ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年11月発行)

  • ERPプラットフォーム・テクノロジのITマーケット・クロック:2013年
    2013年11月25日
    A. Drobik

    ERPプラットフォーム・テクノロジのITマーケット・クロックでは、ERP基盤テクノロジの成熟度を評価するためのフレームワークをERPマネージャーに提供する。ERPを担当するITリーダーは、本リサーチノートを使用して、ERPプラットフォーム・テクノロジを検証し、必要に応じてこれらのテクノロジをアップデートすべきである。
  • アプリケーション・リーダーはアジャイルの反動に備えよ
    2013年11月25日
    A. Kyte, D. Norton, N. Wilson

    アジャイル方式とリーン方式が従来のウォーターフォール方式に取って代わるにつれて、多くのアプリケーション開発者は、期待に沿った成果を出すようになる。その一方で、アジャイルが根本原因と批判される大規模プロジェクトの失敗も生じ得る。アプリケーション・リーダーは、アジャイルおよびリーンを採用したイニシアティブが正しい方向に進んでいることを確認しなければならない。
  • アプリケーション・インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月25日
    J. Thompson

    アプリケーション・インフラストラクチャは革新的なテクノロジであるが、いまだ進化の過程にある。多くのコンポーネントが、市場の成熟と一致して広く採用されているが、力の結節 (Nexus of Forces) に促されて、革新はなおも続いている。
  • IT部門とマーケティング部門が連携するためのベスト・プラクティス:ガートナーのワークショップにおける所見
    2013年11月25日
    K. Collins, D. Scheibenreif

    ガートナーは、CRM関連のイベントにおいて、マーケティングとITに関するワークショップを開催した。本リサーチノートでは、このワークショップから得られた、マーケティング部門とIT部門がパートナーシップを築くためのベスト・プラクティスについて論じる。
  • エンタプライズ・アーキテクチャのハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月15日
    B. Burton, P. Allega

    本ハイプ・サイクルでは、企業がビジネスの破壊的要素への対応を主導することにEAを適用し、注力することで、目標とするビジネス成果を実現するためのスキル、プラクティス、ツールを取り上げる。
  • 統合の戦略的ロードマップ:2013年
    2013年11月15日
    B. Lheureux, M. Pezzini, J. Thompson, T. Friedman, W. Schulte, P. Malinverno

    アプリケーション・ロジック、データ、プロセスを統合することは、ITリーダーやCIOが、アナリティクス、B2B、クラウド、モバイル、ソーシャルなどの取り組みを実施する上で必須の原則である。統合のスキルに習熟した企業が競争優位性を獲得する一方、未熟な企業は不利な立場に置かれる。
  • レガシー・システム近代化のベスト・プラクティス:ビジネス価値の向上を実現した佐川急便のアプリケーション再構築
    2013年11月15日
    Harutoshi Katayama

    構築してから年月がたち、現在あるいは将来のビジネスに対する有用性に問題を抱えるレガシー化したアプリケーションの再構築を迫られている企業は多い。しかし、レガシー・アプリケーション再構築の必要性についてビジネス部門の理解が得られず近代化に着手することさえできないケースや、再構築を実施しても期待した効果が得られないケースも少なくない。レガシー・システムの近代化には、どのように自社の中長期的なビジネス価値の向上につなげるのかといった戦略的な視点が欠かせない。本リサーチノートでは、佐川急便によるレガシー・システム近代化の事例を取り上げ、ビジネス価値の向上につながるアプリケーション再構築のベスト・プラクティスを探る。
  • 情報インフラストラクチャを拡張し、コンテンツ・アナリティクスに対応するには
    2013年11月5日
    R. Edjlali, R. Sallam, G. Tay

    企業はアナリティクスのための情報インフラストラクチャを、データウェアハウスだけでなくコンテンツも含むように拡張し、そのアーキテクチャを論理データウェアハウスへと発展させなければならない。ITリーダーや情報アーキテクトは、ビジネス・ニーズに合った選択肢を見極めることが必要になる。
  • 財務管理アプリケーションのITマーケット・クロック:2013年
    2013年11月5日
    N. Rayner

    財務管理アプリケーションはそれぞれ、市場のライフサイクルにおけるさまざまな段階にある。CIOおよびCFOは、各市場セグメントの発展の状況に基づいて財務システムに関する戦略を策定すべきである。
  • 人的資本管理ソフトウェアのITマーケット・クロック:2013年
    2013年11月5日
    R. Hanscome, Y. Cameron

    HCMは、ビジネス・アプリケーション (給与計算) やクライアント/サーバ (中核的な人事管理システム)、そしてSaaS (求人) に至るまで、常にITアプリケーションの革新の最前線にある。ITリーダーは、本マーケット・クロックを活用してHCMアプリケーション戦略を策定し、その革新を自社にとって有利に生かすべきである。
  • サービスとしてのプラットフォームのハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月5日
    Y. Natis

    PaaS (クラウド・アプリケーション・インフラストラクチャ・サービス) は、クラウド・アーキテクチャの中核的なレイヤを成す。ソフトウェア業界の「メガベンダー」がPaaS市場に参入するにつれて、PaaSのアーキテクチャ、メリット、見通し、価値に関するハイプ (および混乱) は高まり続けている。
  • クラウド・サービス仲介のハイプ・サイクル:2013年
    2013年11月5日
    M. Cantara

    CSBは、複数のクラウド・サービスを含むソリューションのビジネス価値を最大化するために必要となる新しい機能である。本ハイプ・サイクルでは、CSBが不可欠であり、かつ影響力が強い理由を示し、CSBにかかわるベンダーの役割、実現テクノロジ、タイプについて検証する。
  • データ・サイエンティストの典型的な配置方法:その利点と欠点
    2013年11月5日
    A. Linden, G. Herschel, N. Chandler

    ビッグ・データが強力に推進されているため、多くの組織には新しい高度なアナリティクス・チームまたはデータ・サイエンス・チームを設立する必要が生じている。本リサーチノートでは、データ・サイエンティストを配置するための最も一般的な組織構成の利点と欠点について説明する。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright