ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2014年1月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2014年1月発行)

  • 2014年の展望:日本のIT部門におけるグローバル・ソーシング
    2014年1月24日
    Y. Adachi, A. Nakao

    日本企業のグローバル・ソーシングは、主に海外のソーシング環境の変化を受けて転換期を迎えている。本リサーチノートでは、日本のIT部門が2014年以降のソーシング戦略を立案する上で押さえておくべき重要なトレンドに関して、オフショアとニアショアの各視点から展望する。
  • M&Aに伴うIT統合にコンサルタントを利用する理由、場面、方法
    2014年1月15日
    A. Schulte

    M&A取引で必ずと言ってよいほど重要な役割を果たすのがITである。効果的なコンサルティング・サポートは、統合の成功率を高める。M&A関 連のIT統合においてコンサルタントが役に立つ場面、および潜在的リスクを最小限に抑えながらコンサルタントから最大限のメリットを得る方法を評価すべく、本リサーチノートを参考にされたい。
  • 日本におけるソーシング/ITサービスのアジェンダ:2014年
    2014年1月15日
    S. Yamanoi, Y. Adachi, T. Ebina

    本リサーチノートでは、日本におけるソーシング/ITサービス領域に関する2014年のリサーチ・アジェンダ (注力するリサーチ領域) を定義する。
  • アウトソーシング/クラウド・サービス・プロバイダーの選定時に、導入事例の確認を義務付ける
    2014年1月15日
    K. Doering, F. Karamouzis

    導入事例の確認は、アウトソーシング関係の成功を決定付ける最も有力な要因の1つである。大半の企業は導入事例の確認を求めてはいるが、徹底して行っている企業は20%に満たない。ソーシング・マネージャーは、導入事例の提示を確実に要求して確認を行い、単なる希望事項とすべきではない。
  • アウトソーシング・アドバイザリ:サービス・ソーシング戦略策定の実行
    2014年1月15日
    F. Karamouzis

    自社対応かアウトソーシングか、オンショアかオフショアかの判断は、ソーシング・マネージャーにとって重要な任務である。本リサーチノートでは、ビジネス主導型ソーシング戦略を立案するに当たってソーシン グ・マネージャーが取るべき行動について説明する。
  • アウトソーシング・アドバイザリ:インフラストラクャ・サービスのソーシング戦略オプションおよびアプローチ
    2014年1月15日
    C. Da Rold

    IT予算の55%を占めるインフラストラクチャのうちハードウェアはわずか17%であり、大半はITサービスである。ITサービス価格は、サービスの工業化が激しいため変動し続けている。ソーシング担当エグゼクティブは、本リサーチノートが示すソーシング戦略向けの意思決定フレームワークを利用して、機会の特定とリスクの低減を行う必要がある。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright