ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年4月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年4月発行)

  • アジア太平洋地域におけるオフショア・サービスの主要拠点:2016年
    2016年4月28日
    J. Longwood Y. Dharmasthira F. Ng F. Karamouzis T. Lo T. Tang T. Singh D. Barros N. Barton D. Mishra A. Roy Y. Adachi

    APAC地域には、オフショアおよびニアショア拠点として機能するグローバル・ソーシング候補地が多数存在する。ソーシング担当者は、自社センターやIT/BPSのアウトソーシング拠点を選定する際、本リサーチノートの評価を参考にされたい。
  • ソーシングにおけるベンダー・リスク管理 (その2):施策を絞り込む
    2016年4月28日
    S. Yamanoi

    ベンダー・リスク管理はVMOの役割の1つであるが、VMOに多くのリソースを割けないIT部門が多く、必然的に「やるべきこと」の取捨選択が成功の鍵となる。本リサーチノートでは、効果的なベンダー・リスク管理のために、ITリーダーが「最低限」押さえておきたい施策を列挙する。
  • ベトナム・オフショア開発:成功への処方箋
    2016年4月20日
    Y. Adachi

    中国でのオフショア開発のベスト・プラクティスをベトナムに持ち込んでも、予期せぬトラブルに遭遇することが多い。本リサーチノートでは、ベトナムでのオフショア開発を検討しているITリーダーに対し、ベトナ ムにおけるオフショア開発固有の問題と対策を解説する。
  • ベンダー管理の能力強化:コンピテンシ・モデルの活用
    2016年4月20日
    J. Spencer L. Cohen R. Qureshi

    ベンダー管理を強化したいのであれば、まずIT部門の遂行能力について、 現状と理想のギャップを評価する必要があるが、問題は評価の段取りが 曖昧な点である。本リサーチノートで言及する「コンピテンシ・モデル」は、ベンダー管理担当者を査定し、能力を改善するためのテンプレートをITリーダーに提供するものである。
  • キャパシティ・ベースのソフトウェア・ライセンスで、コスト削減と コンプライアンス維持を実現するための要諦
    2016年4月5日
    R. Wilkes J. Liversidge

    テクノロジの調達リーダーは、コスト削減とコンプライアンス維持のために、キャパシティ・ベースのソフトウェア・ライセンスの管理を徹底 しなくてはならない。
  • テクノロジ・サービス・プロバイダーは、バイモーダル・ロードマップを導入しなければ、存在意義の低下と衰退を招く
    2016年4月5日
    C. Da Rold A. Young B. Granetto T. Bova N. Osmond

    顧客企業はデジタル・ビジネスへの対応に向け、バイモーダル戦略の採用を急いでおり、プロバイダーがニーズの変化に素早く順応できるかを懸念している。サービス・プロバイダーの幹部とストラテジストは、 この差別化機会を活用すべく、バイモーダルのロードマップを作成する必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright