ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE
ホーム - b3i(ビー・キューブ・アイ) - 事例紹介 - グローバルホテル企業 P社

事例紹介 | IT責任者の方向け

写真

新しい人材管理システムを導入し、サービスレベルを維持しつつ労務費の最適化を実現。

グローバルホテル企業 P社
2006年1月16日

課題・問題

人材管理システムの導入には、「社内の要件定義」と「適切なベンダー選定」が必要だが、その方法が分からない。

Over View

グローバルホテル企業P社は、複雑な人材管理環境の合理化を図るべく、人材管理システムのアップグレードを決定しました。

しかし、数千人の従業員を擁し、ホテル、会議場、レストランなど幅広いサービスを提供するP社にとって、多様な人材管理のニーズを正確に把握することは非常に困難です。また、サービス業である以上、合理化によってサービスレベルを落とすわけにはいきません。
P社は、社内の人材配置プロセスと要件の定義が大きな課題となっていました。

Point

  • 人材配置プロセスを最適化するための要件定義をしたい。
  • 要件に合う最適なソフトウェアベンダーを選択したい。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright