ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー

ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年1月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年1月発行)

  • Salesforce、DreamforceにてSales Cloudの重要な新機能を発表
    2016年1月25日
    R. Desisto T. Travis

    Salesforceは、Lightning UIプラットフォームによりSales Cloud製品をアップデートし、Sales Waveアプリを発表するとともに、RelateIQの買収で得た新たな営業生産性のための機能を公開した。本リサーチノートでは、これらの機能強化を確認し、営業部門を支援するITリーダーにガイダンスを提供する。
  • モバイル・アプリの優先順位付けの意思決定フレームワーク
    2016年1月25日
    R. Marshall A. Leow J. Wong

    B2CとB2Eのモバイル・アプリの需要はいずれも爆発的に増加しているが、IT部門は求められている数のアプリを提供することに苦戦している。モバイル戦略の担当者は、意思決定フレームワークを利用して合理的な経営判断を下し、最大の価値を提供するモバイル・アプリ・プロジェクトを優先すべきである。
  • デジタル・ワークプレース実施戦略の策定
    2016年1月15日
    M. Cain T. Austin M. Gotta

    デジタル・エコノミーにおいて最大のビジネス成果を得るために、企業は、テクノロジ、人的資本、コンシューマー・トレンドを活用すべきである。ガートナーはITリーダーに対して、急速に変化するワークプレースとワークフォースの動きに後れを取らないよう、デジタル・ワークプレース戦略を策定することを推奨する。
  • デジタル・ビジネスの鍵を握る優れたモバイル・アプリケーション 開発戦略
    2016年1月15日
    T. Murphy

    モバイル・アプリは、かつての目新しい存在から、今や企業のビジネス戦略において重要な位置を占めるまでになっている。デジタル・ビジネスは、本質的にはソフトウェア駆動型のモバイル戦略である。このモバイル戦略で必要となるのは、アプリケーション開発の新たなスキル、およびビジネス・アプリケーションを支援するITリーダー間の調整である。
  • アジャイルへの移行におけるパイロット・プロジェクトの活用
    2016年1月15日
    T. Murphy

    アジャイルへの移行は課題をもたらすものであり、組織全体に展開する前に、まずパイロット・プロジェクトから小さく始めることが、重要なステップとなる。本リサーチノートでは、成功するパイロット・プロジェクトを進めるためのベスト・プラクティスを概説する。このガイダンスにより、アプリケーション開発リーダーはよくある落とし穴を回避することができる。
  • 日本におけるエンタプライズ・アプリケーション分野のリサーチ概要:2016年
    2016年1月15日
    H. Horiuchi K. Shiga K. Iijima K. Kawabe K. Motoyoshi Harutoshi Katayama T. Ono

    エンタプライズ・アプリケーションに関する2016年のリサーチでは、バイモーダルITの考え方を活用し、流動性を重視したアプリケーションの実現を推進すると同時に、堅牢性を重視したアプリケーションとの融合や、堅牢性を重視したアプリケーション自体の変革を実現するために、ITリーダーが「今」取るべき現実的な選択肢や留意点に焦点を当てる。
  • デジタル・ビジネスの鍵を握る優れたモバイル・アプリケーション 開発戦略
    2016年1月5日
    D. Feinberg M. Adrian N. Heudecker A. Ronthal T. Palanca

    オペレーショナル・データベース管理システム市場が再び活況を呈する中、既存の有力ベンダーに、新規参入ベンダーが対抗しようとしている。リーダー・クアドラントにおける変化、dbPaaSの強み、新興ベンダーと既存ベンダーにおける機能上の類似点などは情報マネージャーにとって特に興味深いであろう。
  • オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント
    2016年1月5日
    D. Feinberg M. Adrian N. Heudecker A. Ronthal T. Palanca

    オペレーショナル・データベース管理システム市場が再び活況を呈する中、既存の有力ベンダーに、新規参入ベンダーが対抗しようとしている。リーダー・クアドラントにおける変化、dbPaaSの強み、新興ベンダーと既存ベンダーにおける機能上の類似点などは情報マネージャーにとって特に興味深いであろう。
  • SaaS ERPの自動アップデートを生かす継続的プロセス改善の文化
    2016年1月5日
    C. Hestermann

    SaaSでは、新機能が自動的に提供されることから、ITリーダーはこうした定期アップデートを最大限に活用するために、ビジネス部門と協力し、ビジネス・プロセスを継続的に見直すべきである。
  • 従来の開発手法はモバイル・アプリに通用しない
    2016年1月5日
    V. Baker J. Wong

    モバイル・アプリ開発は、従来のデスクトップ・アプリケーションの開発とは異なるため、開発者はこれまでの手法とは違うベスト・プラクティスを取り入れる必要がある。アプリケーション開発のマネージャーは、機能、パフォーマンス、ロード、ユーザー・エクスペリエンスに関するテストだけではなく、アジャイル開発手法も利用すべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright