アナリスト紹介 X閉じる

矢野 薫 (Kaoru Yano)

リサーチ部門
ITインフラストラクチャ&セキュリティ
主席アナリスト

写真

お客様へ

テクノロジの進化は企業に大きな変革をもたらすと同時に、新たなセキュリティの脅威を生み出しており、これが企業経営にも影響を及ぼす時代になりました。従来、企業におけるセキュリティの主たる関心は企業内ネットワークにある重要資産の保護にありましたが、近年、クラウド/モバイルの利用拡大やデジタル化によりITインフラ環境が大きく変化し、情報資産の保護の在り方も根本的に見直すべきときが来ています。もはや情報セキュリティの枠組みは、単に企業の重要資産を守ることにとどまらず、ビジネスあるいは企業価値そのものを守り、向上させることにまで拡大しています。そして、こういった命題に対して、セキュリティのリーダーの役割と責任は、かつてないほど広く、かつ大きく重要なものとなっています。

私は、セキュリティを「リスク」と「テクノロジ」の視点からどのように捉えるべきかを分析し、実践的な施策を提言いたします。

担当分野

  • 情報セキュリティ全般 (特にデータ保護、アイデンティティ/アクセス管理等)
  • セキュリティ・ガバナンスとセキュリティ・リスク管理
  • 金融機関におけるセキュリティ・トレンド分析

関連キーワード

情報セキュリティ、サイバーセキュリティ、データ保護、アイデンティティ/アクセス管理 (IAM)、セキュリティ・ガバナンスとリスク管理 (GRC)、CSIRT (シーサート)、セキュリティ・オペレーション・センター (SOC)、セキュリティ情報/イベント管理 (SIEM)

実績

<レポート>

  • 日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要:2017年
  • 2017年の展望:日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント

略歴

ガートナー ジャパンにおいて、セキュリティ領域における市場動向の分析と提言を行っている。

ガートナー ジャパン入社以前は、外資系セキュリティ・ベンダーにおいてデータ保護、アイデンティティ/アクセス管理、セキュリティ情報/イベント管理、セキュリティ・ガバナンスとリスク管理 (GRC) 等のプリセールスを担当した後、外資系コンサルティング・ファームにおいて、大手金融機関の情報セキュリティ/サイバーセキュリティに関わる戦略の立案やテクノロジ評価のプロジェクトに従事。

関連情報

<サービス/プロダクト>

ガートナー ジャパン株式会社