ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年9月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年9月発行)

  • 日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月30日
    K. Iijima

    本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業が、アプリケーション・インフラストラクチャに関する新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャに関連するテクノロジおよび手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるポイントを把握するために活用されたい。
  • CRMと新たな顧客エンゲージメント・ハブのテクノロジ
    2016年9月23日
    M. Maoz O. Huang

    カスタマー・エクスペリエンスを通じた成長促進が次第に重視されていることから、顧客エンゲージメント・ハブの構築に向けたIT戦略が形成されつつある。ITアプリケーション・リーダーが成功を収めるためには、組織間のギャップを解消し、さまざまなシステムを連携させることで、複数のチャネルにわたって一貫性のあるカスタマー・エクスペリエンスを確保する必要がある。
  • デジタル・ビジネスへ移行するために3層アプリケーション・アーキテクチャから脱却する
    2016年9月23日
    A. Thomas A. Gupta

    3層アプリケーション・アーキテクチャはもはや時代遅れであり、モダン・アプリケーションのニーズをもはや満たさない。CTOは、アーキテクチャ・チームに対し、デジタル変革の取り組みを支援するために、アプリとサービスのメッシュ・アーキテクチャを採用するよう指揮すべきである。
  • 日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月23日
    K. Kawabe

    顧客関連のテクノロジは引き続き目覚ましい勢いで進展しており、各企業は競争優位の確保や差別化に直結するカスタマー・エクスペリエンスの強化に取り組んでいる。本ハイプ・サイクルは、このような流れを受けたCRM関連テクノロジ/アプリケーションのトレンドと今後の見通しを解説し、顧客中心型ビジネスへの転換を図ろうとする日本企業が起こすべき必要なアクションについて提言するものである。
  • 日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月23日
    Harutoshi Katayama T. Ono

    エンタプライズ・アプリケーション開発の領域におけるクラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」は、存在自体が当たり前になり、デジタル化の進展がその状況をさらに押し進めたことで、企業は従来のアプリケーション開発の在り方を見直さざるを得ない状況にある。本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション開発領域のテクノロジやコンセプトの中から日本企業にとって重要なものを取り上げ、2016年の位置付けとユーザー企業が各テクノロジを検討する際に留意すべきアドバイスをまとめている。
  • 日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月23日
    K. Shiga

    本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に資するテクノロジやコンセプトを考察するとともに、ビジネスに有効なテクノロジのうち、日本国内で利用可能であるか今後日本に導入されることを前提に、注視すべきものを取り上げている。
  • アプリケーションの導入オプションをペース・レイヤの観点から考える:更新版
    2016年9月15日
    S. Van Der Zijden M. Hotle

    アプリケーションの導入方法を選択することは、構築か購入かを決めるほど単純ではない。ガートナーが提唱するペース・レイヤは、導入上の選択肢を理解する観点をもたらし、FACTフレームワークは、導入に際しての分析メカニズムを提供することから、実装に取り組むITリーダーは、これらの両方を活用すべきである。
  • サーベイ・アナリシス:2016年の企業におけるモバイル・アプリ開発
    2016年9月15日
    A. Leow V. Baker

    ガートナーが実施した最新の世界的なモバイル・アプリ調査では、アーキテクチャ、ツール、調達、管理のアプローチにかなりのばらつきが見られたものの、明確なトレンドが浮かび上がった。本リサーチノートでは、そうしたトレンドを検証し、CIOとモバイル・アプリ開発リーダーが自社の投資収益率をいかに最大化できるかを検討する。
  • デジタル・ワークプレース・グラフのメリットとデメリット
    2016年9月15日
    M. Gotta N. Drakos

    デジタル・ワークプレース・リーダーは、生産性とコラボレーションを改善するために、デジタル・ワークプレース・グラフがもたらすアーキテクチャ、アプリケーション、文化の面における変化を理解する必要がある。
  • ベスト・プラクティス:AD自動化ツール採用の実際と選択のポイント
    2016年9月15日
    Harutoshi Katayama

    コーディング不要でアプリケーション開発を実現するツール (AD自動化ツール) への関心は、日本において全般的に高いとはいえないが、ガートナーへの問い合わせは増えつつあり、ガートナーの調査でも採用予定の企業の割合が採用中の企業のそれを上回っている。本リサーチノートでは、AD自動化ツールの採用や利用の拡大を考えている企業のITリーダーに向けて、既に同ツールを採用している企業の事例を紹介するとともに、採用時の留意点を提示する。
  • 日本におけるBIとアナリティクスのハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月15日
    H. Horiuchi K. Shiga K. Iijima K. Kawabe

    本リサーチノートは、日本のITユーザー企業がBIやアナリティクスに関する比較的新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるBIやアナリティクスに関連するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるためのポイントを把握するために活用されたい。
  • 日本におけるERPのハイプ・サイクル:2016年
    2016年9月15日
    K. Motoyoshi

    クラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」が、引き続きERPの進化を牽引している。本ハイプ・サイクルは、これら4つの力がERPに与えるインパクトを考慮しつつ、ERPの活用において検討すべきテクノロジやコンセプトのうち、日本企業にとって特に重要なものを取り上げ、国内における位置付けとユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。2016年は、新たにERP向けのサードパーティ・サポートに関する解説を加えた。
  • BI/アナリティクス・プラットフォームの近代化で適切なアーキテクチャ・モデルを選択する方法
    2016年9月5日
    J. Tapadinhas

    データ/アナリティクスのリーダーは、BI/アナリティクス・プラットフォームを近代化することで、自社のBI施策を発展させようとしている。しかし、選択するテクノロジや展開方法が違えば、そこに生じるメリットや制約もまったく異なるものになる。本リサーチノートは、データ/アナリティクスのリーダーが、自社のBI/アナリティクス・プラットフォームを近代化するにあたり、適切なタイプのアーキテクチャを選択できるよう支援する。
  • 適切なビジネス・インテリジェンス/アナリティクス・ツールを適切なユーザーに対して選択する方法
    2016年9月5日
    C. Howson

    データ/アナリティクスのリーダーは、採用するベンダーを絞り込むことでBI/アナリティクス・ツールのポートフォリオに生じる複雑さを軽減したいと考えるが、最良の機能のすべてを単独で提供できるベンダーはない。単一ベンダーによるアプローチではイノベーションが課題となるため、むしろ、適切なツールを適切なユーザーに割り当てる戦略を取るべきである。
  • 高生産性RADツールのマーケット・ガイド
    2016年9月5日
    M. Driver J. Wong M. West

    新世代の高速アプリケーション開発ツールが台頭し、アプリケーションの拡張とデリバリについて簡潔で迅速な方法を約束している。シャドーITをはじめ、市民開発者やプロの開発者は、ユーザー・エクスペリエンスに優れた高性能なアプリケーションを作成するために、このようなツールを検討すべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright