ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2015年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2015年12月発行)

  • SIEMテクノロジの展開方法
    2015年12月29日
    O. Rochford K. Kavanagh

    SIEMテクノロジは、初回の展開後に立ち往生する例が多い。SIEMテクノロジを展開中のITセキュリティ・マネージャーは、成果主導型のSIEMをベースにした段階的アプローチと、適切なSIEMアーキテクチャを採用する必要がある。
  • ストレージの戦略的ロードマップ:2015年
    2015年12月29日
    R. Kumar T. Haynes

    ストレージは、俊敏性と弾力性の向上、オンプレミス環境とクラウド環境の高度な統合、およびバイモーダル(2つの流儀の)ITのようなトレンドをサポートする可能性を秘めている。ストレージ・マネージャーとインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、管理の複雑化に伴う今後3〜5年間の過渡的なフェーズに備える必要がある。
  • ネットワーク・プランナーはバイモーダルITの影響に備える必要がある
    2015年12月29日
    B. Munch

    デジタル変革とバイモーダルITの影響により、これまでのネットワー ク・プランニングは、今後、役に立たなくなる。ネットワーク・プラン ナーには、計画外のビジネス・プロジェクトにネットワーク・ソリュー ションを順応させる能力が必要となる。
  • 今後5年間のエンドユーザー・コンピューティング投資をめぐる最善の選択
    2015年12月29日
    R. Kumar T. Haynes

    エンドユーザー・コンピューティングのニーズが急速に拡大しているが、 これは、従来のクライアント・コンピューティングでは実現できないモ ビリティや、アプリケーションとデータへの広範なアクセスを求める需 要によるものである。エンドユーザー・コンピューティングの担当マ ネージャーは、ユーザーのニーズに対して、コストとテクノロジの成熟 度の間でバランスの取れた投資の優先度を考慮しつつ、エンドユーザー・ コンピューティング環境を変革する必要がある。
  • スマート・マシンの注目ベンダー:2015年
    2015年12月29日
    T. Austin K. Brant M. Revang E. Perkins B. Manusma

    スマート・マシンは、日常的なテクノロジを変化させ、この10年間のビ ジネス機会に対する考え方に破壊的混乱をもたらしている。まさにゴー ルドラッシュのさなかにあるといえるが、この火付け役となった要因は、 人工知能アルゴリズムの改善、新開発のハイパフォーマンス・ハード ウェア、利用し理解するためのビッグ・データである。本リサーチノー トでは、注目ベンダー5社について解説する。
  • デジタル世界に向けた適切なデータセンター・オプションの選択方法
    2015年12月18日
    R. Kumar T. Haynes

    「力の結節 (Nexus of Forces)」と「モノのインターネット」の融合から、インテリジェンス、リスク、俊敏性のそれぞれに重点を置く3つのデータセンターの個性 (パーソナリティ) が生まれている。I&Oリーダーは、高い代償を伴う間違いを犯さぬよう、それらのデータセンター要件に対応しなければならない。
  • 2016年以降の戦略的展望:未来はデジタルなモノにあり
    2015年12月18日
    D. Plummer D. Morello V. Baker T. Austin C. Smulders J. Tully R. Valdes A. Sarner D. Furlonger K. Brant K. Moyer F. Karamouzis W. Andrews T. Hicks J. Heiser S. Fabre A. McIntyre D. Scheibenreif K. Hobert J. Sussin R. Marshall R. Smith M. Kihn M. Revang A. Leow J. Wong H. Poitevin

    スマート・マシンと自律的なデバイスの急速な拡大により、ビジネス・プラクティスと個人の行動に根本的な変化が生じようとしている。企業と個人は、人とマシンの調和のとれた関係を規定し確立する喫緊の必要性に直面している。
  • 統合システムのマジック・クアドラント
    2015年12月18日
    A. Butler G. Weiss S. Zaffos H. Aoyama E. Rasit P. Dawson

