ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE

事例紹介 | IT責任者の方向け

写真

プログラム管理手法により600万ドル以上のコスト削減を実現。

米連邦政府組織 D局
2005年10月11日

課題・問題

サービス品質を高めながらも、コストは削減したい。
サプライヤとの契約を合理化し、実績ベースの請求プロセスを導入すれば可能なはずだが、その方法が分からない。

Over View

米政府内において全ての関連部局に対する輸送業務を行っているD局。そのCIO(最高情報責任者)は、グローバル ネットワーク全体を通じてサービスの品質を高めながらコストを削減するという厳しい課題に直面していました。

同局のIT管理者たちは、ソーシングとサプライヤ管理のプロセスを合理化できればこの課題に応えられると分かっていました。
しかし、数多くのサプライヤを合理化し、実績ベースの請求プロセスを導入するための方法が分からず、改善は進みませんでした。

Point

  • サービスの質を高めながらもコストは削減したい。
  • ゴールは分かっているが、たどり着くまでの方法が分からない。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright