ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年2月発行)

  • 2014年の展望:監視とプロファイリングがプライバシー関連のレピュテーション・リスクにつながる
    2014年2月28日
    K. Pratap, C. Casper, A. McIntyre, J. Heiser, F. Buytendijk

    本リサーチノートは、プライバシー担当役員、リスク・マネージャー、コンプライアンス・マネージャーを対象に、監視とプロファイリングか らレピュテーション・リスクが生じる経緯と、ビジネスに対する影響の数値化が困難である理由を説明するものである。
  • 新興テクノロジ分析:クラウド型レピュテーション・サービス
    2014年2月20日
    E. Ahlm, N. MacDonald

    クラウド型レピュテーション・サービスが重要なサービスとして、セキュリティ関連のテクノロジ・プロバイダーとサービス・プロバイダー から登場してきている。レピュテーション・サービスは、重要なセキュリティ・コンテキストの履歴を提供する仕組みであり、情報セキュリ ティの未来に欠かせないものである。
  • Webフラウド・ディテクションのマジック・クアドラント
    2014年2月20日
    A. Litan, P. Firstbrook

    Webフラウド・ディテクション市場は、業種や国境を超えた期待を受け、2012年に売り上げが48%以上拡大している。犯罪者がデバイスのID認証 といった旧来の手法を断念する傾向があり、不正行為を防御する手法の改善が至上命令になっている。
  • データセンター・ネットワーク:ネットワーク機器のソフトウェアを見直す好機
    2014年2月20日
    J. Skorupa, A. Lerner

    企業は、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキングに関するイニシアティブと並行してネットワーク・ベンダーについても評価し、自社 のデータセンター・ネットワークに合わせてソフトウェアの簡素化とカスタマイズを行うベンダーを選ぶ必要がある。本リサーチノートでは、 データセンターの可用性の改善とコスト削減を図る方法をネットワーク運用スタッフに提示する。
  • オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2013年
    2014年2月14日
    M. Driver

    オープンソース・ソフトウェアや関連ソリューションの成熟度と市場における状況をIT業界全体にわたって評価するために、ガートナーによる オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクルを使用されたい。
  • データセンターの将来:企業が考慮すべき8つの要因
    2014年2月10日
    R. Kumar

    大半のCIOは、今後2〜5年間にデータセンター戦略に関する重大な意思決定を迫られる。自社のデータセンター戦略を最適なものとするために は、テクニカル面、財務、サービス・デリバリといった点での配慮が重要となり、8つの要因を考慮しなければならない。
  • インターネットVPN:欧州での活用のポイント
    2014年2月10日
    N. Rickard, D. Young

    インターネットVPNは、エンタプライズMPLS WANを補完する費用対効果の高いサービスである。欧州のインターネット・サービスは、料金、機 能、パフォーマンスが多岐にわたるため、サービスの選択を困難なものにしている。ネットワーク・マネージャーは、エンド・ツー・エンドで一貫性のあるパフォーマンスを提供できるISPを探す必要がある。
  • Maverick*リサーチ:ビッグ・データ、ビッグ・アルゴリズム、モノのインターネットがもたらす監視国家とストーカー・エコノミーの世界
    2014年2月10日
    N. MacDonald, R. Valdes

    セキュリティ環境 (監視の範囲と深度) が激変しつつある。何が監視可能か、誰が監視するのか、データの最終的な行き先はどこかを再考する必要がある。
  • ベスト・プラクティスが常にベストとは限らない
    2014年2月10日
    G. Spafford, J. Brooks

    ITIL、COBIT、CMMIといったベスト・プラクティスに関する参照ソースを十把一絡げに活用しているI&O部門は、プロセスの改善に失敗する可能性があるばかりか、事態を悪化させることも少なくない。I&Oリーダーは、参照フレームワークから適切なガイダンスを特定する作業に、革新的なアプローチで取り組む必要がある。
  • WebスケールITに対応したアプリケーション・パフォーマンス監視の採用を検討せよ
    2014年2月10日
    J. Kowall, C. Haight

    昨今のITオペレーションでは、アジャイル・アプリケーションに合わせて展開しているWebスケールの環境に必要なパフォーマンス監視にかか わる要件を満たせなくなってきている。これまでのように、シンプルなアプリケーション・パフォーマンス監視ツールと他のモニタリング・ ツールを利用するだけでは不十分と考えられる。適切なテクノロジに投資するために、落とし穴を知っておく必要がある。
  • Microsoft Office 365におけるレガシーからの解放
    2014年2月10日
    M. Cain, F. O'Brien, M. Silver, J. Mann

    2013年2月、Microsoftは同社のクラウド・プラットフォームであるOffice 365の対応バージョンをOffice 2010からOffice 2013に変更し、 クラウド版とオンプレミス版でそれぞれ異なるリリース・サイクルをスタートさせた。本リサーチノートでは、ITリーダーへの影響とOffice 365の今後について分析する。
  • ベンダー評価:AT&T
    2014年2月5日
    B. Elliot, R. Mason, B. Blau, E. Goodness, F. Marsala, B. Menezes, D. Toombs, D. Young, N. Rickard, M. Schoener

    AT&Tは、依然としてグローバル通信サービスにおける強力な選択肢である。同社の顧客および潜在顧客は、今後も競争的な料金設定と条件を引 き出す交渉に注力し、地域ごとにより良い選択をすることで、自社ネットワークを最適化すべきである。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright