ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年5月発行)

  • 外部委託取引交渉時の勘所 (運用管理アウトソーシング編):増補版
    2016年5月31日
    S. Yamanoi

    本リサーチノートでは、ITシステムの運用管理業務を社外のITサービス・ベンダーにアウトソースする際に、企業のITリーダーが契約締結時に押さえておくべき「交渉の勘所」を整理している。なお、本リサーチノートは、2015年5月に発行したオリジナルの「増補版」であり、ガートナーの顧客からのフィードバックなどを基にQ&Aを追加している。また、関連するツールキットを併用することによって、ITリーダーは自身の取引交渉力を客観的に把握して不足部分を補うことができ、より適切なITベンダー管理を実現できる。
  • コスト最適化の秘訣:戦略的なソーシング/ベンダー管理によって コスト構成を見直し、収益を保護する
    2016年5月25日
    Buchanan S.

    過剰な支出は削減可能であるが、大幅な削減は、戦略的変革を通じてコストを再構成することでしか達成されない。戦略的コスト最適化は、ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーによるマーケット・インテリジェンス、計画、実行の成功に大きく依存している。
  • マーケット・インサイト:「コスト最適化」時代にサービス・ プロバイダーが成功するには
    2016年5月20日
    S. Tan

    経済の先行きが依然として不透明で予算に制約がある中で、企業はデジ タル・ビジネスへの変革を進めなければならない。本リサーチノートで は、サービス・プロバイダーのプラクティス・リーダーが、顧客企業の 変革をサポートするために利用可能なフレームワークを提示する。
  • SaaS契約の更新条件をあらかじめ交渉することで、コスト増加の リスクを下げる
    2016年5月13日
    D. Hubbard A. Bona

    サービスとしてのソフトウェアを利用するITリーダーは、更新料の値上げや権利縮小に伴う不測のコスト増加を避けるために、プロバイダーと事前交渉する必要がある。
  • 顧客管理コンタクトセンターBPOのマジック・クアドラント
    2016年5月13日
    T. Singh B. Manusama M. Sawai

    ガートナーの顧客管理コンタクトセンターBPOサービスのマジック・クアドラントでは、活気のあるプロバイダーの状況を評価する。ソーシング・マネージャーは、プロバイダーの勢力図がテクノロジ、経済情勢、顧客ニーズの進化を受けて変化していることを把握する必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright