ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2013年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2013年11月発行)

  • ITインフラ部門は、未来へ向けてトレンドをリードせよ
    2013年11月29日
    D. Scott

    多くのITインフラストラクチャとオペレーション(I&O) 部門は、煩雑な各種の現場対応に追われるあまり、次のタスクやイニシアティブを考える時間がない。クラウド・コンピューティングやモビリティを含む「力の結節」のトレンドの多くは、I&Oリーダーが今すぐプランニングに着手し、変化に向けた戦略計画を策定しない限り、I&O部門の長期的な存続を脅かすものとなる。
  • 未来型マネーのハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月29日
    D. Furlonger

    インフォメーション、クラウド、モバイル、ソーシャルという力の結節は、未来型マネーである新たな取引メディア、バリュー・ストア、通貨を進化させる。個人と企業の生存と成長には、こうした将来像を理解し、そこから生じる価値を捕捉することが必要不可欠である。
  • WebスケールITの長期的影響は劇的なものになる
    2013年11月29日
    C. Haight

    WebスケールITは、ベンダーとユーザー企業双方にとって長期的に劇的な影響をもたらす。このトレンドは、ベンダーとユーザー企業を共に大きく混乱させるものとなる。従来型ITベンダーは企業ITリーダーにとって妥当性の低いものとなり、従来型ITサービス・デリバリ手法もまた説得力を持たないものとなる。
  • 2020年、予防中心の対策は次第に廃れていく:広範囲のモニタリングと集合知によって情報を保護せよ
    2013年11月29日
    N. MacDonald

    高度な標的型攻撃により、予防策中心の戦略は時代遅れになる。2020年に企業のセキュリティを確保するためには、情報/人間中心のセキュリティ戦略に移行するとともに、社内での広範囲にわたるモニタリングとセキュリティ情報の共有を組み合わせていく必要がある。
  • BYODは「すべてか無か」ではない:スマートフォン、タブレット端末、PCの展開
    2013年11月29日
    L. Fiering

    BYODは既に仮説の段階を過ぎており、CIOはもはやこれを無視できなくなっている。ただし受け入れにはいくつかのレベルがあり、スマートフォン、タブレット端末、ノートPC、デスクトップPCに対する従業員の要求に合わせた段階的な採用計画が可能である。
  • 汎用クラウド・バックアップ・オプションの検討
    2013年11月29日
    P. Rinnen

    本リサーチノートでは、ユーザーが社内の要件を満たす最適なクラウド展開モデルを選定できるよう、クラウド・バックアップ市場の概観を提示する。クラウド・バックアップ・ベンダーも例示する。
  • ネットワーク設計を活用したDDoS攻撃の緩和
    2013年11月29日
    A. Lerner, L. Orans

    ネットワークとセキュリティの担当者は、自社がDDoS攻撃にさらされるリスクを抑えなければならない。本リサーチノートでは、最小限の追加コストでDDoS攻撃の影響を緩和できるネットワークを中心としたアプローチについて明らかにする。
  • Dropboxはチーム機能の追加後も企業の要件を満たしていない
    2013年11月25日
    J. Mann

    Dropboxは、小規模企業とチームによる利用を想定したDropbox for Business (旧称Dropbox for Teams)向けに管理コンソールを改善し、共有に向けた制御機能を強化している。これらの動きは改善ではあるも のの、大半の企業のIT部門がDropboxの利用を無条件で許可するには十分とはいえない。
  • エンタプライズ・ファイル同期/共有のマーケットスコープ
    2013年11月25日
    M. Basso, J. Mann

    本リサーチノートでは、新興市場であるエンタプライズ・ファイル同期/共有の製品とクラウド・ベースのサービスについて分析する。これらは、モバイル・ワーカーの生産性とコラボレーションの質を高め、IT部門にセキュリティとコンプライアンスへの対応能力をもたらす。
  • エンタプライズ・ファイル同期/共有により、ストレージ管理の負担がエッジからデータセンターやクラウドに移行する
    2013年11月20日
    P. Rinnen, G. Ruth, S. Zaffos

    エンタプライズ・ファイル同期/共有サービスを利用すると、データセンターやクラウド・ストレージ・インフラストラクチャに保存するエンドユーザー・データが増加する。ITアーキテクトとシステム管理者は、複雑性とリスクが一段と高まる状況に備えるべきである。
  • アイデンティティ/アクセス管理テクノロジのハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月20日
    G. Kreizman

    モバイル・デバイス、クラウド・コンピューティング、ソーシャル・メディア、ビッグ・データの採用拡大の動きが1つに融合しようとしているため、アイデンティティ/アクセス管理市場は大きく変化している。
  • プライベート・クラウドは成熟し、ハイブリッド・クラウドが注目を集める
    2013年11月20日
    T. Bittman

    ガートナーが調査を行った大企業の半数弱が既にプライベート・クラウド・サービスを展開しており、2014年末までに展開する計画のない企業は11%にすぎない。ハイブリッド・クラウド・コンピューティングの展開については、事例はわずかであるが、大企業の半数弱は2015年までにハイブリッド・クラウドを展開すると予想される。
  • デジタル戦略に不可欠な6つの要素をマスターする
    2013年11月20日
    S. Prentice, K. McGee

    60%の企業は、有効なデジタル戦略を導入していないか、またはデジタル戦略がビジネス戦略から切り離されたままであると報告している。この事態は、今後ますます企業に不利益をもたらす。本リサーチノートでは、デジタル戦略に不可欠な要素に対処するためにCIOが従うべきフレームワークを提示する。
  • ネットワーク・パフォーマンス監視/診断市場の出現
    2013年11月15日
    V. Bhalla, J. Kowall, C. Fletcher

    企業は、喫緊のネットワーク環境監視ニーズに応えるために、従来の可用性ツールを超えた解析能力を求めている。ネットワーク・パフォーマンス監視/診断ツールが登場し、I&O部門がネットワーク管理の計画と戦略において事前対応的かつ戦略的になることを可能としている。
  • ベンダー評価:Apple (エンタプライズ市場)
    2013年11月8日
    V. Baker, C. Milanesi, A. Neff

    コンシューマライゼーションとBYODプログラムが相まって、AppleがiPhoneとiPadを武器にエンタプライズ市場でのプレゼンスを強化している。本リサーチノートでは、エンタプライズ市場におけるAppleの戦略、製品、サービス、サポートに関するガートナーの最新の見解を提示する。
  • Maverick*リサーチ:信頼不在の時代に生きる−ITサプライチェーンの完全性とオンライン・インフラストラクチャが一蹴されるとき
    2013年11月8日
    N. MacDonald, R. Valdes

    企業のITサプライチェーンが標的とされセキュリティが侵害されるため、IT市場の構造と今後のIT管理方法の変化は避けられない。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright