ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2014年10月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2014年10月発行)

  • サーベイ・アナリシス:日本におけるグローバル・ソーシングの取り組み状況
    2014年10月31日
    Y. Adachi

    グローバル・ソーシングの成功においては、主流となっているロケーションや分野を把握することが不可欠である。本リサーチノートでは、2014年5月に日本企業に対して実施した調査の結果を基に、日本におけるグローバル・ソーシング (オフショアリング、ニアショアリング) の動向と課題を解説する。
  • 日本のソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2014年
    2014年10月24日
    S. Yamanoi

    本ハイプ・サイクルでは、日本のITサービス市場における主要なキー ワードを取り上げ、2014年における期待度と成熟度の相関をハイプ・サイクル上にマッピングしている。2014年版では、市場の変化やガートナーの顧客からの意見・要望なども加味し、27個のキーワードを選定している。
  • モバイル・アプリ開発パートナーの選定方法
    2014年10月15日
    R. Marshall, J. Wong

    優れたモバイル・アプリを作成するには、先進的なスキルと共に、短期間での市場投入や俊敏性が要求される。これらの要求を社内で満たすことができない場合、ITリーダーが開発業務をアウトソースする例は多い。ただし、アウトソーシングには固有のリスクが伴う。本リサーチノートでは、モバイル開発パートナーを起用する際のリスク低減につながるベスト・プラクティスを示す。
  • リスト・プライスではなく取引条件の競争力を重視せよ
    2014年10月15日
    S. Zaffos

    ストレージ・システムのリスト・プライスが公表されなくなったため、CIOと購入担当者はベンダーから提示されたリスト・プライスの妥当性に確信が持てない。しかし、初期の導入コストと保有コストを重視する企業は、ストレージ・システムを購入またはアップグレードする際に、このような懸念を無視しても支障はない。
  • SaaSにおけるサービス・レベル管理の基本
    2014年10月15日
    Y. Adachi

    本リサーチノートでは、サービス・レベル管理の観点からSaaS契約に固有の特徴と課題を整理し、対策を解説する。ITリーダーは、本リサーチノートをガートナーの関連ツールキットと併用することで、SaaS契約におけるサービス・レベル管理を向上させることができる。
  • ITサービス市場のマーケット・ガイド:日本
    2014年10月3日
    S. Yamanoi

    本リサーチノートは、日本のITサービス市場を概説し、企業のITリーダーが本市場の独自性を理解し、ソーシング戦略を効果的に計画遂行できることを目的として書かれている。なお、本リサーチノートは、日本市場に参入しているか、参入を計画している外国企業のITリーダーを対象に英文で書かれたものの和訳である。したがって、日本国内の読者から見れば、初歩的と思える既知の内容も一部含まれている。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright