータセンターの運用やセキュリティを担うチームにとって、重要なプロジェクトである。本リサーチノートでは、マイクロセグメンテーションを用いたIoTとITの分離からオーバーセグメンテーションの回避まで、ネットワーク・セグメンテーションを成功させるためのさまざまなベスト・プラクティスを紹介する。
  • アジャイル型のI&O組織を目指す5つのステップ
    2017年2月20日
    H. Marquis

    アジャイル型のI&O部門は、これまで不可能であったレベルでサービスの提供を迅速化し、改善し、そのコストを削減する。I&Oリーダーは、パフォーマンスが高く、ビジネス部門との整合性が取れたアジャイル型I&O部門を構築する5つのステップに従うことによって、I&O部門の俊敏性を強化できる。
  • Windows 10リリースから1年:移行計画の更新
    2017年2月20日
    S. Kleynhans M. Silver

    リリースから1年以上が経過したWindows 10は、2回のメジャー・アップデートが実施されており、それらにはサポート、ロードマップ、戦略の変更が含まれている。Windows 10のロールアウトを担当するITプランナーは、こうした変更を考慮し、移行計画を更新しなくてはならない。
  • データセンター建設プロジェクトの要件とコストを見積もる
    2017年2月20日
    D. Cappuccio

    データセンターの建設は大半の企業にとって重要な意思決定であり、そのようなプロジェクトの経済的影響は役員が判断するレベルのものとなることが多い。設備投資に関する判断の大部分は、データセンター建設プロジェクトの初期段階で下される。本リサーチノートでは、CIOが計画を立てる上で必要なコスト感について解説する。
  • アイデンティティ/アクセス管理テクノロジのハイプ・サイクル:2016年
    2017年2月20日
    G. Kreizman

    新しいテクノロジである「ブロックチェーン・テクノロジによるIAM」は、市場に大きな影響を及ぼすものとして、本ハイプ・サイクルに初めて登場し、SCIMによるユーザー・プロビジョニングの標準化とIDaaSは成熟期を迎えた。テクノロジのうちのいくつかは生産性の安定期に達したか、もしくは達しつつあるが、これはIAM市場全体が成熟してきたことを反映している。
  • 2017年の展望:IoTからビジネス価値を創出するロードマップを作成する
    2017年2月10日
    D. Freeman A. Velosa E. Perkins D. Mishra M. Moran N. Nuttall B. Lheureux

    IoTは、近い将来、大きな利益をもたらす可能性を秘めている。CIOは、自社のIoTプロジェクトで成功を収めるべく、その目的が適切なビジネス価値の創出に定められていることを確認する必要がある。
  • 日本におけるITインフラストラクチャと未来志向型テクノロジ・トレンドのリサーチ概要:2017年
    2017年2月10日
    T. Mataga K. Tazaki M. Suzuki E. Hariu H. Aoyama T. Ikeda Y. Abe

    ソフトウェア・パブリッシャーが、ソフトウェア・ライセンス構造とクラウド・ベース・サービスをより複雑化させたため、コンプライアンス体制を確立してコストを最適化するには専門のツールが必要となっている。I&Oリーダーがソフトウェア資産管理ツールを選択する際には、一般に、明確に異なる6つの機能に関するベンダーの能力を考慮に入れる必要がある。
  • ソフトウェア資産管理ツールのマーケット・ガイド
    2017年2月10日
    G. Spivak A. Adams R. Williams

    ソフトウェア・パブリッシャーが、ソフトウェア・ライセンス構造とクラウド・ベース・サービスをより複雑化させたため、コンプライアンス体制を確立してコストを最適化するには専門のツールが必要となっている。I&Oリーダーがソフトウェア資産管理ツールを選択する際には、一般に、明確に異なる6つの機能に関するベンダーの能力を考慮に入れる必要がある。
  • 2017年の展望:セキュリティ・ソリューション
    2017年2月10日
    R. Contu D. Kish L. Pingree S. Deshpande

    セキュリティ市場は、IoT、クラウド・コンピューティング、高度な攻撃に対処するための新たな要件を受けて、今後も進化する。本リサーチノートではベンダー向けの推奨事項を中心に解説しているが、ユーザー企業も今後のセキュリティ・ソリューションの方向性を理解するために、またソリューションを選定する際に、これらを参考にすることができる。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright