ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年3月発行)

  • クラウド・ストレージのTCOを算定する方法
    2014年3月31日
    G. Ruth, P. Rinnen, A. Chandrasekaran
    クラウド・ストレージの経済性は、1GB当たりのコストだけでなく、オンプレミス・ストレージに代わる魅力的な選択肢となり得る多くの要因 に左右される。総合的なビジネスケースを作成しないと、ITリーダーはミスを犯して資金を無駄にすることになる。
  • 次世代ネットワークIPSの定義
    2014年3月31日
    C. Lawson, A. Hils
    脅威は、巧妙な攻撃と連続した攻撃により、その被害が深刻化している。次世代ネットワークIPSは、これらの脅威にうまく対処して、業務への 損害とレピュテーションへのダメージを防止できるものでなければならない。本リサーチノートでは、次世代ネットワークIPSに必須の重要な 機能のほか、対処できる脅威とできない脅威を解説する。
  • ITとOTの整合と統合のメリットを実現する
    2014年3月31日
    K. Steenstrup
    ITシステムとOTシステムの整合と統合を強化する企業は、コスト削減、リスクの最小化、プロジェクト所要期間の短縮、オペレーション・デー タの利用、収益の段階的拡大というメリットを享受できる。競合他社に先駆け、CIOによる計画的アプローチを伴った対応が取れれば、そこに 優位性が生じる。
  • 自社構築型ストレージ (BYOS) の選択肢
    2014年3月31日
    V. Filks, A. Chandrasekaran
    ストレージ・ソフトウェアと業界標準のコモディティ・ハードウェアからストレージ・アレイを構築すること (BYOS: Build Your Own Storage) により、ストレージ調達コストの削減とベンダーによる囲い込みの緩和を図ることができる。ITリーダーは、この破壊的かつ革新的なテクノロ ジを活用する時期と方法について評価する必要がある。
  • 変化するIBMメインフレーム市場
    2014年3月31日
    D. Vecchio
    IBMメインフレームは進化しているが、多くの理由により、今後、メインフレーム顧客の間で、このプラットフォームから別のプラットフォー ムへの移行に対する関心が高まるであろう。
  • 2014年の展望:コンテンツの大規模化、複雑化、パーソナル化が加速する
    2014年3月25日
    K. Shegda, W. Andrews, K. Chin, M. Gilbert, H. Koehler-Kreuner, G. Tay
    多様なコンテンツの爆発的な増加は、企業におけるコンテンツの活用と管理をさらに困難なものとしている。コンテンツ管理に向けたツールは、 ユーザー・ニーズの変化に対応できていない例が多いため、ITリーダーは本リサーチノートの展望を基に、コンテンツの活用を戦略的に進めて いくべきである。
  • 2014年の展望:自動化はITオペレーション管理に希望をもたらすが、コストはどうか
    2014年3月25日
    J. Greene, G. Spafford, R. Naegle, J. Brooks, I. Head, R. Colville
    ITオペレーション部門は、関連コストを削減しつつ、ビジネス部門に対する価値提案を充実させるよう、プレッシャーを受け続ける。この目標 を実現させるには、自動化の進展とシステムの複雑さの低減が最も重要である。
  • Maverick*リサーチ:モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションの使い過ぎによる問題を把握し、管理する
    2014年3月20日
    K. Moyer, S. Cohen
    モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションを融合する考え方をガートナーではNexus (4つのITパワーの融合) と捉えている。 Nexusは、重要な考え方ではあるが、使い過ぎると企業に「極度の疲労状態」をもたらす。こうしたNexusの使い過ぎに関する問題をサイクル として管理することは、CIOとそのIT部門にとって不可欠である (Maverickリサーチは、斬新な考えを意図的に表明するものであり、ガートナーの公式な見解に沿うものとは限らない)。
  • IaaS向けにネットワークを最適化する4つの手順
    2014年3月20日
    N. Rickard, A. Lerner
    IaaSベースのアプリケーションのパフォーマンスは、それらをサポートするネットワークに大きく左右される。企業のネットワーキングとアー キテクチャを担当するスタッフは、パフォーマンスを最適化するために具体的な対策を取って、アプリケーション・ネットワーキング・サービ スの一貫したデリバリを実現する必要がある。
  • コンテンツ・アウェア型DLP購入ガイド:2013年
    2014年3月20日
    E. Ouellet
    本リサーチノートでは、コンテンツ・アウェア型DLPソリューションの機能を解説し、企業がソリューションを選択する際にそれらの機能適用 に関する優先順位をどのように付けるべきかを示す。
  • 企業向けLinuxディストリビューターを選定する際に何を重視すべきか
    2014年3月14日
    G. Weiss
    Linux OSディストリビューターの選定は、今後何年にもわたって影響を及ぼし得る戦略的な決定となる。その選定に当たっては、土台であるOSのカーネルについての議論に終始すべきではない。
  • 2014年の展望:インフラストラクチャの防御
    2014年3月10日
    R. Wagner, M. Nicolett, A. Chuvakin, K. Kavanagh, A. Walls, J. Feiman, L. Orans, I. Keene

    「力の結節」(Nexus of Forces) が、企業内インフラストラクチャの防御分野における現行プラクティスに課題を突き付けている。ネットワーク、アプリケーション、情報、プライバシー、要員配置を担当する最高情報セキュリティ責任者と戦略リーダーは、セキュリティ分野で将来実現するものと誇張されたハイプとを見分けるために、ガートナーの先見的なリサーチノートを活用されたい。
  • 2014年の展望:日本におけるセキュリティとBCP
    2014年3月10日
    M. Ishibashi, Y. Isoda

    本リサーチノートでは、2014年以降に、日本企業のIT部門のリーダーおよびセキュリティ/BCPの責任者が考慮すべきトレンドと予測を述べる。
  • 2014年の展望:クライアントとモバイル・コンピューティング
    2014年3月10日
    E. Hariu

    本リサーチノートでは、2014年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際に、企業クライアントとモバイル・コンピューティング分野において、日本企業のIT部門が注目すべきトレンドを取り上げて解説する。
  • 2014年の展望:日本における企業ネットワークとデータセンター
    2014年3月10日
    T. Ikeda, K. Tazaki

    本リサーチノートでは、2014年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべきトレンドについて、「企業ネットワーク」と「データセンター」を取り上げて解説する。
  • アジア太平洋地域のコロケーション・サイトを評価する
    2014年3月10日
    A. Chandrasekaran, B. Mahapatra

    アジア太平洋地域でデータセンター・インフラストラクチャのコロケーションを計画しているソーシング・マネージャーは、人気の高い拠点のプラス面とマイナス面を比較評価する必要がある。ガートナーが主要な選定基準に照らして上位6拠点を評価したところ、シンガポールと香港が上位となった。
  • 2014年の展望:日本におけるクラウド・コンピューティングと統合システム
    2014年3月10日
    H. Aoyama, T. Mataga, Y. Nagashima

    本リサーチノートでは、2014年以降にITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべきトレンドの中から、「クラウド・コンピューティング」および「統合システム」を取り上げて解説する。
  • 日本におけるITインフラストラクチャとセキュリティのアジェンダ:2014年
    2014年3月10日
    Y. Nagashima, T. Mataga

    本リサーチノートは、2014年の日本におけるITインフラストラクチャとセキュリティに関するアジェンダである。本リサーチノートにより、企業は「2014年に議論すべき『ITインフラストラクチャとセキュリティ』に関する重要ポイント」の概要を把握することができる。
  • 2014年の展望:日本におけるストレージとビッグ・データ
    2014年3月10日
    M. Suzuki

    本リサーチノートでは、2014年以降に日本企業のIT部門のリーダーとストレージ責任者が考慮すべきストレージとビッグ・データのトレンドと予測について述べる。
  • 2014年の展望:日本におけるITインフラ担当者の将来
    2014年3月10日
    Y. Nagashima, T. Mataga, H. Aoyama

    本リサーチノートでは、2014年以降の日本において、ITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべきトレンドの中から、「ITインフラ人材」について解説する。
  • 2014年の展望:日本におけるITオペレーション (IT運用管理)
    2014年3月5日
    Y. Nagashima

    本リサーチノートでは、2014年以降の日本におけるITオペレーションの注目すべきトレンドに焦点を当てるとともに、ITオペレーション・ソフトウェア市場とベンダーについての展望を解説する。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright