ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2016年 プレス・リリース −ガートナー、「バイモーダル」なIT組織に関する調査結果を発表

2016年6月1日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、「バイモーダル」なIT組織に関する調査結果を発表

デジタル・テクノロジを使用したプロジェクトの予定/実績がある企業のうち、
約3割は従来のIT部門とは別に専門組織を立ち上げていることが判明

『ガートナー ソーシング&戦略的ベンダー・リレーションシップ サミット 2016』
(6月24日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業の「バイモーダル」なIT組織に関する調査結果を発表しました。

今回の調査の結果、日本におけるデジタル・テクノロジ*を利用する予定/実績がある企業は、全体の約5割超に当たる51.8%となりました。上記回答企業のうち、約3割の29.4%が、デジタル・テクノロジやその実装を支援するITサービスをソーシングする専門組織を、従来のIT組織とは別に立ち上げていることが判明しました (図1参照)。

*モノのインターネット (IoT)、3Dプリンタ、ウェアラブル端末、ヒューマノイド・ロボット、スマート・マシン、モバイル、クラウド、アナリティクス (ビジネス・インテリジェンスなど)、ソーシャル・メディア、デジタル・マーケティングなどの新しいテクノロジを指しています



この結果について、ガートナーのリサーチ部門リサーチ ディレクターである海老名 剛は次のように述べています。「従来のIT組織内に専門チームを作ることには取り組みやすさという点でメリットがあり、今回の調査でも、デジタル・テクノロジを実装する企業の約4割がこの方法を取っていました。一方で、この方法には、IT部門以外のビジネス部門にプロジェクトの価値や成果をダイレクトに伝えにくいというデメリットがあります。こうした中、ビジネス部門とタスクフォースを結成して取り組みを進める、さらには、従来のIT組織とは別に新たな専門組織を立ち上げる企業も珍しくなくなっています」

今回の結果に関して、海老名は企業における「バイモーダル」組織の構築について説明しています。「タスクフォースを結成することにより、ビジネス部門との協業は進みますが、依然として成果物やゴールが曖昧になりやすいリスクがあります。新たな専門組織を立ち上げれば、組織としての責任/権限を設定できます。しかし、予算やリソースを別途確保する必要があり、ハードルは極めて高いといえます。にもかかわらず、今回の調査では、約3割の企業がこうしたハードルを飛び越えようとしていることが分かりました。例えば『デジタル・ビジネス推進室』や『イノベーション推進室』という名称で、ITとビジネスの両部門から人材を集めた組織が、デジタル・テクノロジやその実装を支援するITサービスをソーシングしています。新組織の立ち上げにはCレベルの経営層の判断も働いています。それぞれの取り組みにメリットとデメリットがありますが、デジタル・ビジネスの実現を目指す企業は、自社の取るべき組織面の施策を決断しなければなりません。いずれの場合も、IT人材とビジネス人材が一体となった取り組みが不可欠になるでしょう」


調査手法

本調査は、国内のIT部門の中でも特にIT関連のソーシングやIT予算にかかわるマネージャー向けのアンケート調査を通して、日本における企業ユーザーのさまざまなニーズや課題を分析することを目的としたものです。有効回答数は309件です。回答者は、ITシステムの構築/導入/保守/運用およびサービス委託先の選定に関与するマネージャー以上 (一般社員は除く) の役職の方を想定しています。本調査は2016年4月に実施されました。

ガートナーは来る6月24日に、東京コンファレンスセンター・品川 (東京都港区) において、『ガートナー ソーシング&戦略的ベンダー・リレーションシップ サミット 2016』を開催します。本サミットでは、前出の海老名をはじめ、ガートナーの国内外のアナリストが、ITリーダーがソーシング戦略において攻守両立のテクニックを磨くための要諦を解説いたします。本リリースの内容についても、会期中に「『攻守』両立のテクニックを磨く」というセッションで解説します。本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://gartner-em.jp/ss2016/

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright