ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー

ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2015年8月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2015年8月発行)

  • デジタル・パーソナライゼーションを活用してカスタマー・エクスペリエンスを充実させよ
    2015年8月25日
    P. Gillespie

    カスタマー・エクスペリエンス施策のサポートを責務とするITリーダーは、パーソナライゼーション・テクノロジを活用して、カスタマー・エクスペリエンスを充実させることができる。本リサーチノートでは、顧客が何を望み、パーソナライゼーションが何をもたらすかについて検証する。
  • インメモリ・コンピューティングとビッグ・データによる新たな速度ニーズに対応したアーキテクチャ
    2015年8月25日
    R. Edjlali, M. Pezzini

    インメモリ・コンピューティングが実現するスピード、スケール、リアルタイムのインサイトは、デジタル・ビジネスの革新を推進している。ビジネス・モーメントのリアルタイム処理を追求している情報アーキテクトやマネージャーは、情報インフラストラクチャを発展させるために本リサーチノートを活用されたい。
  • ビッグ・データ向けインメモリ・コンピューティング・テクノロジの選定方法
    2015年8月25日
    M. Pezzini, K. Schlegel, R. Edjlali, N. Heudecker, K. Guttridge

    デジタル・ビジネス・モーメントに対処するに当たり、企業は、これまでになく大規模で動きの速いデータセットのリアルタイム・アナリティクスに対応するために、インメモリ・コンピューティング機能をしばしば採用しなければならない。しかし、情報管理に当たるリーダーにとって、どのIMCテクノロジが自社のビジネス・ニーズに最適であるかは、あまり明確でない。
  • アジャイル方法論への移行に求められる個人 (Me) からチーム (We) への文化的転換
    2015年8月25日
    M. Hotle, D. Norton, N. Wilson

    アジャイル方法論に移行するアプリケーション・リーダーは、新しいアジャイル・チームを完全に実現する上で求められる文化的な転換に注力する必要がある。
  • ライフサイクル全体を考慮したモバイル・アプリ・ベンダーの選定
    2015年8月25日
    V. Baker

    モバイル・ソフトウェア開発ライフサイクルのあらゆる側面を扱う能力は、ベンダーによって異なる。モバイル・アプリ開発チームは、モバイル・アプリのソフトウェア開発ライフサイクルを評価することで、ベンダーの能力と自社のニーズをマッチさせるべきである。
  • デジタル・ワークプレースの組織変更の緊急課題
    2015年8月14日
    E. Olding, M. Cain, M. Gotta

    デジタル・ワークプレースへの大規模な取り組みによって、組織は大きく変化する可能性がある。デジタル・ワークプレースを推進するITリーダーおよびデジタル・ワークプレース推進担当者は、本リサーチノートに挙げるプラクティスを活用することで、メリットを得られる。
  • デジタル・ワークプレースを成功に導く企業マニフェストの策定
    2015年8月14日
    M. Cain, M. Gotta, C. Rozwell

    従業員にデジタル・ワークプレースの規範的なガイダンスを提供する際には、中核原則と期待される成果を平易な言葉で提示するとともに、自社の企業文化と価値を織り込む必要がある。ITリーダーは、デジタル・ワークプレースの企業マニフェストを策定すべきである。
  • SAP Hanaソリューションの主要なユースケース:2015年
    2015年8月14日
    D. Prior, D. Feinberg, M. Pezzini, N. Rayner, R. Edjlali, L. Samolsky

    SAP Hanaに関心のあるCIOとITリーダーは、急速に発展するHanaインメモリ・テクノロジの製品/サービスにおける主要なユースケースを理解する必要がある。
  • アジャイルの7つの教訓をモード1の開発に適用する
    2015年8月14日
    M. West, N. Wilson

    アジャイル・プラクティスは、ソフトウェアのデリバリにおいて実績のある効果的な手法へと成熟している。本リサーチノートに示す7つのアジャイル・プラクティスを、信頼性を重視する「モード1」のソフトウェア開発プロジェクトに適用するマネージャーは、コスト効率、パフォーマンス、保守の容易性、ユーザー満足度において、モード1の目的に合致した改善を実現することができる。
  • 日本コンテキスト版:ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアの マジック・クアドラント
    2015年8月10日
    K. Shiga

    日本におけるワークプレースのソーシャル・ソフトウェア市場では、初期の段階に専用ソフトウェアが先駆けとなったが、メインストリーム市場向けには、従来のグループウェアがソーシャル・ソフトウェアを取り込む形で進化している。
  • テキスト・アナリティクスのテクノロジ概要
    2015年8月5日
    E. Thompson, K. Collins, D. Kohler. B. Manusama, T. Travis

    テキスト・アナリティクスは、広範で多彩なユースケースにわたっている。本リサーチノートは、そのメリットとリスク、そして、さまざまな形態で提供されるソリューションの中からいずれを選択すべきかについて検証する。
  • テキスト・アナリティクスに向けたデータ前処理の4つの課題
    2015年8月5日
    A. Duncan

    アナリティクス・リーダーは、テキスト・アナリティクスによるビジネス価値の創出に成功したいのであれば、アナリティクスとしての利用に先立ち、本来のビジネス・コンテキストを導き出せるよう、テキスト・データに前処理を施す必要がある。
  • アプリケーション・サービス・ガバナンスのマジック・クアドラント
    2015年8月5日
    P. Malinverno

    APIエコノミーの成長、アプリケーション合理化のニーズの拡大、デジタル・ビジネス・アプリケーションに対する破壊的なニーズにより、アプリケーション・サービス・ガバナンス・テクノロジとクラウド・サービスの市場は今後も大きく変化し続ける。
  • 統合リーダーが理解すべき統合デリバリの5つのアプローチ
    2015年8月5日
    K. Guttridge

    複数の独立したチームが統合機能を提供するようになる中、ツールの増加と重複作業のリスクが、多くの企業にとって現実となっている。統合リーダーは、統合のさまざまなデリバリ形式を理解し、それぞれに適切なテクノロジとメソッドが使用されるようにすべきである。
  • PaaSの主要トレンド:2015年
    2015年8月5日
    Y. Natis

    企業が次第にクラウドを戦略的なITの将来像と見なすにつれて、多くの形態の「サービスとしてのプラットフォーム」が、プライベートもパブリックも勢いを増している。本リサーチノートでは、ITプランナーや戦略的なアーキテクトを対象に、こうした勢いの推進要因とトレードオフを探る。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright