ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2016年 プレス・リリース −ガートナー、2016年以降の日本における情報活用とコラボレーションに関する展望を発表

2016年5月10日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、2016年以降の日本における情報活用と
コラボレーションに関する展望を発表

注目が高まっている「セルフサービスBI」の取り組みに対しては注意が必要

『ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット 2016』
(5月24〜25日、東京コンファレンスセンター・品川) において知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、2016年以降の日本における情報活用とコラボレーションに関する展望を発表しました。

情報活用とコラボレーションの領域では、クラウドやコンシューマー・テクノロジを取り入れた、ビジネス部門主導の取り組みがますます拡大していくと考えられます。IT部門がIT予算を一元的に管理しているという企業が次第に減少する一方、ビジネス部門が独自のIT予算を持つ企業が増加傾向にあります。ビジネス上の意思決定をより良いものにするに当たり、情報活用やコラボレーションの領域におけるクラウド・コンピューティング、ソーシャル・ネットワーク、モバイル・コンピューティングへの期待度は高いものの、IT部門から何かが提供されるのを待つのではなく、独自の判断で利用に踏み切るユーザー部門が確実に増えています。

ガートナーは「アナリティクスとビジネス・インテリジェンス (BI)」の分野において、以下のように予測しています。

2019年までに、大企業の80%以上において、ビジネス部門主導で利用を開始するクラウド・アプリケーションやBIツールが増加し、データに対する分析要求が一層多様化する

グラフィカルで分かりやすいことや、初期費用が安価 (場合によっては無料) であることを特長とした製品やサービスが市場に数多く提供されると同時に、「セルフサービスBI」という言葉や考え方に対する注目が高まっています。ユーザー部門が独自のIT予算を持つ企業が増加傾向にあることに加え、クラウド・コンピューティング、特にサービスとしてのソフトウェア (SaaS) によるアプリケーション調達の一般化により、IT部門が関与しないところで新たなアプリケーションが利用され始めています。さらに、そのようなアプリケーションで生成されたデータを分析することも、「セルフサービスBI」に期待される役割の1つとなっています。このような動きは、今後加速度的に広まり、データから得たいと考えることを、ビジネス部門のユーザーが自身の手で迅速かつ柔軟に得られる局面も広がっていくでしょう。一方で、手近なデータを自由に分析することができるようになると、多くの場合、より広範なデータを使った分析を指向するようになります。その際、データ統合に対する戦略や基盤が整備されていれば、その方針や基盤を通じてデータを授受すればよいものの、現実の世界では、個別の部門やプロジェクトの都合を優先し、ポイント・ツー・ポイント型でデータの授受を行うことが主流となっています。実際、ガートナーが2015年2月に実施した調査では、自社のBIおよびアナリティクスの成熟度に関して、6割以上の企業がデータを統合できていないと評価し、その中には、その都度Excelなどで対応しており無秩序な状態である、と回答した企業も1割弱存在していました。

ガートナーのリサーチ部門 マネージング バイス プレジデントの堀内 秀明は次のように述べています。「ビジネス部門が独自に推進するデータ分析活動が活発化していくと、個々の部門やプロジェクトの要望に合わせたデータをIT部門が場当たり的に提供せざるを得ない局面が増加すると考えられます。加えて、このような取り組みでは、パブリック・クラウド環境を利用することが多くなると考えられるため、データの散在に拍車が掛かります。その結果、部門最適の戦術的な判断が高度化していく一方、全社最適の視点での戦略的な判断に適したデータを入手することは、現在よりも困難になるでしょう」

続けて、堀内は、アナリティクスとBIを推進するITリーダーに向け、次のように提言しています。「アナリティクスとBIを推進するITリーダーは、セルフサービス型のBIであってもユーザー任せにするのではなく、データ・アクセス環境の整備やデータ活用に関するトレーニングの提供を通じ、より効率的なデータ利用を推進すべきです。また、複数の部門間で類似した取り組みや、データ処理の重複を検知した場合は、当該処理をIT部門で巻き取るということも念頭に置いて取り組みを進めるべきです」

その他の詳細は、「2016年の展望:日本における情報活用とコラボレーション」(APP-16-19、2016年2月29日付) をご覧ください。

なお、ガートナーでは来る5月24〜25日に、東京コンファレンスセンター・品川 (東京都港区) において、『ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット 2016』を開催します。本サミットでは、前出の堀内をはじめ、ガートナーの国内外のアナリストが、効果的なデータ管理の在り方から、最先端アナリティクスへの取り組み方に至るまでの戦略とベスト・プラクティス、新しく実践的なガバナンス・プラクティス、急速に変化する最新トレンドなどについて、さまざまな知見をご提供します。

本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/bi/

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright