ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年11月発行)

  • ChromebookはPCに代わる有望な選択肢か
    2016年11月30日
    N. Hill F. Troni S. Kleynhans

    教育分野におけるChromebookの成功を目の当たりにしたデスクトップ・マネージャーは、ChromebookがビジネスPCに代わる有望な選択肢たり得るかを問い始めている。Chromebookはシン・クライアントの代替となり得るものであり、適したアプリケーションを利用している企業にとっては、有望な選択肢となる可能性がある。
  • ITインフラストラクチャ可用性/パフォーマンス管理のハイプ・サイクル:2016年
    2016年11月30日
    G. Spivak S. Ganguli

    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、自社環境に展開すべきITインフラストラクチャ向けプランニング/監視/分析ツールに関して、数々の意思決定を下す必要に迫られている。これらのテクノロジ投資に関与するI&Oリーダーは、戦略の策定と期待事項の設定に当たって、本ハイプ・サイクルを利用されたい。
  • データ・サイエンティストを雇用せずに機械学習を運用する
    2016年11月30日
    A. Linden L. Kart A. Duncan C. Howson

    データとアナリティクスを担当するリーダーの多くは、「ニワトリが先か、卵が先か」という因果関係が不明な状況に直面している。すなわち、データ・サイエンティストがいない環境で機械学習やデータ・サイエンスに挑むのは難しいが、成功を収めた試験的事例がまだ存在しない中、データ・サイエンティストの雇用に関してビジネス部門を納得させるのもまた難しい。本リサーチノートでは、こうしたジレンマを解消する、確かな解決策について解説する。
  • コンシューマー金融サービスの注目ベンダー:2016年
    2016年11月30日
    R. Kandaswamy A. McIntyre B. Manusama

    銀行のCIOとITリーダーが、Fintech分野の新規参入企業がもたらす脅威の高まりに対処する際は、消費者向けサービスに大胆なアイデアを採用すると効果的である。そのためには、多数の注目ベンダーを比較検討し、スマート・マシン、予測的アナリティクス、モノのインターネットを利用して脅威に対処する取り組みをサポートできるところを選択する。
  • エンタプライズ・ファイル同期/共有のマジック・クアドラント
    2016年11月30日
    M. Basso K. Hobert J. Mann

    単体型EFSSベンダーは、デジタル・ワークプレース環境への対応をますます進めている。ITリーダーは、クラウド・ベースのコンテンツ・コラボレーションやデータ・インフラストラクチャ近代化のために本市場を検討し、成熟しつつある各種オプションから任意のものを選択することができる。
  • デジタル・ビジネスに向けたテクノロジ・プラットフォームを構築する
    2016年11月30日
    H. LeHong C. Howard D. Gaughan D. Logan

    企業がデジタル・ビジネスを進める際に必要となる技術的な構成要素とは何か。本リサーチノートでは、CIOとITリーダー向けに、デジタル・ビジネスの新しい機能とビジネスモデルを実現するために不可欠となる5つの主要プラットフォームの利用方法を説明する。
  • ツール戦略を成功させるべく、I&O自動化の機能とニーズを整理する
    2016年11月30日
    R. Naegle

    自動化ツール市場の激しい動きは先が読みにくい。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーの多くが、自動化の取り組みをどこから始め、どのように拡大させるかの判断に苦心している。大多数にとっての最適解は、現行の自動化機能を整理してニーズを特定し、情報に基づいてツールを購入することである。
  • 人工知能に関する「よくある誤解」と推奨
    2016年11月30日
    T. Mataga

    人工知能は注目を集めているが、多くの誤解を生んでいるテーマでもある。現在人工知能を検討している企業、そして今後人工知能を検討することになる企業が、着実に次のステージに進むためには、まずは誤解や神話を払拭する必要がある。
  • I&O自動化のハイプ・サイクル:2016年
    2016年11月18日
    R. Naegle

    自動化をめぐるテクノロジが引き続き増加しているため、IT市場の混乱は拡大している。インフラストラクチャとオペレーション組織のリーダーは、計画的な戦略イニシアティブの一環として、自社の目標と目的に適切な自動化テクノロジを事前対応的に特定する必要がある。
  • ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2016年
    2016年11月18日
    J. Rivard E. Holub

    ITSM 2.0に対応するツールは、ビジネス・ユーザーにサポートやサービスを提供するインフラストラクチャとオペレーション部門の質と効率を改善するものである。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ITSM戦略を策定してITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を付けるために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。
  • IoTプラットフォームのマーケット・ガイド
    2016年11月18日
    A. Velosa B. Lheureux Y. Natis E. Goodness

    IoTプラットフォームをデジタル・ビジネス・イニシアティブに利用しようとしている企業は、テクノロジ・スタックの不完全性と、ベンダーがひしめく市場の現況への対応を迫られている。ITリーダーは、ビジネス部門によるIoTプロジェクト遂行のサポートとIT部門のプランニング/開発活動に本マーケット・ガイドを利用できる。
  • コンテナ・オーケストレーション市場でどのように舵を切るべきか
    2016年11月18日
    D.Smith A. Chandrasekaran A. Lerner

    コンテナに対する関心が高まっている。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーが、アプリケーション開発者のためにインフラストラクチャの俊敏性を高めていることがその背景にある。コンテナについては、大規模な運用を可能にし、コンテナ関連テクノロジを他のエンタプライズ管理ツールと組み合わせて位置付けるという課題に対処する必要がある。
  • ソリッド・ステート・アレイのマジック・クアドラント
    2016年11月18日
    V. Filks J. Unsworth A. Chandrasekaran

    ソリッド・ステート・アレイは、パフォーマンスが重視されるものに限らず、より幅広いワークロードに向けて成熟する方向にある。今やその利点は、すべてのプライマリ・ストレージのほか、新旧を問わない予想外のワークロードにおいても非常に魅力的なものとなっている。本マジック・クアドラントは、ITリーダーが市場におけるSSAベンダーの位置付けを把握する上で役立つ。
  • デジタル・ワークプレース・テクノロジ:従業員強化のために重要な10のトレンド
    2016年11月18日
    M. Cain S. Kleynhans

    クラウド展開モデルの台頭と従業員のデジタル・デクステリティの向上を受けて、競争優位性を獲得するための従業員向けテクノロジにおける新時代が到来しつつある。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレース・テクノロジとして重要な10の新興トレンドについて解説する。
  • ハイパーコンバージェンスを改善するベスト・プラクティス:インフラストラクチャ・エコシステム戦略を効果的に用いよ
    2016年11月18日
    G. Weiss

    HCISは、仮想デスクトップ・インフラストラクチャやリモート・オフィス/ブランチ・オフィスといった一部のユースケースで優れたパフォーマンスを発揮しているが、全般的な活用には至っていない。I&Oリーダーは、広範なワークロードに対応する可能性とバイモーダルITのアプローチを受け入れ、HCIaaSクラウド・プラットフォームの充実したエコシステムを構築することで、ハイパーコンバージェンス戦略を補強できる。
  • IT災害復旧チームに影響を及ぼすIoTの4つの主要分野
    2016年11月10日
    M. Jaggers

    インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、高コストな追加措置や大規模な障害によって自社の収益や評判に悪影響が及ばないように、IT DR戦略をIoTアーキテクチャと展開計画に組み込まなければならない。IT DRチームは、IoTアーキテクチャの4つの主要分野を把握して、破壊的な出来事がIoTの運用に影響を及ぼさないようにする必要がある。
  • Web会議のマジック・クアドラント
    2016年11月10日
    A. Preset W. Andrews

    Web会議は、デジタル・ワークプレース内においてコンテンツやコラボレーションを自在に組み合わせて利用するための代表的なテクノロジである。Web会議の市場は、意思決定の迅速化とリモート・チームワークを実現するために、音声、動画、Webを会議室等のスペースと組み合わせる形で融合している。
  • クラウド・サービス・プロバイダーのセキュリティを評価する方法
    2016年11月10日
    J. Heiser

    企業のセキュリティおよびリスク・マネジメントのチームは、クラウド・サービス・プロバイダーがセキュアであるか否かを効率よく信頼性の高い方法で判断する、という課題に引き続き直面している。効果的なクラウド・セキュリティ評価プロセスでは、プロバイダーのさまざまな形態のセキュリティ体勢に関する情報を、実用的な方法で柔軟に利用する必要がある。
  • スマート・マシンの注目ベンダー:2016年
    2016年11月10日
    T. Austin F. Karamouzis B. Robertson M. Revang A. Linden C. Tornbohm B. Manusama

    本リサーチノートでは、スマート・マシン・テクノロジの実用的なアプリケーションを提供しているベンダーを紹介する。こうしたテクノロジは、つい5年前なら、人件費をかけて手作業で行っていたか、あるいはそもそも不可能であったことを (大規模に) 実行できる。これらのソリューションはいずれも機械学習を利用しているため、CTOとアーキテクトはその用途について学ぶ必要がある。
  • データセンター・バックアップ/リカバリ・ソフトウェアのマジック・クアドラント
    2016年11月10日
    D. Russell P. Rinnen R. Rhame

    エンタプライズ・バックアップは、インフラストラクチャとオペレーション部門のスタッフにとって、最も古くから頻繁に実行してきた作業の1つである。本マジック・クアドラントでは、従来型から革新的なものに至る各種のリカバリ機能を提供している主要なデータセンター・バックアップ・ソフトウェア・ベンダーを分析して評価する。
  • ハイパーコンバージド統合システムのTCO:4つのケーススタディとその教訓
    2016年11月10日
    J. Palmer G. Weiss

    ハイパーコンバージド統合システムのベンダーは、同システムが従来のインフラストラクチャと比較してTCOを大幅に節減できるとうたっている。本リサーチノートは、エンドユーザー調査と顧客アンケートから得られたユーザー事例を基に同システムのTCOの実態に迫り、I&Oリーダーにアドバイスを提供する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright