ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2013年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2013年11月発行)

  • アウトソーシング契約による人員増強からマネージド・サービス利用への移行に必須の10のステップ
    2013年11月29日
    R. Jivan, F. Karamouzis, L. Cohen

    大半の企業は、必要なITサービス・スキルを満たすべく、アウトソーサーからの派遣を活用して人員増強を行ってきた。これまでのアウトソーシングではコスト効率を求めた契約が多く見られたが、成果ベースのマネージド・サービスへ移行する企業が増加している。本リサーチノートでは、派遣サービスからマネージド・サービスの利用に移行するソーシング・マネージャーへの支援となる10のステップを提示する。
  • 関係改善に関するKPIを用いたサービス・プロバイダーのパフォーマンス向上で、アウトソーシングの価値を引き出す
    2013年11月29日
    R. Jivan

    契約の両当事者が相互にメリットのある明確な目標に基づいて信頼関係を構築できれば、アウトソーシング契約は契約上の義務を超える可能性をもたらす。本リサーチノートでは、ソーシング・マネージャーがベンダーとの関係を管理する際に利用できる主要パフォーマンス指標を提示する。
  • ベンダー評価:日立製作所
    2013年11月25日
    Y. Adachi, K. Tazaki, M. Suzuki, H. Aoyama, Y. Nagashima

    本リサーチノートでは、日立製作所の情報・通信システム事業と提供製品/サービスについて評価する。同社はビジョンの明確化に努めてきたが、今後はその確実な実行が問われている。
  • アウトソーシング・アドバイザリ:ビジネス部門主導のソーシング戦略のベスト・プラクティス
    2013年11月15日
    F. Karamouzis

    ガートナーのアナリストは、社内維持か、従来型/クラウド・サービスによるアウトソーシングかというソーシングの意思決定に関するインクワイアリを年に3,500件以上受けている。ソーシング・エグゼクティブの成功は、本リサーチノートのベスト・プラクティスを適用し、高いパフォーマンスを実現する能力によって決定付けられる。
  • 独自のマルチソーシング・サービス統合を実現する、構築/運用/移転モデルの評価
    2013年11月15日
    C. Da Rold, J. Longwood

    マルチソーシング・サービス・インテグレーターとクラウド・サービス・ブローカーの融合が進む一方、社内のIT部門の役割が薄れつつある。本リサーチノートでは、マルチソーシングに伴う複雑性のリスクを軽減するために、ソーシング・エグゼクティブが、構築/運用/移転のソーシング・モデルを使用して社内MSIの役割を確立する方法について考察する。
  • ビジネス・アプリケーションをクラウドに実装する際のRICE活動のベスト・プラクティス
    2013年11月15日
    P. Phelan

    アプリケーションの展開方法としてクラウド・サービスを利用する場合、アプリケーション・リーダーは、クラウド内のソフトウェアが実装プロジェクトに与える影響を理解していなければならない。レポート/インタフェース/変換/拡張 (RICE) に取り組む際、クラウドの相違点に対処することによってリスクを軽減できる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright