ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE

事例紹介 | IT責任者の方向け

写真

増大するシステム負荷を軽減し、業務停止のリスクを回避する。

サービス業 W社
2006年3月13日

課題・問題

相次ぐ企業買収により急成長することが出来たが、システム過負荷による業務停止のリスクをはらんでおり、早急に処理能力を増強する必要がある。

Over View

サービス業W社は、小規模の競合他社を数多く買収することで急成長を遂げた企業です。

しかし、組織統合は行ったものの、システムに過剰な負荷がかかり、業務停止に陥る危険性がありました。そのため、W社の管理者はシステム統合後の処理能力を正確に把握し、業務停止のリスクを回避するために適切な投資を行いたいと考えていました。

また同社の管理者は、単に現在のリスクを回避するだけではなく、将来の企業買収、組織統合にも柔軟に対応することができる、強固なシステム、管理体制を確立したいと考えていました。

Point

  • システム過負荷による業務停止のリスクを回避したい。
  • 今後の負荷増大にも柔軟に対応したい。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright