ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年12月発行)

  • 特権アカウント管理のマーケット・ガイド
    2014年12月29日
    F. Gaehtgens, A. Singh

    特権アカウントのアクセスを管理する体制の確立が、依然として企業と 監査人の関心の的になっている。セキュリティ・リーダーは、特権アカ ウントのインベントリ作成、分類、利用に対処する準備を整える必要が ある。本市場は盛況であり、これらの作業に役立つツールの多くの選択 肢が用意されている。
  • 2015年以降の戦略的展望トップ10:デジタル・ビジネスが推進する「巨大な変化」
    2014年12月29日
    D. Plummer, L. Fiering, K. Dulaney, M. McGuire, C. Rold, A. Drobik, A. Sarner, W. Maurer, F. Karamouzis, J. Lopez, R. Handler, E. Perkins, A. Frank, E. Olding, A. McIntyre, J. Short, K. Welch, M. Shanler, R. Jivan, J. Sorofman, B. Taylor, J. Polk

    デジタル化とデジタル・ビジネスを起爆剤として生じる変化は、人間と マシンの関係に影響し、カスタマー・エクスペリエンスの改善に寄与す る。ITリーダーは、ガートナーの展望をプランニングの際の仮説事項と して利用し、それに基づいて自社の戦略計画を策定する必要がある。
  • 「サイバー・キル・チェーン」を理解する
    2014年12月19日
    C. Lawson

    サイバー・キル・チェーン・モデルは、企業に対する侵入、潜伏、データ 引き出しのサイクルを攻撃者がどのように利用しているかを示すことが できる。キル・チェーンを理解することで、最高情報セキュリティ責任者 は、セキュリティ体制を変更することができる。
  • デジタル・ビジネスに向けた予算編成:オペレーショナル・テクノロジの重要性
    2014年12月19日
    K. Steenstrup

    オペレーショナル・テクノロジに多額の投資を行っている企業は、これ まで以上にコストを包括的に管理する必要がある。IT支出のみを重視し てきたCIOは、オペレーショナル・テクノロジ・システムへの投資や、 現在オペレーショナル・テクノロジ・システムを管理している部門につ いて理解し、それらに適応するために本リサーチノートを活用すること ができる。
  • Windows XPの二の舞を回避:Windows 7の移行計画に今から着手せよ
    2014年12月19日
    S. Kleynhans, M. Silver

    Windows 7のサポート終了は、はるか先のことのように思われる。しか し、次期Windows (Windows 10) のリリース予想時期からWindows 7のサ ポート終了予定までの期間は、Windows 7のリリースからWindows XPの サポート終了までと同程度しかない。CIOとエンドポイント・コン ピューティング部門のマネージャーは、問題を回避するために、今から プランニングを開始する必要がある。
  • データベースのセキュリティにはDAPの9つのクリティカル・ケイパビリティを適用する
    2014年12月10日
    B. Lowans

    ITリーダーは、異なるベンダーから調達され急速に拡大しているデータ ベース群のセキュリティを管理しようとする際に、複雑な問題に直面す る。組織内外で高まる脅威と規制強化の環境が、集中管理型データベー ス・セキュリティのニーズを複雑にしている。
  • スマート・マシンによるデジタル・ビジネス・イノベーション
    2014年12月10日
    T. Austin, H. LeHong

    スマート・マシンのイノベーションは始まったばかりである。現状では、 一部の先駆的スマート・マシンや不完全なサブセットが見られる状態で あり、市場はまだ発展途上である。しかし、スマート・マシンに関連す るテクノロジを早期に適用することにより、特にアーリー・アダプター は、将来の競争優位を獲得する絶好の機会を得ることができる。企業は、 理想的なソリューションが完成するのを待つだけではなく、ビジネス価 値の追求に向けて、直ちにスマート・マシンに関する何らかのアクショ ンを行う必要がある。
  • クラウド・コンピューティングのハイプ・サイクル:2014年
    2014年12月10日
    D. Smith

    昨今のIT業界において、クラウド・コンピューティングはハイプ状態が 最も顕著に見られるトピックの1つである。一方で、クラウド・コンピュー ティングは、IT全体にとってますます必須の概念となりつつある。本ハ イプ・サイクルでは、そのさまざまな側面に注目し、クラウド・コン ピューティングに関連するテクノロジをガートナーのハイプ・サイクル 曲線上に位置付ける。
  • ソフトウェア・デファインド・データセンターの価値とは
    2014年12月10日
    D. Scott, D. Russell, J. Skorupa, P. Dawson, N. MacDonald

    「SDx」は業界の新たな流行語となっている。本リサーチノートでは、 ベンダーの「マーケテクチャ」をひと通り紹介し、ソフトウェア・デ ファインド・データセンターとその価値提案、および、ベンダーのハイ プや製品を識別する手掛かりとして企業が利用できる主な特性を明らか にする。
  • モビリティがもたらすデジタル・ビジネス・モーメント
    2014年12月10日
    N. Jones

    モバイル・デバイスとモバイル・アプリによって、デジタル・ビジネス・ モーメントが発生し、新たな価値を顧客と従業員にもたらす。一方で、 ITリーダーは、これらが突き付ける課題を理解し、それらに対処しなけ ればならない。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright