ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2014年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2014年12月発行)

  • IT投資効果を測定する際のKPIの設定ポイント:ビジネス部門とIT部門の両方の視点を考慮する
    2014年12月25日
    H. Katayama

    新規投資案件に関する投資効果を測定するために、まずはKPIを設定し、 投資によるKPIの改善度をビジネス効果、さらには金銭的価値に置き換 えることができれば、設備投資と同様の評価が可能になる。しかし金銭 的価値に容易に換算できるKPIは多くない。KPIの改善度のみや定性評価 など、金銭的評価ができない部分の価値も含めながらIT投資の承認を得 ようとする企業が多いのが実態である。本リサーチノートでは、少しで も多くのKPIを金銭的価値に換算できるようにするために、KPIの設定方 法のポイントを紹介する。
  • シャドーITを受け入れて価値を創造する
    2014年12月19日
    S. Mingay

    IT組織は、「シャドーIT」への見解を改め積極的に関与することで、 サービス提供の仕組みとしてこれを利用する実務慣行を取り入れる必要 がある。ただし、リスクを軽減し価値を高めるためのいくつかの制限お よび、説明責任の明確化が必要となる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright