ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年11月発行)

  • SaaS/クラウドによるビジネス・アプリケーションのカスタマイズ戦略の策定
    2014年11月25日
    C. Hestermann

    SaaSによるビジネス・アプリケーションは、修正のアプローチがオンプレミス・ソリューションとは異なるため、アプリケーション・マネージャーは、自社のカスタマイズ戦略を調整する必要がある。クラウドにおいては、適切なアプリケーションを選定し、修正を最小限に抑えることがより重要になる。
  • アプリケーション開発におけるDevOpsとWebスケールITの影響
    2014年11月25日
    N. Wilson

    最先端のWebスケール企業は、DevOps手法を採用して、開発とデプロイを統合し、修正と改良の継ぎ目のないパイプラインを形成している。こうしたWebスケールの開発手法は、加速するビジネス・ニーズへの対応に苦戦するすべてのアプリケーション開発チームにとって手本となるものである。
  • 統合型ソフトウェア品質管理スイートのマジック・クアドラント
    2014年11月25日
    M. Driver, R. Valdes, T. Murphy, D. Norton, N. Wilson, M. Sobejana

    テストは、ソフトウェア開発ライフサイクルにおける主要なプロセスの1つである。本市場は、ユーザーがより成功を収められるよう着実に成熟してきたが、アジャイル手法、モバイル・コンピューティング、クラウド・プラットフォームなどのテクノロジの変革は、テストにかかわる担当者やマネージャーにとって、ベンダー評価を複雑なものにする恐れがある。
  • Webコンテンツ管理のマジック・クアドラント
    2014年11月25日
    M. MacComascaigh, M. Gilbert, J. Murphy, G. Tay

    Webコンテンツ管理は、もはやWebページを作成するためだけのツールではなく、デジタル戦略の効果を高めるために不可欠なソフトウェアとなっている。Webコンテンツ管理を担当するITリーダーは、そのすべての価値が提供される幅広い背景から、ソフトウェアの機能を検討すべきである。
  • CRMイノベーターのサンドボックス
    2014年11月25日
    K. Collins

    ITリーダーは、CRMイノベーターのサンドボックスを使用することで、CRMビジネス・リーダーがより俊敏に顧客関連の革新を達成できるように管理された環境をサポートしつつ、こうした革新をその成熟と安定化に伴って広範囲に拡大できるよう、リスクを最小化し、技術的な事前調査を確実にすることができる。
  • デジタル・ビジネスを目指す新たな統合戦略とテクノロジ
    2014年11月14日
    B. Lheureux, M. Pezzini, J. Thompson, K. Guttridge

    デジタル・ビジネスの取り組みによって、新たな統合要件が生じている。中堅企業や大企業のITリーダーは、統合の革新的アプローチに投資し、コア・アプリケーション・インフラストラクチャを刷新する必要がある。
  • アプリケーション開発のハイプ・サイクル:2014年
    2014年11月14日
    T. Murphy, N. Wilson, M. Sobejana

    デジタル・ビジネスの需要は、ITが提供するアプリケーションだけでな く、ITの在り方をも変えている。ツール類はクラウドやソーシャルのメ カニズムの採用による影響を受けているが、市場が急速に進化する中で、ソリューションの多くは未成熟である。
  • メインフレームの近代化:成功のための4つの鍵
    2014年11月14日
    D. Vecchio

    アプリケーション・マネージャーとCIOは、メインフレームの近代化プ ロジェクトに責任を持ち、その成功には統制の取れたアプローチが必要 である。メインフレーム・アプリケーションの近代化にかかわる文化的 側面、スキルの違い、プロセスの変化、プラットフォームの意思決定に 対応できるかどうかに、成否がかかっている。
  • デジタル・ワークプレースによる組織の俊敏性の向上
    2014年11月14日
    M. Cain, M. Gotta

    デジタル・ワークプレースは、新たな、より効果的な働き方を可能にし、従業員の関与と俊敏性を高め、消費者指向のスタイルやテクノロジを開拓する。優れたデジタル・ワークプレースは、ソーシャル、モバイル、アクセス、データ駆動の面でより優れた作業環境を生む。
  • IBM Notes/Dominoのレガシー・アプリケーションを移行するためのフレームワーク
    2014年11月14日
    G. Tay, J. Duggan, T. Austin

    電子メール・アプリケーションであるIBM Notes/Dominoからの移行を完 了した企業も、それぞれ数百ないし数千本のIBM Notes/Dominoアプリケーションを抱えている。本リサーチノートでは、エンタプライズ・アーキテクトがミッション・クリティカル・アプリケーションとそれ以外のアプリケーションの両方に適したロードマップを特定できるフレームワークを解説する。
  • デジタル化に備えたコアを提供するためのERPリノベーション
    2014年11月5日
    C. Hardcastle

    ERPソリューションは、新たなビジネス施策に対応するために、目的に合ったものでなければならない。しかし、IT部門は、重要な改善のためにビジネス部門の関与や資金提供を確保することにしばしば苦戦している。ERP担当のリーダーは、本リサーチノートに示すベスト・プラクティスに従いERPソリューションを「改修」することで、企業のデジタル化を支えるべきである。
  • 営業支援のマジック・クアドラント
    2014年11月5日
    R. DeSisto

    営業アプリケーションの担当マネージャーは、SAPとOracleによるクラウド製品の存続力の改善が、従来のオンプレミス・ベンダーにおけるSaaSへの進化を強調していることに気付くであろう。しかし、依然として市場をリードしているのはsalesforce.comである。
  • EAによる顧客重視型デジタル戦略の支援に役立つ7つのベスト・プラクティス
    2014年11月5日
    M. Blosch, E. Thompson

    多くの企業にとってデジタル戦略の中心は顧客であるため、エンタプライズ・アーキテクトは、顧客の視点を定義し、基盤となるアーキテクチャにその視点を結び付けるべきである。自社のデジタル戦略と、その戦略におけるカスタマー・エクスペリエンスの要素を見直し、求めるビジネス成果を見極めなければならない。
  • 機械学習はデジタル・ビジネスを牽引する
    2014年11月5日
    A. Linden, N. Tohamy, L. Kart, C. Patrick, S. Jacobson, W. Capelli

    機械学習は、この10年間において最も広範に活用されたテクノロジの1つであるが、デジタル・ビジネスにおいてその牽引力を一層拡大することになる。本リサーチノートでは、デジタル・ビジネスのアーキテクトを対象に、本テクノロジの基本、メリット、落とし穴、豊富なユースケースについて検討する。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright