ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2013年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2013年12月発行)

  • 調査結果に見る日本のIT組織における課題とIT人材に求められるスキルの方向性
    2013年12月25日
    R. Narisawa

    本リサーチノートでは、2013年7月にガートナーが実施したユーザー調査結果を基に、日本企業のIT組織における課題と、IT人材育成計画を 立案する上でユーザー企業が考慮にいれるべきポイントを整理する
  • リーダーシップ育成モジュール4 第10章:キャリア・プランニングの今日的な意味
    2013年12月20日
    A. Walker

    ITリーダーは、整合性の取れた最新のキャリア・プランニング・プロセスを促進することにより、要員の定着率向上を実現することができる。 これによって、人材不足のIT労働市場において要員供給をコントロールする手段が得られる。
  • ソーシャル・ソフトウェアが企業ブランドに及ぼす影響
    2013年12月20日
    T. Otter

    強力な企業ブランドは、適切な人材を獲得する上で極めて重要な要素である。ソーシャル・ソフトウェアによって、企業ブランドに関する新た な課題および機会が生じている。これを無視するのは、草の根グループおよび友達同士のコメントによる力や影響を理解しない企業であり、足 元をすくわれることになる。
  • IT投資対効果を明らかにするために押さえるべきポイント:評価プロセスとKPI
    2013年12月20日
    H. Katayama

    ROIを含む投資効果の測定は、IT投資戦略に不可欠なプロセスであるものの、その効果の多くはIT部門ではなくビジネス部門側に現れるため、 実際に測定を行うのは容易ではない。しかも、その効果を金額だけで表すことは難くなっており、KPIのような新しい手法も必要となる。しか しながら、システムの分類に応じた指標を使い、投資に優先順位をつけることは可能である。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright