マジック・クアドラント (2017年)

2016年のレポート一覧はこちら

レポート一覧 - 2017年7月18日 時点

  • 2017年のマルチチャネル・キャンペーン管理のマジック・クアドラントには、多数の新しいベンダーが取り上げられている。ベンダーは、機械学習やパーソナライゼーション、広告関連テクノロジの機能をビッグ・データ基盤へと結び付けることで、より深い顧客エンゲージメントを実現しようとしている。

    • 日本のストレージ市場は、ベンダーの統合、買収、新興ベンダーや新しいテクノロジを交えた競合によって変貌しつつある。I&Oリーダーは、本マジック・クアドラントで解説するベンダーのマーケティング、販売、ストレージ・ポートフォリオの変化を正確に理解することによって、適切なストレージ製品を選択できる。

      • ミッション・クリティカル・サーバは、企業ビジネスにとって極めて重要な土台を提供するものである。しかしながらこの市場は、デジタル・ビジネスの台頭といった急速な変化を受けて、不透明になりつつある。本マジック・クアドラントは、ミッション・クリティカル・サーバの選定に関して、日本企業のインフラストラクチャとオペレーションのリーダーを支援する。

        • 多くの企業が災害時用リカバリ・サイトの重要性を認識はしているものの、その構築を躊躇している。外部プロバイダーが提供するデータセンター施設とサービスは、こうした課題を解決する効果的なディザスタ・リカバリの展開における選択肢の1つとなる。本マジック・クアドラントは、日本で災害時用リカバリ・サイトの構築を進めるユーザー企業を支援するものである。

          • 本市場では、さまざまな種類のデータへの対応や、分散処理と分散リポジトリの提供など、幅広いソリューションへの需要が拡大している。市場の混乱が増している中、クラウド・ソリューションは、その魅力をますます高めている。本マジック・クアドラントは、データとアナリティクスのリーダーが、こうした変化の激しい市場においてベンダーを比較検討できるようサポートする。

            • 本市場では、さまざまな種類のデータへの対応や、分散処理と分散リポジトリの提供など、幅広いソリューションへの需要が拡大している。市場の混乱が増している中、クラウド・ソリューションは、その魅力をますます高めている。本マジック・クアドラントは、データとアナリティクスのリーダーが、こうした変化の激しい市場においてベンダーを比較検討できるようサポートする。

              • BI/アナリティクス・プラットフォーム市場において、IT部門主導のレポーティングから事業部門主導の近代的なアナリティクスへの移行は、今や主流となっている。データ/アナリティクス・リーダーの前には、機能の欠落を解消して革新を遂げた従来のベンダーや、新たなタイプのBIをもたらす「破壊者」といった多くの選択肢がひしめいている。

                • エンドポイント保護プラットフォームは、ワークステーションやスマートフォン、タブレット端末を保護するためのセキュリティ機能を提供する。エンドポイント保護を担当するセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、マルウェア検出の有効性、ホスト・マシンのパフォーマンスへの影響、そして管理オーバーヘッドを調査する必要がある。

                  • デジタル・ビジネスのプラットフォームには、信頼のおけるマスタ・データが不可欠であることを、多くの企業が認識するようになっている。この新しいマジック・クアドラントは、MDM市場のソリューション全般に焦点を当てており、データとアナリティクスのリーダーが自社のニーズに最適なベンダーやソリューションを見いだす上で役立つ。

                    • クラウドIaaSに関する新しい本マジック・クアドラントは、日本市場にフォーカスしたものである。日本市場の特性や状況はグローバルとは異なる。日本においてクラウドIaaSの採用を検討する企業には、プロバイダーを評価する際の重要な基礎として本マジック・クアドラントを利用することを推奨する。

                      • 市場投入までの時間を短縮し、品質を向上させる必要があるため、機能テストを効果的に自動化するツールの需要が高まっている。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア開発を近代化しているアプリケーション・リーダーが、ニーズに最も適したテスト自動化ツールを選択できるよう、この領域のベンダーを評価する。

                        • インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーから見ると、2016年のAPMスイート市場におけるリーダーに入れ替わりはない。ただし、従来のリーダーが取り組みを強化し、新たなチャレンジャーが頭角を現すにつれて、市場における競争は激化の一途をたどっている。

                          • アプリケーション・テスト・サービスのアウトソーシングは成熟した市場であり、デジタル化のサポートに合わせたサービス内容によって発展し続けている。ソーシング・マネージャーは、自社が求める作業範囲に適応したサービス・プロバイダー候補のリストを作成するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

                            • データ品質管理ツールの市場は、コストやプロセスの最適化、あるいはデジタル・ビジネスへの変革に牽引され、堅調に収益を増やし続けている。データ管理とアナリティクスのリーダーは、データ品質管理ツールを既存および新規の業務に適用することで、より一層ビジネスに貢献することができる。

                              • 統合システム市場はインフラの高度な融合化 (ハイパーコンバージェンス) が進む破壊的混乱の渦中にあり、その構図は、増え続ける新興ベンダー (一部は既に成熟) に大手システム・ベンダーが加わったものとなっている。それでもなお、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ワークロード要件によってはストレージ・エリア・ネットワークとブレード・サーバまたはラック・サーバのいずれかをベースにしたソリューションが適切なケースもあることを認識する必要がある。

                                • 全ライフサイクルのAPI管理を行わなければ、デジタル戦略向けにプラットフォームを提供し、APIエコノミーから恩恵を受ける効果的なAPIプログラムを実行することはできない。本市場のベンダー19社に関するガートナーの分析は、アプリケーション・リーダーが自社の戦略と計画に最適なプラットフォームを見いだす上で有用である。

                                  • DevOpsや各種の自動化イニシアティブによってようやく実現した俊敏性をさらに拡大しようとしているインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、アプリケーション・リリース自動化ソリューションに注目している。これを利用すると、タスク自動化、環境モデリング、調整機能を最適な形で併用できるためである。

                                  • ネットワーク・ファイアウォール市場の製品は「次世代」機能を実現しており、各ベンダーは機能の強みにおいて差別化を図っている。購入企業は、ベスト・オブ・ブリードの機能とコストのトレードオフを考慮する必要がある。

 

2016年のレポート一覧はこちら

■マーケット・ガイド

初期の市場、成熟市場、小規模市場への理解を深めたいときにはマーケット・ガイドをご確認ください。
マーケット・ガイドの日本語レポートはこちらからご確認ください。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話: 03-6430-1800
Webサイト: http://www.gartner.co.jp
E-Mail: japan.support@gartner.com