ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年4月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年4月発行)

  • 「サービスとしてのデータセンター」を創設してクラウド戦略を遂行 する
    2016年4月28日
    D. Cappuccio

    データセンター・サービスが進化すると、複数のクラウド・プロバイダーが利用される可能性が高くなる。インフラストラクチャ、オペレー ションのリーダーおよびCIOは、利用するサービス、プロバイダー、導 入時期を論理的に決定することによって、「単なるITインフラストラクチャの提供者」ではなく成果の提供者となる。
  • 2016年の展望:日本におけるITインフラ担当者の将来
    2016年4月28日
    T. Mataga M. Suzuki H. Aoyama

    本リサーチノートでは、2016年以降の日本においてITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべきトレンドのうち、「ITインフ ラ担当者の将来」を展望する。
  • 仮想マシンとOSコンテナを使い分ける:解決できる問題が異なることに注意せよ
    2016年4月25日
    T. Bittman N. MacDonald

    OSコンテナが、リソース利用効率の高さと相まってアジャイル・アプリ ケーション開発を可能にする仮想化テクノロジとして、さらに、新しい 形態のアプリケーションを可能にするテクノロジとして、再び浮上して きた。本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーション 部門の担当者を対象に、仮想マシンとOSコンテナの利用についてそれぞ れの妥当性を分析する。
  • 2016年の展望:日本におけるクラウド・コンピューティング
    2016年4月25日
    T. Mataga H. Aoyama

    本リサーチノートでは、「クラウド・コンピューティング」について、2016年以降の日本において企業のIT部門、ベンダー、システム・インテ グレーターが注目すべき重要なトレンドを提示する。
  • 日本における一般用途向けストレージ・システムのマジック・ クアドラント
    2016年4月25日
    M. Suzuki S. Zaffos

    日本のストレージ市場は、新しいアーキテクチャやテクノロジの出現、さらにベンダー間の力関係によって大きく変化している。本マジック・ クアドラントでは、ベンダー12社の競争力を比較し、日本市場における 強みと課題について分析する。
  • Maverick*リサーチ:アプリケーションの保護を中止せよ − アプリケーションが自らを保護する時代の到来
    2016年4月20日
    J. Feiman

    現代のセキュリティでは、アプリケーションの脆弱性をすべてテストして完璧に保護することはできない。アプリケーションは、セキュリティに関するセルフテスト、自己診断、セルフプロテクションの能力を備え ている必要がある。CISOは、これを最優先課題として取り組むべきである。
  • ストレージの新たな現実:「どれもあまり変わらない」時代の購入 基準とは
    2016年4月20日
    D. Russell

    過去数十年にわたり、ストレージ関連のハードウェアとソフトウェアは、製品の独自性と魅力を高める「キラー機能」を基準に評価されてきた。 しかし、現在は技術面の大きな差異が事実上失われているため、スト レージ購入企業はソリューションの評価方法を大きく変える必要がある。
  • エンタプライズ情報アーカイブのマジック・クアドラント
    2016年4月20日
    B. Lowans

    エンタプライズ情報アーカイブは、総合ストレージ・コストを削減しな がら、コンプライアンスと電子的な証拠開示手続きに対応するソリューションを企業に提供している。本リサーチノートでは、ITリーダーをサ ポートすべく、電子メール、ソーシャル・メディア、ファイル、その他 のコンテンツ・タイプをアーカイブする機能を備えた製品/サービスを提供しているベンダーを評価する。
  • 委託先技術者のリモート特権アクセスをセキュアに管理する方法
    2016年4月15日
    F. Gaehtgens J. Girard

    委託先のユーザーに対してリモート特権アクセス権をアプリケーショ ン・レベルやOSレベルで付与している企業があるが、その大多数は、重 大なリスクをもたらすセキュリティ上の欠陥を放置したままである。アイデンティティ/アクセス管理リーダーとセキュリティ・リーダーは、本リサーチノートで紹介するベスト・プラクティスに従って、リスクを 緩和する必要がある。
  • OpenStackは、クラウド管理プラットフォームとして「完璧」ではない
    2016年4月15日
    D. Smith D. Scott

    クラウド管理プラットフォームとOpenStackを混同しているインフラス トラクチャとオペレーション部門のリーダーは多い。クラウド管理プ ラットフォームとOpenStackの差異は、かつては明白であったが、 OpenStackの新リリースが登場するたびに区別が困難になっている。
  • 機密データを暗号化してクラウドのオペレーションやコンプライアン スを簡略化せよ
    2016年4月8日
    B. Lowans

    クラウド・ストレージやクラウド・サービスは魅力的であるが、機密データを処理する際には、企業はクラウド・セキュリティのベスト・ プラクティスを採用する必要がある。CIOとCISOは、まず、クラウド内 での暗号化やトークナイゼーションの利用には限界があることを理解し なければならない。
  • データセンターをIaaS型パブリック・クラウドに移行すべきでない15の理由
    2016年4月8日
    B. Lowans

    サービスとしてのインフラストラクチャ型パブリック・クラウドは、仮 想化可能なワークロードの大半で利用可能であるが、社内のビジネス/テクニカル面の状況によっては、データセンターのクラウドへの移行が得策とならないこともある。CIOは、こうした現実を認識しなければな らない。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright