マーケット・ガイド (2017年)

2016年のレポート一覧はこちら

レポート一覧 - 2017年2月10日 時点

  • ソフトウェア・パブリッシャーが、ソフトウェア・ライセンス構造とクラウド・ベース・サービスをより複雑化させたため、コンプライアンス体制を確立してコストを最適化するには専門のツールが必要となっている。I&Oリーダーがソフトウェア資産管理ツールを選択する際には、一般に、明確に異なる6つの機能に関するベンダーの能力を考慮に入れる必要がある。

  • クラウド・ワークロードには、エンドユーザー向けエンドポイントとは異なるセキュリティ要件があり、プライベート/パブリックのハイブリッド・クラウド・コンピューティング・モデルを採用する場合にはこの要件の違いがさらに複雑になる。CISOは、ハイブリッド・クラウド・ワークロードの保護向けに設計された専用製品を展開しなければならない。

 

2016年のレポート一覧はこちら

■マジック・クアドラント

成長中の市場で、ITソリューションが安定かつ競争力があるときのベンダー各社の位置づけ確認にはマジック・クアドラントが最良のツールです。マジック・クアドラントの日本語レポートはこちらからご確認ください。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話: 03-6430-1800
Webサイト: http://www.gartner.co.jp
E-Mail: japan.support@gartner.com