    統合システム市場は変化が激しく、流動的になっている。従来のブレード・アーキテクチャとSANを用いた統合システムに、ハイパーコンバージド統合システムが加わる一方で、ハードウェアとソフトウェアが分離されたシステムや、SDx(ソフトウェアで定義された何か)への取り組みが、本市場をさらに変革しようとしている。
  • Windows 10:導入を成功させるために知っておくべき10項目
    2015年12月18日
    S. Kleynhans

    Windows 10は、企業におけるPCや他のデバイスの利用方法、およびサポート方法を根本的に変える。本リサーチノートでは、CIOと上級ITマネージャーがWindows10について知っておくべき主要事項を分析する。
  • デジタル・ビジネスの注目ベンダー:2015年
    2015年12月15日
    B. Burton M. Gotta A. McIntyre T. Nielsen K. Vallid

    デジタル・ビジネスによって、さまざまな産業の形態とITの定義が変わりつつあり、デジタルの世界と物理的な世界の境界線が曖昧になることで破壊的な競争上の優位性が生まれている。CIOにこの変化を示すために、本リサーチノートでは複数の業界にわたって画期的なテクノロジ・ソリューションを提供する4社を紹介する。
  • セキュリティ情報/イベント管理のマジック・クアドラント
    2015年12月10日
    K. Kavanagh O. Rochford

    標的型攻撃とデータ侵害を早期に検知する必要性から、SIEMの新規展開および既存の展開環境を拡大する動きが続いている。先進的なユーザーは、高度なプロファイリングとアナリティクスでSIEMを強化しようとしている。
  • IBMのLinuxONEメインフレーム戦略はアジャイル・インフラストラクチャ を目指すが、モード2の適性を欠いている
    2015年12月10日
    M. Chuba G. Weiss

    IBMは、Linux on zに関するこれまでで最も包括的な発表において、インストール・ベースでのLinuxとOSSの採用拡大と、メインフレームを持たない組織でのメインフレームの利用促進を目指して、広範囲にわたるエコシステムを構築する意向を明らかにしている。しかし、IBMはモード2の俊敏性をメインフレームにいかに持ち込むかという課題に直面する。
  • クラウドIaaS戦略プランニングのベスト・プラクティス:ハイブリッド・クラウドだけではなくバイモーダルITを
    2015年12月10日
    L. Leong

    ITリーダーは、既存のインフラストラクチャの延長としてのハイブリッド・クラウド・アプローチだけではなく、バイモーダルITのアプローチを採用してクラウドIaaS戦略を策定する必要がある。クラウドIaaSはコモディティ化しないため、マルチクラウド管理アプローチを採用してもその有用性は大きく制限される。
  • Windows 10:PC上の頻繁な更新における対処方法
    2015年12月10日
    S. Kleynhans

    Windows 10では、MicrosoftによるOSの提供や更新の方法が大幅に変更され、すべてのユーザーがその影響を受ける。更新の計画と実装を担当するエンドユーザー・コンピューティング・マネージャーは、自社の既存プロセスが新しい更新サイクルに合致しているかを見直す必要がある。
  • 次世代ファイアウォールとUTMの製品市場は何が違うのか
    2015年12月10日
    G. Young J. D'Hoinne

    「エンタプライズ・ファイアウォール」と「UTM」は市場が異なり、同じテクノロジを指す2つの言葉ではない。セキュリティ・マネージャーは、1つの製品ラインで大企業と中堅・中小企業の両方のニーズに対処できるというベンダーの主張に注意しなければならない。
  • 高セキュリティ・モビリティ管理のクリティカル・ケイパビリティ
    2015年12月10日
    J. Girard D. Zumerle R. Smith

    高セキュリティ・モビリティ管理はエンタプライズ・モビリティ管理市場の1分野であり、極めて厳しいセキュリティ要件を抱える組織に対応する。セキュリティが最優先事項である場合、ITプランナーは、サポートしようとするプラットフォームごとにベスト・オブ・ブリードのソリューションを追求する必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright