ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年2月発行)

  • イノベーション・インサイト:サービスとしてのSIEM
    2016年2月29日
    T. Bussa

    サービスの形態で提供されるSIEMが新たな選択肢として登場しているが、 コンプライアンスや脅威管理といったSIEMのユースケースの要件を満た すためには、適切なプロバイダーと手法を選択することが不可欠である。
  • I&O自動化のハイプ・サイクル:2015年
    2016年2月29日
    A. Linden

    大半の企業では、多数のIT自動化ニーズに対処する際に複数のソリュー ションが必要になるため、インフラストラクチャとオペレーションの リーダーは、自社の目標と目的に最適な自動化テクノロジを事前対応的 に特定する必要がある。
  • ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2015年
    2016年2月29日
    J. Rivard

    ITSM 2.0に対応するツールは、インフラストラクチャとオペレーション 部門がエンドユーザーをサポートやサービス提供に必要な質と効率を改 善するものである。インフラストラクチャとオペレーション・リーダー は、ITSM戦略を策定し、ITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を設 定するために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。
  • ITSM ITインフラストラクチャ可用性/パフォーマンス管理のハイプ・サイ クル:2015年
    2016年2月29日
    I. Head

    本ハイプ・サイクルでは、ITインフラストラクチャのプランニング、 監視、アナリティクスに関するツールを取り上げる。インフラストラク チャとオペレーション部門のリーダーは、テクノロジに投資する際に、 ツール戦略を策定し、期待事項を設定するために本ハイプ・サイクルを 利用できる。本ハイプ・サイクルは、ITオペレーション管理のハイプ・ サイクル (2014年版) に代わる3つのハイプ・サイクルの1つである。
  • ITSM クラウド・ネイティブ・アプリケーションの落とし穴: 早期にストレージの検討を開始せよ
    2016年2月25日
    R. Bala

    クラウド・ネイティブ・アプリケーションは、ファイル形式の非構造化 コンテンツを大量に生成する。この用途に最も適切なストレージ・プ ラットフォームを見つけるのは容易ではない。本リサーチノートでは、 インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーに対し、非構造 化データに最適なプラットフォームを選定するベスト・プラクティスを 提示する。
  • 2016年の展望:ネットワークとモバイルのセキュリティ
    2016年2月19日
    R. Wagner J. Girard B. Reed A. Hils G. Young D. Zumerle

    ガートナーでは、ネットワーク・セグメンテーション、権利管理された 暗号、ネイティブ・モバイル・コンテナ化、クラウド・セキュリティに おけるさまざまなトレンドの予測を行っている。セキュリティ戦略担当 者は、これらの出来事を観察し、プラクティスの見直しや新しいサービ スの購入を検討する必要がある。
  • 効果的なハイパーコンバージェンス戦略立案:見過ごしてはならない 5つの主要な意思決定要因
    2016年2月19日
    R. Wagner J. Girard B. Reed A. Hils G. Young D. Zumerle

    ハイパーコンバージド市場は、ベンダー間の競争が激化し過剰なハイプ状況にあるため、真の価値提案が評価の際に見過ごされることがある。本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーに対し、現状のハイプに惑わされず、妥当な戦略立案をサポートするための評価フレームワークを示す。
  • 「スマート・マシン時代」が到来する
    2016年2月19日
    T. Austin

    スマート・マシンを構成するテクノロジの「ビッグ・バン」が起こっている。先鋭的なハードウェア、かつてない大量のデータのハンドリング、ディープ・ニューラル・ネットワークの進展などこれまでにない進歩によって、これからの歴史を変え得る新たな汎用テクノロジ・サイクル「スマート・マシン時代」が到来する。
  • クライアント・コンピューティングのITマーケット・クロック:2015年
    2016年2月19日
    F. Troni

    クライアント・コンピューティングにおけるテクノロジの中には、ITマーケット・クロック内を素早く移動してコモディティ化するものと、緩やかに移動して完全にはコモディティ化しないものがある。ITリーダーは、展開ロードマップの作成、価格の交渉、売却計画の策定、ポートフォリオの管理を行うために、テクノロジ別にそれぞれの機会とリスクを把握しなければならない。
  • Windowsアプリケーションの減少がもたらす変化と機会
    2016年2月19日
    M. Silver D. Smith

    一般的な企業で使用されているWindowsアプリケーションは、徐々に減 少している。ITアーキテクトとITオペレーション・マネージャーは、こ の減少がBYOD、ソフトウェア・ライセンス、ITオペレーション、サポー ト体制にどのような影響を及ぼすかを理解する必要がある。
  • 電子メール暗号化のマーケット・ガイド
    2016年2月10日
    N. Wynne P. Firstbrook

    デジタル・ビジネスにおけるやりとりが増大し、規制要件、個人情報保 護に関する懸念が拡大していることを受け、電子メール暗号化の市場が 活性化している。リスクおよびセキュリティ担当リーダーは、自社のビ ジネスの推進要因、ユースケース、要件に最も適した電子メール暗号化 製品を特定し、評価する必要がある。
  • ソフトウェア・デファインドWANのマーケット・ガイド
    2016年2月10日
    B. Munch S. Slaymaker A. Lerner N. Rickard

    本マーケット・ガイドでは、新興のソフトウェア・デファインドWAN市場を評価するとともに、商用利用できるソフトウェア・デファインドWANソリューションの代表的なベンダーを評価する。ネットワーク・マネージャーとネットワーク・アーキテクトは、ソフトウェア・デファインドWANソリューションの調査時に、本マーケット・ガイドを利用して最終候補リストを作成することができる。
  • スマート・マシン時代の幕開け
    2016年2月10日
    T. Austin B. Tratz-Ryan A. Linden F. Karamouzis W. Andrews

    ビジネス・リーダーとITリーダーは、自動運転システム、スマート・ビジョン・システム、仮想顧客アシスタント、スマート(パーソナル)エージェント、自然言語処理といったスマート・マシンがもたらす広範な機会を今後利用できるようになる。本リサーチノートでは、ガートナーの最近の重要なリサーチ内容をまとめて紹介する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright