ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2010年 プレス・リリース − 日本企業によるオフショアリング金額規模、2009年は3,590億円に

2010年5月31日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー ジャパン発表
日本企業によるオフショアリング金額規模
2009年は3,590億円に

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高信彦) のリサーチ部門は、2010年5月、日本企業のオフショアリング金額推計をまとめました。これによると、2009年のオフショアリング金額は前年に比べ7.6%減少し、3,590億円となりました。

日本企業のオフショアリング金額は、2004年にガートナーが推計を開始して以降、毎年30%前後の勢いで拡大を続けてきましたが、2009年に初めて減少に転じました。この背景には、ITプロジェクトの凍結に伴う発注量の伸び悩み、単価引き下げ要求の激化、大手ベンダーによる国内回帰の影響などがあったと考えられます。そのため、特に業務アプリケーション開発と組み込み式アプリケーション/ソフトウェア製品開発の2分野が影響を受け、2008年に対してそれぞれ9.0%、9.5%の縮小となりました。

オフショアリング先としては、中国が全体の84%を占め、日本企業にとっての最大ロケーションとしての地位を堅持しました。エンジニア単価の低さ、日本からの距離、日本語対応が可能なエンジニアの多さに加え、受託可能な業務内容の幅広さが同国の強みとなっています。とはいえ、2009年のオフショアリング不振の波は同国にも及び、金額規模は3,030億円で、前年より260億円近く減少したとガートナーでは推計しています。厳しい市場環境を受けて、スキルや顧客基盤の弱い中国ベンダーの中には現地市場向けに事業転換を図った企業が見られました。2010年1〜3月期は大連、北京、上海各市のオフショアリング受託量が回復傾向にありますが、財務状態の不安定な中国ベンダーの間では予断を許さない状況が続いていると推察されます。日本企業にとっては、ビジネス継続性の高い優良なベンダーの選定が課題になるでしょう。

一方、インドは2008年から2年連続で日本企業によるオフショアリング金額が低下しました。2009年のオフショアリング金額は530億円強で、シェアは全体の15%でした。日本企業にとってのインドの位置付けは確実に変化しつつあり、2010年はその過渡期にあるとガートナーでは分析しています。日本人エンジニアとの単価差や技術者数だけを追求したインド・オフショアリングは、大半が失敗に終わっています。インドに対しては、世界全体をカバーしたグローバル・デリバリ・モデルの重要拠点としての役割や、サービスの標準化と効率化における支援を求めていくべき段階に入ったといえるでしょう。インドのエンジニアとベンダーには、欧米のリーディング企業におけるプロジェクト経験と知見、多国籍チームでの業務経験など日本および中国のベンダーやエンジニアにはない強みがあります。今後は、グローバル展開を推進する多くの日本企業にとって重要なパートナーになっていくとガートナーでは予想しています。

その他、ベトナム、ブラジル、タイなども2009年はオフショアリング減退のあおりを受けました。しかし、その存在感は徐々に増しています。これらの国はオフショアリングの歴史が浅いことが課題として指摘されます。ガートナーはオフショアリングを検討する日本企業に対して、オフショアリングに過大な期待を抱かず、長期的な視点を持って人材の育成に注力していくことを推奨します。

図1 日本企業のオフショアリング金額推移
図1
出典:ガートナー

図2 2009年における日本企業のオフショアリング・ロケーション
図2
出典:ガートナー

なお、ガートナーでは、本日5月31日から6月1日まで、『ガートナー ソーシング サミット 2010 視座を変える - 「多様性」への挑戦』を開催し、グローバル・ソーシングの展望や、ユーザーおよびベンダーに対する提言を発表する予定です。本サミットの詳細は、次のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/ss/

また、本リリースに関する詳しい調査内容は、ガートナー ジャパン・コア・リサーチ (JCOR) で発表していく予定です。

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright