ハイプ・サイクル (2016年)

レポート一覧 - 2016年12月29日 時点

  • デジタル・ビジネス、IoT、モビリティといった新たなプロジェクトをサポートするために、企業は社内ネットワークを近代化する必要がある。これらのプロジェクトは、リアルタイム・アプリケーションとクラウド・サービスに関するニーズの高まりに拍車を掛ける。そこで、本ハイプ・サイクルでは7つの企業内イニシアティブのサポートに必要なネットワーク・テクノロジについて評価する。

  • インフラ HC

    DevOpsのハイプ・サイクル:2016年

    D. Williams, N. Wilson

    DevOpsへの取り組みには、ソフトウェア・デリバリ・プロセス全体を網羅する各種のテクノロジと方法論が含まれる。ITリーダーとDevOps担当者は、自社のDevOpsの取り組みに最適な選択肢を特定するために、テクノロジの成熟度と能力を事前対応的に理解する必要がある。

  • インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、自社環境に展開すべきITインフラストラクチャ向けプランニング/監視/分析ツールに関して、数々の意思決定を下す必要に迫られている。これらのテクノロジ投資に関与するI&Oリーダーは、戦略の策定と期待事項の設定に当たって、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • インフラ HC

    ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2016年

    J. Rivard, E. Holub

    ITSM 2.0に対応するツールは、ビジネス・ユーザーにサポートやサービスを提供するインフラストラクチャとオペレーション部門の質と効率を改善するものである。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ITSM戦略を策定してITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を付けるために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • 自動化をめぐるテクノロジが引き続き増加しているため、IT市場の混乱は拡大している。インフラストラクチャとオペレーション組織のリーダーは、計画的な戦略イニシアティブの一環として、自社の目標と目的に適切な自動化テクノロジを事前対応的に特定する必要がある。

  • 日本語オリジナル ソーシング HC

    日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2016年

    S. Yamanoi

    本ハイプ・サイクルは、日本のITサービス市場における主要なキーワードを取り上げ、2016年における期待度と成熟度の相関を可視化したものであり、2015年版以降、当該市場のハイプ・サイクルを分割し、その中から特に重要と思われるキーワードを選択/集約した「総括版」である。分割した各ハイプ・サイクルと併せて「シリーズ」として利用することによって、ITリーダーは、より広範かつ粒度の細かいテクノロジ・トレンドを把握できる。

  • 日本語オリジナル インフラ HC

    日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年

    Y. Nagashima

    本リサーチノートでは、日本のICT市場における主要なキーワードを取り上げ、2016年における期待度と成熟度の相関をハイプ・サイクル上にマッピングしている。2016年版では、2015年に引き続き、デジタル・ビジネスの進展への貢献という視点から、Nexusの関連テクノロジおよび新たに注目すべき代表的な38のキーワードを選定した。

  • インフラ HC

    先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年

    M. Walker, B. Burton, M. Cantara

    2016年版のハイプ・サイクルでは、3つの顕著なテクノロジ・トレンドを明らかにする。これらは、比類のないインテリジェンスと共にあらゆる場所で新たなエクスペリエンスを生み出し、企業の進化を促すプラットフォームを提供し、新たなビジネス・エコシステムとのつながりを強化して、今後5〜10年にわたる企業の競争力を高める。

  • スマート・マシンは真の意味で破壊的なテクノロジであるが、採用企業の大半では大規模展開に至っていない。しかし、採用が遅れることで生じる競争力のギャップと逸失機会コストが、乗り越えられないレベルにまで達する恐れがあるため、CIOと最高テクノロジ責任者は、今すぐスマート・マシンを調査する必要がある。

  • CIO、CTO、およびデータとアナリティクスにかかわるリーダーやアーキテクトは、新たな情報管理テクノロジの進化のペースを理解し、新たなテクノロジへの認識を高めるために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • ITリーダーは、IT業界全体にわたるオープンソース・ソリューションの成熟度と市場における飽和状態を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • 本ハイプ・サイクルでは、アプリケーションの導入・開発から運用・保守までのライフサイクル全般を対象に、関連サービスと、サービスに影響を与えるテクノロジを解説する。各サービス/テクノロジの成熟度とビジネスへの影響を評価し、ITリーダーに対して、これらを採用するタイミングや、採用を成功させるためのポイントに関する情報を提供する。

  • 日本語オリジナル アプリ HC

    日本におけるBIとアナリティクスのハイプ・サイクル:2016年

    H. Horiuchi, K. Shiga, K. Iijima, K. Kawabe

    本リサーチノートは、日本のITユーザー企業がBIやアナリティクスに関する比較的新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるBIやアナリティクスに関連するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるためのポイントを把握するために活用されたい。

  • 日本語オリジナル アプリ HC

    日本におけるERPのハイプ・サイクル:2016年

    K. Motoyoshi

    クラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」が、引き続きERPの進化を牽引している。本ハイプ・サイクルは、これら4つの力がERPに与えるインパクトを考慮しつつ、ERPの活用において検討すべきテクノロジやコンセプトのうち、日本企業にとって特に重要なものを取り上げ、国内における位置付けとユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。2016年は、新たにERP向けのサードパーティ・サポートに関する解説を加えた。

  • 日本語オリジナル インフラ HC

    日本における情報セキュリティのハイプ・サイクル:2016年

    Y. Isoda, T. Ikeda, K. Tazaki

    国内におけるサイバー攻撃の被害、内部犯行による情報漏洩、マイナンバー制度への対応や個人情報保護法の改正などを受け、企業におけるセキュリティ対策は、急務となっている。本ハイプ・サイクルでは、日本のセキュリティ/リスク・マネジメント分野において注目すべき重要なテクノロジについて分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

  • 本ハイプ・サイクルでは、日本のインフラストラクチャ関連サービスにおけるサービス/テクノロジの成熟度とビジネスへの影響を評価して解説するとともに、ITリーダーに対して、これらを採用するタイミングや、採用を成功させるためのポイントについての情報を提供する。

  • 日本語オリジナル アプリ HC

    日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2016年

    K. Kawabe

    顧客関連のテクノロジは引き続き目覚ましい勢いで進展しており、各企業は競争優位の確保や差別化に直結するカスタマー・エクスペリエンスの強化に取り組んでいる。本ハイプ・サイクルは、このような流れを受けたCRM関連テクノロジ/アプリケーションのトレンドと今後の見通しを解説し、顧客中心型ビジネスへの転換を図ろうとする日本企業が起こすべき必要なアクションについて提言するものである。

  • 本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に資するテクノロジやコンセプトを考察するとともに、ビジネスに有効なテクノロジのうち、日本国内で利用可能であるか今後日本に導入されることを前提に、注視すべきものを取り上げている。

  • 日本語オリジナル アプリ HC

    日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2016年

    Harutoshi Katayama, T. Ono

    エンタプライズ・アプリケーション開発の領域におけるクラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」は、存在自体が当たり前になり、デジタル化の進展がその状況をさらに押し進めたことで、企業は従来のアプリケーション開発の在り方を見直さざるを得ない状況にある。本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション開発領域のテクノロジやコンセプトの中から日本企業にとって重要なものを取り上げ、2016年の位置付けとユーザー企業が各テクノロジを検討する際に留意すべきアドバイスをまとめている。

  • 日本語オリジナル インフラ HC

    日本における仮想化のハイプ・サイクル:2016年

    E. Hariu, T. Ikeda, M. Suzuki

    仮想化は、企業のITインフラストラクチャにとって重要な考え方とテクノロジであり、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クライアントといったさまざまな領域での議論はもとより、ベンダーによる製品としての具体的実装とユーザー企業における利用が進行中である。しかし、テクノロジごとに、その成熟度は大きく異なっている。本ハイプ・サイクルでは、仮想化に関連したテクノロジについて代表的なものをピックアップし、掲載している。2016年版では、新たに「SD-WAN」「マネジメントSDS」「インフラストラクチャSDS」「ハイパーコンバージド統合システム」を取り上げた。

  • 企業は、モバイルおよびエンドユーザー環境におけるテクノロジの選択をより有効なものとするために、最新のテクノロジのメリットと導入リスクを理解し、ハイプに惑わされず、現実に即した製品やテクノロジの選択を進める必要がある。本ハイプ・サイクルでは、ユーザーが利用するコンピューティング環境に関連した技術について、代表的なものをピックアップし、掲載している。企業はこれらを、エンドユーザー環境における長期的な戦略と短期的な戦術の作成に役立てられたい。今回は新たに「アプリ」「企業向けアプリ・ストア」「モバイル・デバイス向けユーザー認証」「802.11ac Wave2」が追加された。

  • デジタル・ビジネスの時代の到来を受け、ITインフラとビジネスに重要なインパクトをもたらすテクノロジへの注目が急速に高まっている。こうした観点から、ガートナーはこのたび、新たに「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を発行することにした。デジタル・ビジネスを推進するCIOやITインフラ担当者は、本ハイプ・サイクルによって注目すべきテクノロジを認識し、かつその適用時期についての検討を開始すべきである。

  • 本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業が、アプリケーション・インフラストラクチャに関する新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャに関連するテクノロジおよび手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるポイントを把握するために活用されたい。

  • 企業のデジタル・ビジネスへの転身は、さまざまな要素の組み合わせによって支えられており、そうした要素の多くはグローバル・クラスのクラウド・プロバイダーに起源がある。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、Webスケールという概念を構成し、クラウド上から企業内に広がりつつあるこれらの重要な要素を理解する必要がある。

  • コンシューマー・サービスとアプリは、モバイル、ソーシャル、クラウドをより意味のあるデジタル・エクスペリエンスに統合するにつれて、ハイパーパーソナライゼーションの段階へと移行しつつある。ビジネス・リーダー、戦略担当者、プロダクト・マネージャーは、この活気ある市場の動向と機会を理解するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • 全般 HC

    ガートナーのハイプ・サイクルとは

    J. Fenn, B. Burton, M. Raskino

    ガートナーのハイプ・サイクルは、コンピューティングに関する価値の高いイノベーションが市場で認知され広まっていく様子を相対的に捉え、定点観測的に提示する。そこでは、影響力が過大評価されている新規テクノロジやトレンドを特定し、それらがいつ成熟段階に達するかを予測している。ハイプ・サイクルは、IT部門が取るべきアクションを示しており、新規テクノロジを採用すべきタイミングを決める上で役立つ。

  • 大半の企業では、多数のIT自動化ニーズに対処する際に複数のソリューションが必要になるため、インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、自社の目標と目的に最適な自動化テクノロジを事前対応的に特定する必要がある。

  • インフラ HC

    ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2015年

    J. Rivard

    本市場のツールは、インフラストラクチャとオペレーション部門がエンドユーザーをサポートやサービス提供に必要な質と効率を改善するものである。インフラストラクチャとオペレーション・リーダーは、ITSM戦略を策定し、ITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を設定するために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • 本ハイプ・サイクルでは、ITインフラストラクチャのプランニング、監視、アナリティクスに関するツールを取り上げる。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、テクノロジに投資する際に、ツール戦略を策定し、期待事項を設定するために本ハイプ・サイクルを利用できる。本ハイプ・サイクルは、ITオペレーション管理のハイプ・サイクル (2014年版) に代わる3つのハイプ・サイクルの1つである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話: 03-6430-1800
Webサイト: http://www.gartner.co.jp
E-Mail: japan.support@gartner.com