ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2015年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2015年5月発行)

  • 情報セキュリティの組織や人材に関するFAQ (CIO向け)
    2015年5月29日
    M. Ishibashi

    デジタル・ビジネスへの取り組みが始まろうとしている中、企業の情報 セキュリティに関し、「人材」が重要な要素になりつつある。これまで、 何らかの情報セキュリティの「組織」があれば、何となくセキュリティ が確保できているとイメージされたことがあったが、それは明らかに間 違いである。本リサーチノートは、組織と人材に関してCIOからよく寄 せられる素朴な質問を、FAQとしてまとめたものである。
  • x86サーバ仮想化インフラストラクチャのクリティカル・ケイパビリティ
    2015年5月29日
    T. Bittman, P. Dawson

    サーバ仮想化ソリューションは成熟しており、個別のユースケースを ターゲットにしている。ガートナーは、ITリーダーが製品の機能と自社 のビジネス目標が合致するかを比較する際に評価すべき、12項目のクリ ティカル・ケイパビリティと3種類の固有のユースケースを特定している。
  • 企業はWebスケールITに注目し、実現に向けて着手せよ
    2015年5月29日
    C. Haight

    WebスケールITは、多くのIT部門にとって「目指すべき能力」という意 味合いが強いが、既に、その重要な要素の多くを企業が利用できる段階 になっている。本リサーチノートでは、Webスケールを実現する重要な テクノロジとプロセスの成熟度を評価する。
  • ベンダー評価:VMware
    2015年5月29日
    C. Haight, R. Colville, T. Bittman, L. Leong, T. Cosgrove,
    N. Hill, A. Chandrasekaran, M. Warrilow, G. Spivak, D. Smith,
    C. Fletcher, M. Fabbi, S. Buchanan

    VMwareは、仮想インフラストラクチャ・プロバイダーからデジタル・ ビジネスのイネーブラーへと変身を続けている。
  • エンドポイント保護プラットフォームの購入ガイド
    2015年5月29日
    P. Firstbrook, N. MacDonald

    エンドポイント保護プラットフォームには、さまざまな機能がある。購 入企業がソリューションの相違点を確認するガイドとして本リサーチ ノートを利用できるよう、最先端の機能を列挙する。
  • デジタル・ビジネスに必要なデータセンターの3つの個性
    2015年5月20日
    R. Kumar

    CIOは、モノのインターネットとともにNexus of Forces (クラウド、 ソーシャル、モバイル、インフォメーション) がもたらす影響により、 データセンターの価値を再考せざるを得なくなりつつある。インフラス トラクチャとオペレーションのリーダーは、妥当性、費用対効果、付加 価値に関する3つの個性を、データセンターに授ける必要がある。
  • アジャイル・インフラストラクチャの実現にはコンテナが必要不可欠 である
    2015年5月20日
    T. Bittman, D. Smith

    アジャイル開発とマイクロサービス・アーキテクチャの実現に不可欠な テクノロジとして、コンテナが登場している。I&Oリーダーは、VM中心 のアーキテクチャを拡張する手段として、コンテナをサポートする計画 を策定する必要がある。
  • サーベイ・アナリシス:情報セキュリティ関連法のセキュリティ投資 への影響
    2015年5月20日
    Y. Isoda

    昨今のサイバー攻撃、内部不正やミスによる情報漏洩、さらにはプライ バシー侵害といった事件の発生を受け、日本においても情報セキュリ ティ関連法の整備が急ピッチで進められている。本リサーチノートでは、 2015年3月にガートナーが実施したユーザー調査の結果から、関連法 (マイナンバー法、サイバーセキュリティ基本法、個人情報保護法の改 正) による全体的な影響を分析し、ユーザー企業、および情報セキュリ ティ関連ベンダー/プロバイダーに向けた推奨事項を述べる。
  • マイナンバー対応で求められる情報セキュリティ対策
    2015年5月20日
    Y. Isoda

    2015年10月にマイナンバー制度が施行されることを受け、同制度に関連 したセキュリティ対策への関心が高まっている。本リサーチノートでは、 マイナンバー法が情報セキュリティ対策に与える影響を分析し、ユーザー 企業に向けた推奨事項を述べる。
  • 個人情報保護法の改正の動向と情報セキュリティ
    2015年5月20日
    Y. Isoda

    国内における大規模な個人情報流出の事件の発生や、プライバシーに関 する議論を背景として、個人情報保護法の改正の動きが進んでおり、世 間の関心も一段と高まっている。本リサーチノートでは、個人情報保護 法の改正の動向を分析し、ユーザー企業、および情報セキュリティ関連 ベンダー/プロバイダーに向けた推奨事項を述べる。
  • デジタル・ビジネスにおけるプライバシーとパーソナライゼーション に関する10のベスト・プラクティス
    2015年5月20日
    P. Gillespie, F. Buytendijk

    デジタル・ビジネスの担当、あるいは最高マーケティング責任者と共同 作業を行っているITリーダーは、顧客とのかかわり方を効果的なものに するために、プライバシーとパーソナライゼーションの間でバランスを 取る要件を理解する必要がある。ガートナーは、カスタマー・エクスペ リエンスを豊かにするパーソナライゼーションのベスト・プラクティス を特定している。
  • サーバ、データセンター、クラウドの暗号化戦略を策定する
    2015年5月8日
    B. Lowans

    企業は、データ・ストレージ環境および暗号化ソリューションの複雑さと、種類の多さに直面している。最高情報セキュリティ責任者は、サーバからクラウドに至るまで、さまざまなオプションを通して暗号化に向けた計画を立案し、個々のオプションの制限事項を評価し、暗号化の採用時期を把握しなければならない。
  • Microsoftが.NETコンポーネントをオープンソース化:その影響と機会とは
    2015年5月8日
    M. Driver

    Microsoftは、オープンソースの.NET Coreプラットフォームをリリースしたことで自社のアプリケーション・フレームワークをWindowsから切り離して開放し、次世代アプリケーション開発の課題に注力しているADマネージャーのニーズや期待に応えるべく、取り組みを改善している。
  • 「ブライト・ボックス」は将来のデータセンター・ネットワーク機器の選択肢になる
    2015年5月8日
    A. Lerner, J. Skorupa

    ネットワークの意思決定者が、スイッチに対する従来のアプローチに代えて「ブライト・ボックス」を採用すると、コストの削減、管理の改善、長期的なイノベーションを実現できる。ただし、注意事項がいくつかあるため、最も有効なタイミングと分野を本リサーチノートで解説する。
  • データセンター移行:時間とコストの節約につながる教訓
    2015年5月8日
    D. Cappuccio

    データセンター移行プロジェクトの多くは、期待事項全体に対応できず、予定どおりに完了することはまれである。CIOとデータセンター・マネージャーは、本リサーチノートで解説する勘所に注力することにより、移行プロジェクトの脱線と予算超過を確実に防ぐことができる。
  • クラウドをめぐる10の誤解
    2015年5月8日
    D. Smith

    クラウド・コンピューティングは、周囲を取り巻く混乱とハイプの影響を特に受けやすい。本リサーチノートでは、CIOが注意すべき一般的な俗説を検証する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright