ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2009年 プレス・リリース − ガートナー、2009年第2四半期の国内x86サーバ市場動向を発表

平成21年8月5日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、2009年第2四半期の国内x86サーバ市場動向を発表
2009年第2四半期 (4〜6月) の国内x86サーバ出荷台数は
前年同期比25.8%減 (速報値) と過去最低に

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、2009年第2四半期 (4〜6月) の日本国内x86サーバ市場動向 (速報値) を発表しました。

市場概況
2009年第2四半期 (4〜6月) の国内x86サーバ出荷台数は、対前年同期比25.8%減の9万3,783台となりました。国内x86サーバ出荷台数は10万台を切る結果となり、弊社調査開始以来最低の伸び率を示しました。本市場は、2008年第3四半期以降、マイナス成長に転じたままで、低迷傾向が継続的なものとなっています。

国内x86サーバ市場は、すべてのトップ・ベンダーが対前年同期比で2桁のマイナス成長となりました。今期の出荷が大幅に減少した理由について、アナリストの青山 浩子 (あおやま ひろこ) は、「2009年第2四半期の日本のサーバ市場は、景気の低迷に伴う国内企業のIT投資抑制の影響を受けて大きく減少しました。この傾向は、日本だけでなく世界でも同様です」と述べています。

ベンダー・シェア
出荷台数では、NECが15.5%減となりましたが、シェアでは26.7%で前年同期と変わらずトップを維持しています。2位はHPとなり、27.0%減と大幅な出荷数の落ち込みを示しましたが、22.7%のシェアを獲得しています。3位の富士通は、前年同期の4位から浮上し、Dellのシェアを奪う形で、シェアを2.5ポイント伸張し15.3%となりました。4位はDell、5位はIBMでした。

上位5社は、前年同期比ですべてマイナス2桁の成長となりました。中でも、Dellは43.6%減となり、シェアが4.8ポイント減少しています。国内トップ・シェア・ベンダーであるNECと、上位5社の中で比較的成長率の落ち込み幅が少ない富士通が、Dellからシェアを奪う形でそれぞれ伸張しています。

表 2009年第2四半期 日本x86サーバ市場ベンダー・シェア (出荷台数)
表
注:丸め誤差により、各ベンダーの合計値と合計欄の値が一致しない個所がある。
出典:ガートナー (2009年7月、速報値)

今後の予測について、バイス プレジデント 兼 最上級アナリストの亦賀 忠明 (またが ただあき) は、「サーバ市場は、今後も景気低迷の影響を受け、少なくとも2009年は相当厳しい結果となるでしょう」と述べています。さらに「市場は、仮想化やクラウド・コンピューティングの流れを受けて変化しつつあります。今後、クラウド・コンピューティングが浸透すると、多くのユーザーは部門サーバを持たなくなる可能性があります。一方で、企業内データセンターやデータセンター事業者でのサーバの需要は拡大する可能性があります」とコメントしています。

なお、本データは、あくまでも速報値であり、出荷金額を含む確定値については2009年9月第1週に集計が完了する予定です。本リリースで掲載したデータに関する詳細な分析と統計結果は、「日本サーバ市場四半期出荷統計」および「インフラストラクチャ・ジャパン」プログラムでご提供しております。

参考資料
【海外発プレスリリース】
本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。
本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。
http://www.gartner.com/it/section.jsp

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright