ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年7月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年7月発行)

  • 日本のITリーダーがOSS人材スキルを強化するための
    「7つの正攻法」

    2014年7月31日
    H. Aoyama
    ガートナーは、2014年4月に開催した「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット」にて、OSSの人材スキルに関するワークショップを実施した。本リサーチノートでは、ワークショップでの演習や議論されたポイントを含め、OSS人材スキルの強化に向けたアプローチの例や、7つの正攻法を提示する。
  • 統合インフラストラクチャ・システムにおける
    クラウド管理プラットフォームのマーケット・ガイド

    2014年7月31日
    D. Scott, M. Govekar
    クラウド管理プラットフォームの登場から5年以上が経過した今でも、本市場は未成熟なままである。本リサーチノートは、ベンダーの戦略を分析し、統合インフラストラクチャ・システムに合わせて最適化されたCMPを評価/選定する方法をIT部門のインフラストラクチャとオペレーションのリーダーに提示する。
  • オープンソース・クラウド管理プラットフォームの
    マーケット・ガイド

    2014年7月31日
    M. Govekar, D. Scott, R. Colville
    クラウド管理プラットフォーム市場には、オープンソース・プロジェクトとオープンソース・ベンダーが提示する期待事項が満ちあふれている。本リサーチノートでは、本市場の主要プレーヤー数社について解説し、各社の強みと課題を評価することで、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーによる適切な意思決定を支援する。
  • 大手ソフトウェア・ベンダーと新興ベンダーの
    クラウド管理プラットフォームのマーケット・ガイド

    2014年7月31日
    R. Colville, D. Scott, M. Govekar
    クラウド管理プラットフォーム (CMP) 市場には、さまざまな市場セグメントからベンダーが参入しており、それらの提供するソリューションの完全性も多様である。本マーケット・ガイドでは、CMP市場を解説し、大手ITオペレーション管理ベンダー、ソフトウェア・インフラストラク チャ・スタック・ベンダー、新興ベンダーのCMP戦略に関する知見をITオペレーション・マネージャーに提示する。
  • 高度な標的型脅威を緩和するためのベスト・プラクティス
    2014年7月31日
    L. Pingree, N. MacDonald, P. Firstbrook
    本リサーチノートでは、情報セキュリティの実務担当者を対象に、既存および新興のセキュリティ・テクノロジを活用することによって高度な標的型マルウェアの攻撃を緩和する、戦略上および戦術上のベスト・プラクティスを提示する。
  • 高度な標的型攻撃対策:エンドポイントの
    検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド

    2014年7月18日
    P. Firstbrook, N. MacDonald
    大多数のセキュリティ担当部門では、十分なスピードで標的型攻撃を検知し対処することができていない。高度な攻撃に対するエンドポイント上のソリューションとして、徹底的な防御、検知、対応を可能にする専用ソリューションの市場が出現しつつある。
  • 現在のサーバ・ベンダーは10年後、生き残っているか
    2014年7月18日
    G. Weiss
    今後5年間に、現在利用中のサーバ・ベンダーのうち少なくとも1社は実質上市場競争から脱落し、今日予想し得ない新しいベンダー関係が自社のインフラストラクチャに生じる可能性は相当に高い。本リサーチノートでは、I&Oリーダーがそのようなリスクを最小限に抑える方法につい て論じる。
  • DDoS攻撃による被害を抑える8のステップ
    2014年7月10日
    L. Orans
    DDoSをめぐる状況が2012年以降大きく変化しているため、多くの企業では現在のDDoSの脅威に対応する準備が整っていない。重要なプロセスを事前に確立しておくと、DDoS攻撃の影響を緩和できる。
  • Q&A:Windows XPのサポート終了に関するガートナーの見解
    2014年7月10日
    E. Hariu
    2014年4月9日 (日本時間)、MicrosoftによるWindows XPのサポートが終了した。これに関して、ガートナーには顧客企業から多くの質問が寄せられてきた。本リサーチノートでは、Windows XPのサポート終了に関す る影響や企業のクライアントOSの利用状況などについて、質疑応答形式で見解を述べる。
  • 新興テクノロジのビジネス・インパクトを評価する:3段階フレームワーク
    2014年7月10日
    S. Prentice
    新興テクノロジのインパクトは、しばしば当初の導入範囲を大きく超えた領域にまで及ぶ。本リサーチノートでは、新興テクノロジによって実現し得る一回り大きな機会をCIOとビジネス・リーダーが評価するためのフレームワークについて解説する。
  • 非常に破壊的なユニファイド・コミュニケーション技術が
    業界の再編成を推し進める

    2014年7月10日
    B. Elliot, S. Blood
    本リサーチノートでは、ユニファイド・コミュニケーション市場の発展を方向付けようとしている非常に破壊的な5つのUC技術について説明する。ITリーダーとプランナーは、それぞれの技術が企業と製品に対して及ぼす影響を把握するとともに、破壊と混乱に備える方法を理解する必要がある。
  • ベスト・プラクティス:日本の製造業が東南アジアに進出する際に
    読んでおきたい3つのケーススタディ

    2014年7月10日
    M. Ishibashi
    日本企業が海外に拠点を構え、ITシステムを構築した場合、どのようなセキュリティ対策やリスク・マネジメントを実践しているのであろうか。本リサーチノートでは、東南アジアにおけるケーススタディを集め、そこにどのような特徴が見られるのかを解説し、ユーザー企業に指針を提示する。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright